口上を楽しむ

なでしこジャパン、勝っちゃいましたね。
日本女子サッカーがWorld Cupで優勝するなんて、正直なところ思ってもみませんでした。疲れ気味の日本にチカラをもらえた気がします。


さて、去年の話しですが...。

ノーベル賞を受賞した根岸英一さんの奥様が「(ご主人が)アリが10匹と云ってるので、感謝してるよの意味でしょう、ふふふ・・・」 と言われたのをボオっと聞いていた。
晩になって家人が 「蟻が十なら芋虫ゃハタチ (ありがとうならいもむしゃはたち) ねえやは・・・いくつで嫁に行くだっけ?」 そんな事を聞いてきた。そのときに、そっか、アリが10匹ってのは・・・それだった!
そこから連想してしまったのが、この寅さんの口上(啖呵)です。

映画 「男はつらいよ」の中で口上全部を聞くことはあったかなぁ?
日本語の悪態を並べた本から抜き出して書いてみます。
こういった類いが苦手なお方は、すっ飛ばしてくださいね。emoticon-0136-giggle.gif 


【 けっこう毛だらけ 猫灰だらけ お前のお尻(ケツ)はクソだらけ。 見上げたもんだよ屋根屋のフンドシ、見下げて掘らせる井戸屋の後家さん。 上がっちゃいけないお米の相場、下がっちゃこわいよ柳のお化け。 馬には乗ってみろ人には添ってみろってね。 物のたとえにもいうだろう。物の始まりが一なら国の肇(はじま)りは大和の国。泥棒の先祖が石川五右衛門なら人殺しの第一号が熊坂長範。 巨根(でかいの)の手本が道鏡なら覗きの先祖は出ツ歯で知られた池田の亀さん出歯亀さん。 兎を呼んでも花札にならないが、兄ィさん寄(2.3.4)ってらっしゃいよ、くに(9・2)八つぁんお座敷だとよと来りゃ花街のカブ。 憎まれっ子世に憚る、日光結構東照宮、産で死んだか三島のお千、お千ばかりが女じゃないよ、四谷赤坂麹町、チャラチャラ流れるお茶の水、粋な姐ちゃん立ち小便、驚き(木)桃の木山椒の木、ブリキに狸に蓄音機、弱ったことには成田山、ほんに不動の金縛り、捨てる神ありゃ拾わぬ神、月にスッポン提灯じゃ釣りが無え、買った買ったさァ買った。カッタコト音がするのは若い夫婦のタンスの環だよ。】


これって、懸詞(かけことば)的な言葉遊びなんですね。
寅さんを観に行っていたころの番茶も出花のワタクシには、深ーい意味が理解できなかった。おケツがクソだらけ・・なんて寅さん、そんなコト、映画で云っちゃって良いんですか?くらいの純情な乙女だったんです。
これ、声に出して読んでみると恥ずかしさも忘れて元気になっちゃうのが不思議です。


夏の初めに浅草見物に出かけました。
その時に撮った写真と併せて(笑)お楽しみください。
P S : アルバムに、アンパンマン・ミュージアムに行った時の写真 をアップしました。よろしかったら覗いてみて下さいね...♪




[PR]
トラックバックURL : http://hanakomama.exblog.jp/tb/15133177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by T.Fujimoto at 2011-07-19 18:34 x
驚き桃の木山椒の木、ブリキに狸に蓄音機...アハハ、江戸っ子の無駄口というのでしょうか?おもしろいものですね。
単純に「べらぼうにしやがって」とか「蟻が鯛なら芋虫ゃ鯨」でも感激してしまいますが、喧嘩などで「その手は汚ねぇぞ」ときた後、「北がなけれゃ日本は三角」といい返すところなど、ほとんど感動しながら聞いてしまいます(笑)
Commented by takatch at 2011-07-20 23:56 x
おお、こんなに続くんだ、、、面白いですね、良く考えたもんですねえ。落語にあるのかな?
Commented by hanako_mama at 2011-07-21 06:24
>Fujimotoさん。
寅さんの啖呵売、映画で聞いてたのはもっと喋りが長かったよなぁと思って調べてみたら
「白く咲いたか百合の花、四角四面は豆腐屋の娘、色は白いが水臭い。」とか入ってましたね。
出だしんとこの「角は一流デパート赤木屋、黒木屋、白木屋さんで紅白粉つけた おねえちゃんから下さい頂戴で頂きますと五千が六千、七千が八千、一万円はする品物だが今日はそれだけ下さいとは言わない! 」なんて寅さんの主題歌をバックに流れ始めるとワクワクしたもんです。
「持ってけドロボー」とか「見上げたもんだよ屋根屋の…」なんて普通に日常会話でぽんぽん使ってましたし。
最近はほとんど家の中でくらいしか使わない、もったいないなと思います。義母がよく使う「美味かった(馬勝った)牛負けたなんて……地口っていうんですね。

そうか、私もモモカに伝承していけばいいんだ(笑)
Commented by hanako_mama at 2011-07-21 06:26
>takatchさん。
面白いですよね。威勢よくって胸が弾んできます。地口(じぐち)の文句は落語のなかで聞いたようなものが沢山あると思う。「お前百までわしゃ九十九まで共に白髪の生えるまで」とかって私の母も好んで使ってる(笑)
あたりき車力 車引(あたりき:当たり前、しゃりき くるまひき)なんて「アタリ前田のクラッカー」の駄洒落と同じように使いたいセリフだし。
今でいう親父ギャグっぽい? 昔の人は粋だったね。
名前
URL
削除用パスワード
by hanako_mama | 2011-07-18 11:21 | 観戦 大好き | Trackback | Comments(4)

大きい声では言えないが, 小さな声では聞こえない


by ふうちゃん
プロフィールを見る