公開-★ 放送禁止になった歌詞


[ スポニチ アネックスより ]
故古今亭志ん朝さんの3番目の弟子・古今亭八朝(57)が8月27日にクラウンレコードから発売した新曲「どうすりゃいいのさ高齢者」(作詩・影山マキ)有線放送で“放送禁止”指定を受けた。同曲は、八朝初の歌のCDで、作詩者の影山マキ(85)さんは青山や秋葉原で今も“千波そば”を経営する女性実業家。かつて銀座でも経営していたことから“銀座のマキ”の愛称で、名物女将として知られてもおり、美川憲一の「銀座のマキ」の作詩も自ら手掛けるなど芸能界との交流も多い。

詳しい記事は コチラ


これは2008年秋の記事です。
クリスマスコンサートではこの ↑ 話しは出ずに、その場で譜面を渡された私は(演歌調で行くのね~、しかし世の中にはハッキリ・きっぱり ものを言う人もいるんだなぁ~)と感心しながら伴奏を付けていた。帰ってきてから、影山マキという名前にひかれて検索をかけた時に出てきたのがこの記事じゃないですか。有線放送で放送禁止じゃあ、きっと皆さんだってご存知ないかも・・・ということでブログ4年目突入記念記事として残すことにしたのでした。
いやいや、85歳で現役ですって。熱いですよね!


e0108126_19493264.jpg

“放送禁止歌”指定に法的措置で徹底抗戦も!


スポニチ演芸館のタイトルはこれでした。それにしても下の歌詞はよっぽどヤバい中身なんでしょうね。 禁止!と言われて ハイそーですか.....と簡単に引き下がる相手じゃなかったところがミソでしたね(笑) 
もの言えば唇寒し・・・


ハ       


037.gif




♪ どうすりゃいいのさ高齢者  作詞:影山マキ 作曲:宮川つとむ

富(ふ)とる役人  雪達磨
一億の国民(たみ)  希望(のぞみ)は薄く
年寄りたちは 耐えるだけ
年金グチャグチャ 押しつけ介護
どうすりゃいいのさ高齢者
私は六十五歳  生かしてよ!

             後期高齢者  医療制度
             天引き地獄  医療費全て
             窓口負担  三割に
             年金・・・ 介護と 雪隠(せっちん)詰めね
             どうすりゃいいのさ高齢者
             私は七十五歳  生きたいの!
 
夢の人生 今はなく
制限ばかり  この世はヤミ夜
いじめの政治 やめてよネ
姥捨て山は まっぴら御免
どうすりゃいいのさ高齢者
私は八十五歳  現役よ!
[PR]
by hanako_mama | 2010-01-11 20:21 | 「音楽」を楽しもう | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://hanakomama.exblog.jp/tb/11943279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mamicha2 at 2010-01-12 07:51
この程度で放送禁止歌に指定されちゃうの???
俗悪な番組では、もっと酷い事垂れ流してるのにね~
なんかちょっと不思議。
でも、こうやって話題になっていくと・・・・・ね、妙に流行るかもよ
Commented at 2010-01-12 13:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hanako_mama at 2010-01-12 20:45
>mamiちゃん、歌う方も正直者。禁止する方も正直モノ(笑)。
でもさ、今どき「放送禁止」って言葉はなくて「自主規制」でしょ。
どっち向いてんの? 公正中立って言葉が泣くね。
あ、違った。笑うねだ^^
Commented by hanako_mama at 2010-01-12 20:49
>風邪ひきさん、ふむふむ。その日はデートね、はい了解。
それ以外はいつでも飲める。はいはい。
あ、返事は一回で良い?
協議ののち、連絡さしあげまする。(笑) 
Commented by T.Fujimoto at 2010-01-13 22:33 x
うーん、すでにご指摘がありましたが、放送禁止にするほどの歌詞かな?というのが正直な感想でした。
Commented by 花子ママ at 2010-01-14 17:21 x
藤本さん、却って「やぶ蛇」だった・・・と後悔しているのでは?と思いますね。「禁止」した側は。これは一昨年の秋の話ですから、当時、社会模様を歌にした銀座の女将は鋭かったと思う。お上もタジタジってとこでしょうか(笑)
Commented at 2010-01-17 20:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hanako_mama at 2010-01-18 21:01
>鍵男さん、まだ後期高齢者には間があるでしょう?
でも年老いてからの自分の体の心配を、お金で心配することになるなんて思いたくなかったですよね。
払える人はまだ良いです。命が尊いもの・・・なんて子供に教えられますかって。。ここで叫んでも虚しいんですけれども^^;
名前
URL
削除用パスワード
<< 私をうならせた名言 12月日記 最後 >>