カテゴリ:「音楽」を楽しもう( 156 )

今年ハマった、この人の歌ごころ

今年もあと十日余りとなりました。
慌ただしい一年のなか、気持ちがパサパサに乾いてしまいそうな時に聴いていた歌がありました。
しめくくりの時期につき、アップしてみたいと思います。
若い頃は、敬遠していた人だったのに…この歌ピンポイントでハマってしまったんですね。


*玉置浩二 シンフォニックコンサートin香港 
『 行かないで 』






[PR]
by hanako_mama | 2016-12-19 22:48 | 「音楽」を楽しもう | Trackback

「東京のこ音クラブ」ミュージカルソー・コンサートに参加♪


金沢の旅は二日目がスタートし、橋場町あたりで停まっているうちに早や11月に入ってしまいました。霜月とはよく云ったもんだね、月が替わっていきなり寒くなるってねぇ‥ エレベーターでそんな会話を。
またまた金沢から横道にそれますが、日曜日の話しをちょっと―。

e0108126_16305756.jpg


072.gif 日曜日は、東京のこ音クラブ9回目のコンサートだった。
2010年、6年前のコンサートで伴奏のお手伝いで参加したのが懐かしい思い出だ。 

●第3回コンサートの話し .... http://hanakomama.exblog.jp/13622220/



今回は、日暮里サニーホールの「コンサートサロン」、お客様を満杯にして演奏が始まった。
私の出番は、演奏最後のアケミ子女史の伴奏のみ。けれどリハもきちんと行うというので、午前中に到着して音合わせに参加。最後の出番までずっと楽屋で待機、楽屋裏の楽しい時間を過ごさせてもらった。
写真は撮らないと決めてカメラも持たずに出かけたが、クラブ会員のYさんの胸元に光るノコギリ型ブローチに惹かれてスマホでパチリ♪
「ブログ見てますよ~」の言葉にいささか狼狽え(笑)ながらも嬉しい気持ちに…。


e0108126_08020141.jpg


楽屋にはモニターがあって、ステージの演奏も聴けて場内の様子もわかる。
クラブの木本会長の軽妙洒脱な司会ぶりは何年たっても変わらない。


出演者のプロフィールによると、クラブ会員の顔ぶれも多彩である。
民謡や相撲甚句もお手のもの、とか
弓もノコも自作のかた、とか
合唱団バリトンに所属・手品も達者な方、
海外出張にもノコ持参で交流を広めている...etc.

なるほどノコギリさえも操れる強者ぞろいなのねと納得したのです。



e0108126_15244575.jpg

来年小学校に入学のお嬢さんのママさんともお話しした。
うちの孫娘も同い年よ、ランドセルは夏休み前には揃えましたよ、近ごろは早いね~。

演奏曲の中に ♪みんながみんな英雄 というのがあった。
あれオクラホマミキサーだよね? 
フォークダンスのときのね! 楽屋ではワイワイと(^^)

プレイヤー戻って曰く「auのCMで流れてましたよ~」
中高年はフォークダンス、若者はコマーシャルsongか~
「幅広くご存知の曲ですよね?」 なるほど納得!



e0108126_15382363.jpg

アケミ子さんはステージのトリを務めた。
私の心はヴァイオリン シャンソンの名曲である。
私の家で二回ほど音合わせをして、最後の部分がなかなか合わずにいたけど
本番では不思議と符丁が合ってホッとした(笑)


この曲には歌詞がついている。
わたしはヴィオロン 弓でひかれて 心の糸をふるわせながら… 

越路吹雪が歌うとなぜか艶っぽい雰囲気だが、解釈としては「純真な乙女心」と私は思う。
のだが、楽屋裏では別の解釈も聞こえてきて可笑しかった。
想像するに、
日暮れになると あなたを思い 私の胸は震えてくる…
夜ごとの夢をみたせてくれる 優しいその手を…

このあたりで、どうも怪しげな方向へシフトする?
いいえ、私のがヴァイオリンなのです 037.gif


e0108126_08011215.jpg

写真左下、鉄腕アトムを全員合奏。
この日、飛び入り演奏で口笛の高橋さんの素敵な口笛演奏が聴けてラッキーでした。

嬉しい再会もありました。ん十年ぶりでアケミ子さんのお嬢さん達に会場でバッタリ。
お母さんが伴奏でお世話になっております。の言葉にジーンと来てしまった。
うちの息子等と同い年で可愛かったお嬢さんだったのに、成長されたね。
撮って下さった写真、コラージュのなかに埋め込みました。有難うね!



極・私的な感想でまとまりませんが、ノコギリコンサートの日のことを少し書いてみました 012.gif



*私の心はヴァイオリン、こんな歌です(YouTube)





♪ 歌を聴いてみる
[PR]
by hanako_mama | 2016-11-01 21:04 | 「音楽」を楽しもう | Trackback | Comments(2)

愛媛に行こう♪ 都の合唱発表会おわる

保母コーラスは、めでたく都予選で愛媛行きに選出されました!056.gif
その晩にアップしようとパソに向かうも睡魔が勝って、断念。一日おいて頭を冷やしてからにしよう、今朝ふたたびパソに向かうも反省(自分の)が先に立ってやっぱり進まない。。
あれもコレも書こうと思っていたら、どんどん長くなってしまうので二つに分けることにしました012.gif


・・・書き出しはこんなでした。
先の東部予選を通過して、いよいよ愛媛行きが決まる日がやってきた。当日、早起きして念入りにストレッチ、妹からの梅ジュースをボトルに詰めていざ出発です。
e0108126_08443799.jpg

2016年日本のうたごえ祭典inえひめ参加東京のうたごえ合唱発表会、、、長いタイトルの会は、24~25日、調布のグリーンホールで開かれ、私たちは25日の発表会・職場の部に出場した。


e0108126_16510602.jpg



職場の部には都下17団体が参加。(他に女性の部、オリジナルコンサートなど)
私たちは ♪いのち、希望保育園の2曲を歌って5番目に選ばれた。職場の部で印象に残った演奏を...。


e0108126_16493962.jpg

職場の部で一位選出されたのは、霞ヶ関男声合唱団だった。やっぱりね、と思った。

♪君といつまでも(加山雄三)と他に一曲歌ったが、君といつまでものコーラスがきちんとコーラスしていて気持ちが好かった。男声の響きってステキだなっと思わせた実力はすごい。圧巻は歌のなかのセリフだった。「幸せだな~僕はキミといるときが一番しあわせなんだ!」これを若手の男性が、ワイシャツを腕まくりしながら前に進み、ささやくのではなく世界の真ん中で愛を叫ぶ..ように語ったのには驚き!だった。じつに清々しいではないか。歌声もさることながら、その演出に鳥肌がたった。


e0108126_16513410.jpg

ピアニストの塩谷哲さんが、趣味Do楽の本の中で書いている。

音楽って、結局、「うまい」「へた」だけで決まる世界ではないんですよね。
特に、感動を生む演奏と、そうでない演奏を考えたときに、それは如実にわかります。
技量も高く、ミスもないけれど「どうだ! うまいだろ!」という雰囲気を感じてしまう演奏と、間違えまくっても、全身から一生懸命その曲を表現しようとする気持ちがほとばしる子どもの演奏を比べたら、音楽的な価値があるのは後者かもしれません。


なるほど、良いこと言ってるなと思います。
あの日、私たちの演奏を聴いた方から嬉しいお言葉をちょうだいした、という電話をもらった。
歌っている内容が、何を伝えたいのかはっきり判る演奏だった。伝えたいことをきちんと表現できていた。
--その方は、そんなふうに言ってくれたという。

その言葉を聞いて、塩谷さんの上の言葉を思い出したんですけどね。
広い会場の、広いステージの、鳴らないピアノで何が伝わったんだろうと不安だった私には、その言葉が救いだった。

060.gif

こんな感じで発表会が終わりましたが、皆の意気を合わせ、息の合う演奏ができて良かったなと思います。
ということで、長くなりましたが11月の愛媛へGo~のご報告とさせて頂きました058.gif

撮った写真が2枚だったので、工面して使いました(^^;)








[PR]
by hanako_mama | 2016-09-27 11:53 | 「音楽」を楽しもう | Trackback | Comments(4)

合唱発表会 地区予選通過しました。

保母コーラスの皆さん、おめでとうございま~す🌸
東京の東部地区の歌声フェスティバルが行われ、
合唱発表では参加団体23のなかの第2位でした。
順位を争うのは好きじゃないけど、ビックリポンの快挙です。


e0108126_21191937.jpg
写真は、保母合同の練習中...

10時に会場集合、午前中にステージリハ、リハ室練習を行い、本番で歌い終えたのが15時。
そこで私は失礼したんですが、皆さんは最後の演奏まで聴き、審査の結果(講評)をききました。
講評の詳細はまだ聞いていませんが、会場で聴かれた方からは「良かったよ!」と声をかけて頂きました。
私も、お~今日は近年にないノリだわ、本番つよいわ、さーすが! と思いつつの伴奏だったんですが(^^;


e0108126_21201505.jpg
演奏団体のいくつかを撮った。
フェス開幕では、フラガール(?)のダンスも…。
小さい子と仲良く歌い踊ったり、伴奏にチェロやギター、アコーディオンをとりいれた所もあった。


これで道後温泉に一歩近づいたわけですが、2週間後の東京都予選(調布)が残っています。
思いを願いを歌声にのせる… さらに練習に磨きをかけて頑張りましょう。066.gif












[PR]
by hanako_mama | 2016-09-11 22:21 | 「音楽」を楽しもう | Trackback | Comments(6)

「いつ恋」を思い出した音合わせ♪

(続)マゴカツに行くまえに一つ記事をはさみます。

昨夜は、コーラスのピアノ合わせだった。
今年のうたごえ祭典は11月半ば、愛媛で開かれる。それがいわば決勝戦とする。決勝進出までに、東京都の地区予選があり、通過すると都予選があって、そこを無事通過すれば目出度く愛媛行き・・そんな経過をたどる。

e0108126_21463994.jpg

私たちのグループの持ち歌は ♪希望保育園、♪いのち この2曲だから練習も早く終わるはずよと言って家をでた。
ところが夕べは他に4曲も弾く(しかも殆ど初見!)試練?が待っていた。うひゃ~なんだよ~、聞いていなかったわ~なんて伴奏者は口が裂けても言ってはならない。ちっちゃい音符とにらめっこ、老眼にムチ打って頭フル回転です。

昨日は、例の高校のクラス会幹事さんとのLINEやり取りで、話しが盛り上がり非常にイイ気分だった。こともあって、ピアノの乗りは良いわ、いつもの酔っ払いピアノは調律されていたのか気持ち良い音で鳴ってくれるわで、レッスン90分は瞬く間に終わった。


e0108126_21582964.jpg
途中休憩では毎回、心と身体に優しいおやつを頂く。


レッスンの中でピアノ弾きながら、どうも聞き覚えがあるなって曲があって、でも思い出せないなぁと弾いていた歌があった。『明日への手紙』だった。冬のあいだじゅう毎週録画してみてたアレだよ! 思い出したのは帰りの電車の中。音ちゃん、練君の生き方に感動して毎回泣かされたじゃないの。「いつ恋」(いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう)。そうだった、ドラマの最後に流れてたあの歌だったじゃないの~ってまだ興奮してるんですが...(笑)

音合わせ初日のイイ気分をそのままに、愛媛道後温泉に行けたらイイなと思いつつ、
個人的好みで、いつ恋の主題歌をアップさせていただこうと思います。















[PR]
by hanako_mama | 2016-08-28 22:27 | 「音楽」を楽しもう | Trackback | Comments(5)

『今日だけオペラ』を楽しんだ。

七夕の会の翌日は、高校時代の恩師が出演する演奏会だった。

『今日だけオペラ in 流山』と題したもので...
- 合唱連盟の20周年を記念して開くというので、市内のアマチュア合唱団から参加者を募った。集まった百人のコーラス隊(^^)の皆さんが、オペラの楽曲をソリストの方と一緒に歌い上げる、というものだった。

e0108126_10363103.jpg
終演後、皆さんが勢ぞろいのステージ、スマホで撮ったピンボケですが。。


先生からのお誘いメールには、イタリア語・ドイツ語の歌詞を覚えるのが大変!とあった。英語の先生だったのに外国語を暗記(暗譜)するのは大変なんだ~ きっと出演者の皆さんも同じご苦労されるだろうな、しかも普段の練習にオペラの楽曲なんてないでしょ、と思った。
そんな色眼鏡?をかけて見聞きしたにも拘わらず、歌詞に不安を抱えて歌う人の姿は見えず、ホッとした(笑)。
演奏曲も、♪ある晴れた日に
     ♪星は光りぬ
     ♪ ハバネラ
     ♪闘牛士の歌 など耳になじみのあるポピュラーな楽曲がほとんどで、安心して聴くことができた。


e0108126_10555015.jpg




百人もの合唱団がステージでオペラの振り付けをして動く、それにしては舞台が狭かったかなと思った。でも演出の先生の工夫された演出効果もあって、(アマチュア故、ぞろぞろ動くのがカッコ悪いかも・・)なんていう心配は吹き飛びましたよ、先生(^^)。


その他の感想としては、演奏の伴奏を務めるピアニストの川原さんの音色と感性に魅せられた。
伴奏は、たとえ技術的に優れていたとしても、相方に寄り添うピアノ伴奏というのは、めったにお目にかかれない。歌い手の息づかいにピアノの音を付ける、しかも目立たぬように付けるには、それなりの感性を持たなくてはならない。以前、横浜でJazzの伊藤君子さんに伴奏をつけた時の宮本貴奈さんを思い出した。
あ、今日も良いピアノが聴けたわ、と嬉しかった。

演奏会に誘ってくださった、I先生、ありがとうございました。

e0108126_15240208.jpg









[PR]
by hanako_mama | 2016-07-10 15:27 | 「音楽」を楽しもう | Trackback | Comments(4)

Luna Tucumana トゥクマンの月 


夕べ9時過ぎに震度4の地震があって、!来たかっ....思わず身構えました。
この先、いつ大きなのが来てもおかしくない。頭ではわかっていても、久しぶりの強い揺れに慌ててしまった。


e0108126_12422007.jpg

今日は、目が覚めたときから雨降りで 「 もう~ 雨ふってんねぇ 」と言ってから、
雨 ↓ じゃなくて 飴 ↑ って言っちゃったと気づく。

「飴が降ってくるわけないから分かる、大丈夫だ。」
慰めてくれたんだか、、、。
茨城弁のアクセントは一生もの、気を抜くと必ず雨=飴だ。




e0108126_12424328.jpg
白いバラが咲きました

今日は、溜めていたものを消化することにした。
玄関の下駄箱を全開にして、履かなくなった靴を処分する。
トーさんと自分の靴にクリームを塗って磨き上げる。


読みかけの本を読了する。
『 夜と霧(V.E.フランクル)』 
あんた、まだ読んでなかったのか?と訊かれて読み出したが、翻訳の文章に慣れるまで時間がかかった。 
それに、前半の解説のページを読み抜ける?までご飯がのどを通らなくて止まっていた。
あなたが人生に何を期待できるかではない、人生があなたに何を期待しているか、それが問題
アウシュビッツ収容所を生き延びて、なんと強靭な意志を持っていたの、フランクルさん!



e0108126_11481505.jpg

上の写真は、Gato Barbieri (サックス奏者)です。映画「ラストタンゴ・イン・パリ」音楽担当だった。

楽器屋で働き始めたころ、トーさんが好んで聴いていた彼のアルバム Under Fire
Yo Le Canto a La Luna という曲がありました。
日本語では ♪トゥクマンの月で紹介されています。アルゼンチンのユパンキ作曲。

私は、ガトーの吹くテナーの響きに魅せられて以来、 熱烈なファンになりました。 

ガトーが今年の4月に亡くなったことを最近知りました。
追悼の気持ちをもって、彼の演奏をアップすることにします。
ありがとう、安らかに、ガトーさん。










[PR]
by hanako_mama | 2016-05-17 22:13 | 「音楽」を楽しもう | Trackback | Comments(6)

♪ H E I W A の 鐘 (平和の鐘)

コーラスのピアノ合わせの3回目が終わった。
新しく加わった5人の方たちの美声で、コーラスに厚みを感じた。
歌声を聞きながら伴奏を弾くなか、表現の豊かさに広がりも感じられる。


家族写真
夢をあきらめないで
365日の紙飛行機
いのち
ゆらり(沖縄の青い海)
HEIWAの鐘 などなど、発表会までの稽古をきっちり詰めれば、素敵な音楽会が期待できるぞと思えてきた。


今回は宿題として『ゆらり』のイントロを創ること、HEIWAの鐘の伴奏を 鈍行列車 → 急行列車の速度に上げるーをもらった。
HEIWAの鐘、この歌が2000年の九州・沖縄サミットで紹介されたことを初めて知りました。


この曲は、小中学校の合唱コンクールで歌われたり、高校の音楽教科書にも載っているんですね。
これからの社会を創る子供たちが、こんな歌をうたえるって頼もしいと思います。

譜面に載った歌詞をご紹介します。一番のみ。
この歌詞にメロディが付くと、平和を求める熱い思いが、力強いうねりとなって伝わって来ます。
YouTubeに、中学生が歌っているものを見つけました。最後に貼り付けます。



よみがえれ あの時代(とき)
武器を持たぬことを伝えた
先人たちの声を
永遠に語り継ぐのさ
脅かすことでしか 守ることができないと
くり返す戦争(つみ) 忘れゆく 愚かな権力(ちから)

いつか(自由な空が)
虹かかる(翼ひろげゆく)
風に(高く大きな)幸せ贈るだろう

ぼくらの生まれたこの地球(ほし)
奇跡を起こしてみないか
拳をひろげてつなぎゆく
心はひとつになれるさ
平和の鐘は 君の胸に響くよ








[PR]
by hanako_mama | 2016-05-15 22:05 | 「音楽」を楽しもう | Trackback | Comments(6)

「 にんじゃりばんばん 」を歌った夜

今年の夏に下書き保存してあったタイトル ↑ そのまま使うことにしました。

...........................................................
今年ブログにアップしそびれたものは多々ありました。
その中でやっぱり忘れちゃいけないもの、写真中心にメモを付けて残したいと思います。


e0108126_11184340.jpg
6月28日 保母サークル42周年コンサート。
今年、自分の受け持ち曲は11曲だった。
昔、一度弾いたことがある=今年も同じ音で弾ける保証はない。
譜面を早めに受け取って、音をさらっておく。けれどレッスンから戻ると手直しが必要になる、新曲の伴奏を考える、歌声を録音したくも歌の仕上がりが遅い、コーラス録音が聞けないまま伴奏練習をする、発表会ではピアノがしっかりしなきゃ‥気持ちが焦る。
結局、友人も呼ばず夫と百華父娘だけに聞いてもらう。本番は思った音が出せなくて疲弊感だけが残った...。来年はどうかな。





e0108126_17310477.jpg
7月上旬、「七夕の会」の仲間が発表会の終わるのを待っていてくれた。
シンタツさんは齢90を迎えたばかりだった。
君たち、今の年代でしか出来ないこと、是非やっておいてほしいんだ..と話された。
その夜、先輩の誘いでカラオケに寄った。
Y子さんが ♪にんじゃりばんばんきゃりーぱみゅぱみゅ)を踊り付きで歌った。
ひゃー若いね!楽しかったね!

♪鮮やかに恋して にんじゃりばんばん  
   なんだか にんじゃりばんばん     こんな歌です  →  https://youtu.be/teMdjJ3w9iM




e0108126_11194236.jpg
11月8日 アケミ子さんのノコギリ(ミュージカル・ソウ)演奏をきいた。 於:やなか音楽ホール
ユーモレスク、初恋♪すなやまの砂に~ を弾いた。
これまでの彼女の演奏で最高の出来栄えだった、とくに♪初恋はノコが歌っていた。
ピアノ伴奏を頼まれたが、名古屋行きとダブるからとお断りした。でも、たった一度の音合せで集中した演奏が出来ていたね。
アケミ子さん、たいしたもんです!




e0108126_11200837.jpg
12月11日 地球音楽会を聴きに行った。司会が元NHKアナ 村上信夫さん。やぎりんとのトーク・タイムが楽しかった。
帰りみち、アケミ子さんとおしゃべり。
「あのさ、音楽会っていろいろなんだよね。超一流のミュージシャンに心酔わせるの有り、一生懸命演奏する人たちの聴いて勇気もらったり、学芸会みたいに家族や仲間が駆けつける音楽会あり。これだけが音楽だ、アレしか聴かないって年でもないわね。」
うん、たしかに言えてます。寛容になってきたなぁ、わたしたち。


さて週末の第九、コバケンさんはどんな音楽に仕上げるんでしょうか 060.gif

e0108126_11262758.jpg


[PR]
by hanako_mama | 2015-12-23 12:44 | 「音楽」を楽しもう | Trackback | Comments(4)

お知らせ♪ 伊藤君子さん、ラジオにゲスト出演します。

トーさんが映画を観に行くといってでかけました。
『007』だそうで昼過ぎに戻るまでの時間は貴重です。
動物園の写真整理、Facebookのまとめ見、メールチェック、ipod-mini(引っ越し後ほってあった)のを使えるようにしてPCと同期完了。

音楽をスマホで聴くかたが多いようだけど、ipodもなかなかの音で負けちゃいません。
 ( 訂正 ipad → ipod 037.gif)

e0108126_10095126.jpg

Facebookをチェックする中で、あっそうだ!と思い出しました。
名古屋に行っている時、見かけた伊藤君子ラジオ出演(ゲストで)のお知らせがあったんだ!
クリクリっとさかのぼって見つけた記事をコピペします。

................................................................................................

§ お知らせです12月2日水曜日です。

”ジャズだべ!ジャズださ!" 4曲目 「この素晴らしき世界(What a Wonderful World)」。
ペコさんとのデュエットで素晴らしい歌声を披露してくださっている
「佐藤竹善(さとうちくぜん)」さんのラジオ番組にゲスト出演決定です。
公開生放送&2時間特番だそうですよ。

以下は、情報公開となったお知らせです。↓
..................................................................................................



この放送は Inter FM897  ← radiko.jpで聴けますよ。( ↑のリンクと同じでした~念入りにって意味で、、汗^^ )

あ、ちなみにペコさんというのは伊藤君子さんの愛称です^^可愛いです♪

最近のマイブームで、メールを津軽弁でとか、職場でも茨城弁まじりの津軽弁とかコソッと喋っています。きもちこ 軽~ぐなって のびのび~っとしでストレス半減するっきゃ012.gif








[PR]
by hanako_mama | 2015-11-29 10:34 | 「音楽」を楽しもう | Trackback | Comments(8)

大きい声では言えないが, 小さな声では聞こえない


by ふうちゃん
プロフィールを見る