自分のコメントを拒絶された話し

国際郵便物の話しに行く前に、ちょっと「言い訳」 をブログネタにさせて下さい012.gif
コメント欄に約束のFujimotoさんへのお返事の件なんですけど。


夢子ちゃんにお返事を書いてから、次のコメント欄にこんな言葉を書き入れました。
>Fujimotoさん、あはは~ もしもあのデカい生ハムだったら私、玄関で幾らぐらいの税金払うんだろ。そんなこと考えたら面白いですね~(^^)


それから [送信] ボタンを押しました。
すると、「このブログで禁止されているキーワードが含まれているため、コメントが受け付けられませんでした」 と表示されるんですね。2回ためして、2回ともダメです。
あれっ?と思うわけです。ブログ主が書いてんのになぜ拒絶するの・・・。「おかしー、おかしー」 と何度もつぶやく妻のパソコンを覗き込んで 「 デカい が禁句なんじゃないか、Fujimotoさんは デカイ だぞ、それと ~ も引っかかってんな、きっと。 (^^) これなんか皆が使ってるしO.Kだろう?」 

よしっ!と気をとり直して、デカい → デカイ、~ → ~ に訂正し再度挑戦。それでも拒否される。じゃあ、<pre>aaa bbb cc</pre> で括って送信してみぃ。これもダメ・・008.gif・コメントの返事を書くのにこんなに手間取るのはヤバいぞ、と思い始めた時、家人が助言。

「あんた、自分で何かキーワードの拒否とか設定してないかい?」 
そこで初めて、屋根裏を見に行けばイイのか、と気づくわけです。

ここに全ての拒否キーワードを明かすわけにはいかないんですが。
059.gif去年だか エロOBAKAコメントが盛んに発信されたときに、こちらも必死になって敵と闘った覚えがあった、おおーあの時の! ナント 金払の二文字が拒否設定されていた。なので、返事の文面の 「・・・ 税金払うんだろ 」の所で拒否されていたんですね。
拒否設定したのは、オネエさんの金払いが良かった云々というOBAKAコメントだったと思います。
 
「じゃあ、『オネエさんの金払い』 を拒否キーワードに設定すれば良かったんだよ」
「そっかー!」 と大笑い。
Fujimotoさん、コメント欄に書いた ちょっとホッペタが落っこちてしまった ーというのは誤りです。 ちょっと顎が外れてしまいました(笑)が正解でした。
意味が分からなかったでしょう? ごめんなさいね040.gif

・・・というお話しでした。
↓ 写真は国際郵便物関連のものです、ドキドキするなぁ。
e0108126_1704815.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://hanakomama.exblog.jp/tb/15303773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by T.Fujimoto at 2011-08-20 22:48 x
珍肴を貪りたく、冷蔵庫を覗き込みすぎて、ついにホッペタが落ちてしまったかとしか思えなかったのですが。いや、まさかオネエさんのカネ払いが良かったのが原因だと、夢にも思いませんでした。
(カネを漢字にすると、やはり拒否されました。フムフム、納得)

写真は、階段下の物置部屋で暮らしていた頃のポッター少年でしょうか?ドキドキするような物は、そうですね、まさか魔法学校の入学許可書ではないですよね?
Commented by xdaiba at 2011-08-21 10:31 x
笑っちゃった^^
Commented by 夢見る夢子ちゃん at 2011-08-21 11:09 x
へぇぇぇ~、設定できることは知っていても設定したことはないもので……。

夢子はパソコンのことはよく解らないので……
へんなメールがくるとイヤですものね。
夢子のブログにも一杯きたので「コメント拒否設定」にしました。何が嬉しくてそんなメールを送ってくるのか理解できませんね。プンプン‼
Commented by hanako_mama at 2011-08-22 08:36
>Fujimotoさん、何度も足を運んでいただき恐縮です。
それにしてもFujimotoさんの想像力もなかなかのものですね。というか思いやりのあるコメントだなぁとつくづく感心しました。見習わねばなりません(^^)。

ハリポタの写真は家人の指名で選択したものなんですけど・・・私たちはハリポタに関して殆ど「心得」がありません。
当面の課題は、ポッターくんに続くその他の写真をどう料理してよいやらということで・・・困ったな、トホホ。
Commented by hanako_mama at 2011-08-22 08:39
>xdaibaさん、けっこう真面目に苦しんだわりに、何故か笑えるんだよね^^ 
Commented by hanako_mama at 2011-08-22 08:46
>夢子ちゃん、あの頃はホントに次から次へと飛んで来る蠅みたいだった。ちょっと目を離したすきにちゃっかり入ってたもんね。毎朝の掃除が日課だった、変な思い出・・・。
機械が発信していたにしろ、元をたどれば人が考えた文面でしょう? あれで稼げたのかなーとか、どうでもいいことを考えたりしました。
名前
URL
削除用パスワード
by hanako_mama | 2011-08-20 17:06 | その他 | Trackback | Comments(6)

大きい声では言えないが, 小さな声では聞こえない


by ふうちゃん
プロフィールを見る