大事なもの。


今日は寒の入りなんですね、合わせたように風向きが変わってきました。寒いけどこれでイイのだ、やっと冬らしくなった(^^)
年明けて五日目が終わって、今年もあと360日ですね(なんて数える人いませんね?)
ここんとこ連日の更新は、いつまで続くだろうか。なるべく溜めないようにコツコツと行きたいところです。


正月の後片付けをしながら見つけた大事なものを幾つか・・。

e0108126_16295397.jpg

この紙風船は、部屋のすみに落ちていたもの。
大晦日に、孫たちがぽんぽんと上げて遊んだんですね。
ゴムのボールと違って、そぉっと持たなければ風船はぐしゃっと潰れちゃう。
膨らますときも大事そうに抱えてプウプウするし、上げる時の力の入れ具合も難しかった。
こんなふうに遊ぶオモチャって、今どき他にあるのかな?と思った。





e0108126_16282283.jpg

正月のあいだ、リビングの奥に置いてあったシクラメンが萎れてゲンナリしていて。
昨日の朝、あっと思ってベランダの棚に移しておいたら、今朝はシャンとしていた。
部屋のなかの暖気にやられたんだね、暑すぎるよとも言えないで黙ってたんだね・・
ごめん! 


e0108126_16310030.jpg

トーさんが調理に使った玉ねぎの残りを見たら、亡き父を思い出しました。
実家にヘルパーさんが入っていた頃のこと。
調理のまえに必ず材料を揃えておいて「きょうはこれで何か作ってもらえるかな?」
二人分の食材の分量を心得ていたんですね。
一事が万事そのようだったな、と思いおこした今朝のこと。

偶然だけど、
大事なもの 見つけられて気分が晴れた小寒の日。







[PR]
by hanako_mama | 2017-01-05 21:27 | 私の好きなもの | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://hanakomama.exblog.jp/tb/25127918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by keikoheya at 2017-01-06 23:00
お父さんは几帳面できちんとした方だったのですね。
男の方でも、食材管理ができるなんて貴重です!えらいですね~

紙風船こんど孫に持っていこう。
新ちゃんがくまに歌を教えている動画みて感心しました。
新ちゃん音感よさげですね~手を叩くところみて思いました。
うちの孫は、お歌をまねっこできないくまちゃんをどこに行くのでも
持っていきます。新ちゃんのくますごいですね~
おりこうなおもちゃ売っているのですね~~

孫は体を動かすのが好きみたいで、あきずにパパとボールけりをしていました。
人間の成長はすご~い。1.2年ではしったりジャンプしたり、おむつしてるけど
一丁前にいろいろできるようになるね~
Commented by jugon at 2017-01-07 19:59 x
花子ママさん、こんばんは。

ふっと見つけた大事なもの、大切な思い出、慌ただしい毎日の中でのほんの少しの時間でも、そんな風に使うのって大切ですね。

私の父は今年95才。この頃、一人でいるのと、お食事のことが面倒(これは前からですが) で泣きが入ってきました。施設に入ろうかなと思っているようです。
まぁ、なるようにしかなりませんが、元気なのでできるだけ一人で頑張る方が本人のためにも良いと思っています。
95才の男性が一人で生活するって、世の中は全然想定していないので、大変なことも多々あります。
Commented by meru103 at 2017-01-08 09:20
おはようございます♪
お孫ちゃん達が遊んだ紙風船やお父様のことも・・・
その時の様子が思い出せるってステキですね(*^-^*)
Commented by hanako_mama at 2017-01-08 21:04
>keikoheyaさん、こんばんは。ちょっと風邪ひいてダウンしていました。
聞いた話しだと、12歳のときに父親を亡くしてから母親を助けて暮らして来たと。
それで結婚した相手がお姫さんだったので、主夫になるのを厭わなかった。これは
私の想像ですが・・。細やかな気配りが出来るように育ったんでしょうね。
紙風船は、ぜひおススメです。一緒に遊んであげてくださいね。

お喋りクマは、はじめは百華にと買っておいたんだけど、彼女が怖がって
近寄らないのでずっと仕舞っておいたんです。
はなと新は、これが気に入って大騒ぎして遊ぶんですね。
孫もいろんなタイプがいるんだなって感心しちゃった。
Keikoさんのとこも、百華に似ているのかも?



Commented by hanako_mama at 2017-01-08 21:11
>jugonさん、こんばんは。
あくせくして生きていると、気が付かずに見過ごすこともあるんですけどね。
お正月休みがたっぷり取れたので、気持ちに余裕があったのかなと思いました。

95歳でお一人暮らしは立派ですね。
身体も頭もしっかりされていたら、一人が良いのかもと思います。
ただ、家族の見守りは必要なんでしょうけれど。
いまの社会と、どう折り合いをつけて生きて行かれるのか。
なかなか簡単には答えがでない問題でもありますよね。
Commented by hanako_mama at 2017-01-08 21:17
>メルママさんの所でもそうかも知れませんけど・・
孫たちが帰った後って妙に寂しいでしょ?
紙風船が床に落ちていた、たったそれだけなのに、風船を手に取ったとたん、
彼たちがあぁして膨らませたとか、こうしてついていたとか思い出しちゃう。

父の事を思い出すのも、ふとしたキッカケで心の糸に触れるんですね。
そして自分のことを反省したりして、まだまだ父には近づけないわと思うんです。

名前
URL
削除用パスワード
<< 微熱でもインフル感染でした。 仕事始め >>