カテゴリ:その他( 139 )

海原さん『8月の記憶』に共感


静かな盆休みも今日まで、私は明日から職場に戻ります。店の顧客管理システム開発を家人に依頼したので、休み中も 脳活 が続きました。システム設計~実装、プログラミングと中身の濃い仕事してるんだなぁ。設計にあたっては種々の情報を提供しなければというので、のんびり脳をフル回転させている毎日です。


最近、女医の海原純子さんが書かれたコラムを読んで、その通り!と思うことがありました。「大きな流れ」を感じとる力、おかしいと声をあげる精神力をつける大切さが伝わってきます。

海原さんは女医を生業として、ライブで歌をうたわれたり写真も趣味だったりで親しみを感じています。なんと言っても私と同い年ということで特別な親近感がわくのかもですね。




海原純子さんの『8月の記憶』


20代の女性から相談をうけたことがある。その方は学生時代、仲間はずれになっているクラスメートの女性から「友達でいてほしい」という手紙をもらったそうだ。というのは、その孤立したクラスメートと彼女が、小学校時代は仲よしだったからである。ところが、彼女はどうしても声をかけることができなかった。仲間はずれにされた人と仲よくしたら、自分も孤立してしまうような怖さがあったからだ。その後、孤立したクラスメートは体調を崩して不登校になった。数年後、そのクラスメートが立ち直ったということを伝えきいたが、女性は声をかけられなかった自分を責め、許せない気分になっているのだった。

e0108126_10351044.jpg

「大きな流れのようなものに逆らえなくて、それに巻きこまれていたような自分の行動だった」というその若い女性の悩みが、私にはとても重く心に響いた。と同時に、こうした表現が果たして適切であるかどうかはわからないが、彼女の問題意識が貴重だと感じた。というのは、大きな流れに巻きこまれ、それがよくないと思っても抵抗できずに声をあげられないという現象はしばしば発生する。



e0108126_10351044.jpg


子どもの社会のいじめはその代表だろう。それを仕方なかった、自分の身を安全な立場に置くためだったとして正当化し、なかったことにする風潮のなか、その若い女性のように自分の行動をみつめ、悩む人がどのくらいいるだろう。そのように、一度失敗しても問題をみつめ悩む人は、もう二度と同じことをくり返さず、次に大きな流れにおそわれても声をあげることができるに違いない。




e0108126_10351044.jpg


さて、かつて子どもだったころ、毎年8月になるときまって母と論争をした。原因は戦争をめぐってである。「戦争中は食べるものがなくて大変だった」というような話に終始する母に、私は「何故戦争反対ということをはっきり主張できなかったのか。何故戦争に突入したのか。何故その政権に反対できなかったのかを考えないと」と反論。「とてもそんなことを言えるような状態ではなかった。大きな流れに巻きこまれたようだった」という答えにどうしても納得できず、常に被害者のように語る母と堂々めぐりの論争になるのだった。


そのころから、「大きな流れ」というものに注意を払うようになったが、最近またその「大きな流れ」がじわじわと復活しているように思う。改憲論、共謀罪の成立など、政治の問題についてはっきり自分の意見を公の立場で語る人が少ない。何故かそのことに関しては、みな遠慮がちに口ごもるような風潮がある。自分の意見を語ることは悪いことではないのに、避けてしまう。



e0108126_10351044.jpg

広島、長崎のような悲惨を繰り返さないためには、常に大きな流れに注意深く気を配り、いつでも声をあげられる精神力をつけておくことが必要かもしれない。                                
  ■出典:毎日新聞 8月6日 「新・心のサプリ」


写真は、沖縄の海のサンゴ礁を型押ししたスカーフです。
長いことタンスにしまい込んだものを今年は使ってみました。






[PR]
by hanako_mama | 2017-08-15 11:52 | その他 | Trackback | Comments(4)

静かな盆休み


今朝も外は雨。朝活は取りやめた。これから数日も雨模様という。
「農家は困んぞなぁ、これじゃあ・・」亡父の声が聞こえるようだ。
野菜が高値になるんだろうな、んー。

妹が茨城の農家から採れたて野菜をもらってきて、瓜のおすそ分けを塩麴に漬けた。
e0108126_06370037.jpg

今年の我が家、孫たちの声もなく静かなもんです。
二親が仕事なので仕方ありませんねって大人しく我慢する祖父母でもありません(笑)。

盆明けが楽しみです。
e0108126_06413409.jpg

日曜日には孫 no.5 が兄と共に戻ってきます。
その週内、モモと『三びきのやぎのがらがらどん』の観劇。
あの子が「行きたーい!」と即答したのは 『ゆうだち』を思い浮かべた?
帰りの電車でどんな語らいが待っているだろう、ワクワク。





e0108126_06364393.jpg


初めての夏休みを迎えた彼女に贈った うんこ・かん字ドリル、
大人の脳がスカッとして私もハマりました。
頭を柔らかくすると漢字がスイスイ覚えられる、ナットクです。




孫を博物館やプラネタリウムに連れて行きたいジージ
....の作った トマト・ファルシ ここにも そばの実が入ってます
作り方は後日。

e0108126_07082702.jpg



弟の愛犬 小次郎が入り盆前日に亡くなった。
17歳だから花子(16歳)よりも長生きしたんだね、
大ジージが迎えに来たんだよ。
天国でまた可愛がってもらいな、ね。

e0108126_06275307.jpg


[PR]
by hanako_mama | 2017-08-14 08:50 | その他 | Trackback | Comments(0)

ノーモア ヒバクシャ

台風一過の今日、当地はうだるような暑さでした。
事務所で高校野球を聴きながら仕事をしていると、途中で長崎の平和祈念式典に切り替わって(おっそうだわ!)
市長の挨拶など頷きながら聞くうちに、子ども達の合唱になった。
長崎で長いこと歌い継がれてきた歌‥ 耳を傾けるが初めて聞く歌だった。
「あの子」っていう歌ならいつだか伴奏したことがあったけど・・。

家に戻って探してみる。おととしの式典に城山小学校の5・6年生が合唱したものがYouTubeにあった。

https://youtu.be/ZIZH7F0qJMk (2015.8/9 録画)




子らのみ魂よ(こらのみたまよ)
島内八郎 作詞、木野普見雄 作曲

 めぐりきぬ この月この日
思い出は白雲のかなた
         ひらめきの またたく ひまに      
声もなく 空しく散りし
先生よ 子等の み魂よ 


         今日ここの 夏草の うえ
         すぎし日の友の姿に
         とむらいの 真をこめて
         はるかなる 空にへだてし
         なつかしの み魂を しのぶ


                   すみわたる 城山の 空
                   うちひらく つるの 港に
                   平和なる  光みつれば
                   先生よ 子等のみ魂よ
                   安らぎて 永久に ましませ



広島、長崎の被爆当時の子ども達がどんな凄惨な亡くなり方をしたか。
今、『カウンターの向こうの8月6日』を読んでいる。
孫たちを思い出しては何度も涙を拭きふき口をム~っとして思わず本を閉じてしまったりして・・・。
唯一の被爆国ですもん、核兵器は要らないって言わなくちゃでしょ。
日本国のリーダーは核廃絶の世界の親分にならなきゃでしょ。
ノーモア ヒバクシャですよね。





e0108126_15463756.jpg
↑ 毎日新聞ネットNewsより転載

午前6時37分、長崎の爆心地公園で「人間の鎖」をつくる全国の高校生たち。
高校生平和大使などの平和活動は今年で活動20年目だそうです。
若い人たちに繋げてほしい、核のない世界への祈りを。







[PR]
by hanako_mama | 2017-08-09 20:30 | その他 | Trackback | Comments(2)

八月六日 立秋前日

早いもので明日はもう立秋。今日までは 暑中お見舞い申し上げます、明日を過ぎると 残暑お見舞い申し上げますなので今日のうちに「暑中お見舞い申し上げます~」をいっておこう・・・これだけ書くのに何文字使った?なんてね(笑)。
回向院をあとに向かったのはランチ会場ですが、ここでまた寄り道します。この巻が終わんのっていつ? 花子ママって呑気だよねーって笑ってくださいね。


★オフラインミーティング(オフ会)続く

両国巡りを終えて一息ついていたある日、ブロ友さんから緊急連絡!
なんでも、上京する用事ができた、ついては久しぶりに会いませんかと。
即答「イイネ! 花火大会があるけどその前に・・」

e0108126_06363810.jpg


ブロ友さんて 元気ばばさんなんですけどね。関東のブロ友に会うと云ったら、旦那さんが自宅の畑で採れた立派な茄子、柿・・じゃなくて桃太郎ゴールド(トマト)を土産に持たせて下さった。相当な重さのリュックをしょって上京するなんて、やっぱり元気ばばさんだわ。 ←下線部分をクリックしてください。
ブログの話題を主にして話しはイイネ・マークに及び…。うーん、イイネを付ける=足跡を付けるか~。
忖度するのねイイネの意味をーと理解するに至り。
e0108126_06391422.jpg


先の両国オフ会も、父が亡くなった年の 日本のうたごえ祭典:大阪 で新幹線乗り場まで駆けつけて励ましてくれたブロ友との再会だった。
元気ばばさんもそうだった。おととしの名古屋祭典に参加したさい、かねてより気になっていたブロ友に逢いたいと望み、声をかけた。
たかがブログ、されどブログ。途絶えることもあるけれど って味わい深いもんだなぁと思う。



★ 花火大会を楽しんだ

昨夜は当地、花火大会だった。
江戸川に近い弟宅近くに宴席を設け、一品持ち寄りで花火観賞した。
ご近所さんも一緒にワイワイと賑やかに花火を堪能した。

e0108126_06461717.jpg


近ごろは何処も 花火大会開催の資金調達に苦労しているという。
今年から特別観賞エリアという有料観賞企画が登場した。
私らは庶民だもん、ただで観させてもらって有り難いよね~とかナントカ。


e0108126_06454563.jpg

赤い色は暑苦しい、緑とかブルーが涼しげだよねー。
ただで見ていてそんな文句いえませんよね(笑)


e0108126_06472501.jpg


去年より奮発して豪勢な花火だったのは、ふところ具合が良かったからかね?
庶民も忖度する、ハハ~

勝手なこといいながら皆で眺める花火も良いもんです、ね!

e0108126_06451159.jpg
続きがあります ↓



八月六日を忘れない。
[PR]
by hanako_mama | 2017-08-06 07:23 | その他 | Trackback | Comments(8)

七夕の会のチカラ


ここんとこ半月ほど、朝活ウォーキングを続けている。七夕の会で良い刺激をもらったからなのだが、それを書きたいのに切っ掛けが掴めない。切っ掛けなんか要らないじゃん、、グズグズしていた。
ある日、ひょんなことから切っ掛け見っけ!本当に些細なことなんですけどね。




e0108126_15154714.jpg
(早朝の城址公園)


事務方の私のところには「返品するための伝票を探してコピーおねがい」とか「仕切書に社判を押してね」とか細かな、仕事とも言えないくらいの雑用も入る。その日もこんなメモ紙から40年前のことを思い出してしまったのでした。

とある楽器屋の中3階には狭い事務室があった。
毎日のように営業担当が入れ替わりにやって来て、仕入れ伝票の束をめくっていた。その営業さんの一人T先輩は汗かきで当時はふくよかだった。汗をたらたら流しながら分厚い伝票綴りをめくる姿は忘れられない。私が出産で退社してからのお付き合いもなく時は過ぎた。七夕の会で「脳梗塞で倒れた」ことを知った。もうT先輩には会うこともないんだわと思っていた。




e0108126_15153301.jpg
(畑みちに続く公園の晩生のアジサイ)



ところが思わぬところで再会。
今回の会場で、親分(七夕の会:主役)と歓談する男性の姿を見つけた。
このひとダレ? 
トーさんも(・・? 顔
だが相手はこっちを見て微笑んでいる、ますます?? 
 
T先輩だと紹介されても(ホントなの?)と疑いたくなるほど痩せて顔付きは別人だった。
Y子さんが言ってた珍しい人がみえますよの一人目だった。




e0108126_15160539.jpg
(黄色いカンナに元気をもらう)



珍客の二人目はコウチャンだった。
楽器屋の1階で弦楽器の修理担当のトーさんと一緒に働いていた、私たちと同学年の男の子(^^)。
飄々としたという表現がピッタリのマーチング・バンドの若き貴公子だった。
とくに親交が深かったという訳でもないのに静かに心のなかに治まっていた…。



e0108126_15150375.jpg
(城址公園に朝日がのぼるころ)



一人目、T先輩は7年前に脳梗塞~リハビリを経て復活された。
大学時代からのジャズバンドにも復帰、現在も活躍中だという。毎朝8キロウォーキングしてるんです、近況報告の言葉に驚いた。痩せたのではなく身体を絞ったのだと。パチンと音がして心が弾けた。



e0108126_15162437.jpg
(長い行列のできるパン屋さんから良い匂い..開店前)



二人目、コウチャンも心臓を患って身体にステントが入っていた。
昔は、どんだけ食べても太らなくて「痩せの大食いだぁ!」なんて冷やかしたコウチャンだったのに、会では殆ど飲まず食わずで淋しかった。でも相変わらずのニコニコ顔で、来年もこの会で会おうねと言ってくれた。
心がとろけた。



e0108126_15152177.jpg
(バランスボールがベランダに転がった^^)



会の主役、親分は7月初めに92歳になっていた。
戦後シベリヤから戻ると、古楽器を売買して水道橋から吉祥寺まで自転車で商いをし、終わると夜間の大学に通った。朝早くから晩の遅くまで働き、管楽器がジャズの世界から学校などの吹奏楽に遷移していく時代を生きた裏方‥というより立役者の働きをした人だった。70年以上も昔のはなしを淀みなく語る明晰さに今年も脱帽した。

相も変わらずの朝活・・・町内を歩いて一時間もすると結構なゴミが拾えるんだよな・・・は続いていた。
「皆の話しがよく聞こえるように医者で耳掃除してもらったんだ」と笑った。この人に出会えてよかった。



e0108126_15144512.jpg



今回の七夕の会は、霞が関のシーボニア・メンズクラブ(写真↑)で開かれた。

ちょうど会の途中、息子から(お産で)入院したメールが届き、
その夕方に5人目の孫が生まれ、その後ブログは孫一色に染まった(笑)


O先輩から生まれましたかメールを頂いて半月以上経ってしまった。
あの翌日から私も朝活ウオーキングを始めた。
朝露にぬれる川沿いの草花、
ウシガエルのおはよう、
蛇とのにらみ合い、
頭を垂れはじめた稲穂。

そんな景色のなかを歩いて歩いてまた来年の七夕会に元気で会えることを願いつつ。


173.png2011年2月に七夕の会のことを書いています
e0108126_09112289.jpg










[PR]
by hanako_mama | 2017-07-25 10:25 | その他 | Trackback | Comments(2)

諏訪さんの『どうも変だ』の自覚

紫陽花ブルーに続いてピンクにいく予定でしたが、変更します。

今朝、ゴミ出しから戻るとテレビは共謀罪法案成立の速報を流していた。相変わらず十八番の強行採決、なぜあんなに急いで通したかったんでしょうね、禁じ手まで使って。都議選をひかえているから心証悪くならないようになの? だとすればヨミが甘いんじゃないか。モリだのカケだのは何処へ行くのやら。不気味なこと極まりない。なにか書かなきゃ気が済まないが思いばかりが先に立って筆?が進まない。そうだ、あの人のあれ!
ずっとあたためてきた諏訪さんのこのエッセイをお借りするのは、今でしょと・・。ベランダに咲いた白バラと合わせてご紹介したいと思います。



e0108126_18291517.jpg



『どうも変だ』の自覚

 宮沢賢治の「注文の多い料理店」では2人の狩人が山中の西洋料理店「山猫軒」で、なぜか靴を脱がされ眼鏡や尖った金属を外させられ、牛乳のクリームを顔に塗らされ酢を頭にかけさせられる。最後は「さあさあおなかにおはいりください」。
指示がある度にどうも変だなと訝しむ2人を僕らは笑うが、実はいま、これと同じ境遇にあるのが我々日本人である。



 「絆を重んじ助け合うべし」 「国を愛すべし」「国歌を歌うべし」
人々は「じゃあそうしようか」と深い考えもなく従うが、「本当に歌っているかどうか口元を見ているぞ」という話を聞くとどうも変な気がする。「文系より理系の学部を優遇すべし」という方針も「なるほど発明をして国家に資せよか」と思う人と、「国家は文学や思想などの知を邪魔なものとして煩がっているのか」と奇妙に思う人もいる。




e0108126_21161633.jpg



 戦争への筋書きからいえば次は報道の統制だが、これはマスコミの自主的萎縮という形で既に進行中だ。筆鋒鋭い学者やジャーナリストらが次第に活動の場を失ってゆく。場を持っている媒体が政権やクレーマーとの確執を面倒がるのだ。萎縮は読者を置き去りにして、問答無用で行われる。
 諏訪さん、あんたも書く場を奪われるよと、多くの愛読者の方が手紙やメールで心配してくださる。このコラムは始まってまだ3年も経たないので大丈夫だとは思うが、皆さんは「本当のことを書く諏訪さんの気概を応援し永続を願うが同時に諏訪さんへの圧力を案じてもいます」と言ってくださるのだ。
 



e0108126_21184434.jpg




 時代の悪い趨勢を敏感に感じ取り、国からの注文を「どうも変だ」と自覚でき、そして「これはおかしい」という声を上げられる人々が日本には大勢いる。僕らはいま100年後に著される21世紀戦争史の中盤、民が国から批判意思を奪われ、無思想を奨励され、なぜか世界でなく「国」を愛させられる箇所を読んでいる。料理店でいえば、狩人たちがどうも変だとは思いつつ耳にまで牛乳クリームを塗らされている箇所だ。その愚かさを自覚する人々の理性だけが未来の戦争史を破棄できる。いま扉の向こうで、戦争が口を開けて僕らを待っている。
(出典:毎日夫人2016 . 11月 諏訪哲史のうたかたの日々)

..........................................................

◆諏訪さんのエッセイは今年から掲載されてません。愛読していたのにな、、残念です。


『うたかたの日々』風媒社発行ーをあらためて読み返してみました。
ここに拝借した「どうも変だ」の自覚(タイトル)に脱字部分を見つけました。本日、修正しました…緑色で加えた部分…。諏訪さん、大変失礼致しました。 2017.07.22



[PR]
by hanako_mama | 2017-06-15 21:27 | その他 | Trackback | Comments(0)

ここんとこ綴り 2017年5月の..

こんばんは~! ご無沙汰しておりました。今日、今期の棚卸集計がやっと終わりました~。ことしはパートさんに集計用紙を読み上げてもらって入力という新しい試みも取り入れて、ちょっとキモチが楽になったかなと思う。ヒャーこんなの一人で入力してたんですか~? そんな感嘆の声に励まされちゃう(笑)なんて.. わたしってやっぱり単細胞なんですね。
おまけに今日は若い友人の出産という目出度いニュースも飛び込んできて(今晩、更新だな...)。去年の今頃、同じような状況下で「ここんとこ綴り」を書いてたこと思い出しました。決算事務はあと今期の買掛金残高計上を残すのみとなりました。溜まり始めた請求書を山と積んで腕まくりして最後の追い込みガンバリます!

***


ゴールデンウイーク明けて暫くして気が付いたモモのメモ書き ↓ 
  ぼうりんぐはたのしかったのね、よしよし。

e0108126_20445098.jpg

母の日に大和田の鰻 を父さんにご馳走した ↓ 

  久々の大和田は、女将が引退されてて寂しかった。
居るひとがいないと回るものもまわりにくい?


e0108126_20452189.jpg




職場の慰労会 は四谷のフレンチだった 5/16
 春のあいだ制服販売に奮闘されたパートさん達、ご苦労様でした!
 お土産に、萩の柚子屋夏ミカンスライスを戴いた。
 この日は母の特養行き・リハビリ予約で行かれなかった。

e0108126_22051411.jpg




祝い事3件 5/18。
 モモが7歳、妹がⅩ歳になり、三男夫婦の結婚記念日だった。
  折よくアマリリス・ピンクが三つの花を開かせた。 ↓


e0108126_20465531.jpg



発表会のチラシと券を預かってきた。5/20
 今年のチラシは例年のものから格上げ、ゴールデンな仕上がりに^^
  今年は、ちびっ子をステージに上げるようだ。
レッスンも佳境に入って来た。


e0108126_21104446.jpg



管理組合理事会の有志 による打ち上げ会があった。21日
 前期~今期と2年のあいだに、管理組合規約中の58件を提案・修正した。
 尽力された仲間の理事の方々、父さんを支えて下さって有難うございました! 
 これからも家族ぐるみのお付き合いを宜しくお願いします♪ ↓戴いたチョコレート菓子


e0108126_20481719.jpg


長男の引っ越しが終わった。金のなる木&デビッドボウイLPを贈った。

e0108126_21151407.jpg

すると...
   なんと!! 

長男の生まれた年(1980)に買い求めた本が返ってきた!(懐かし過ぎてコーフン^^)
吉村真理子さんの書かれた育児書は、子育て中の私のバイブルだった

写真下は、ご存知 久保田萬寿。まちがいなく母の日の贈り物だ。
賢明な見立てに溜め息が..(笑)


e0108126_21120135.jpg




そしてこちら。
現在進行中の醤油麹仕込み、材料をカシャしたもの。
出来上がりもアップしますね。



e0108126_20495010.jpg
駆け足で近況報告をさせていただきました178.png






[PR]
by hanako_mama | 2017-05-24 22:31 | その他 | Trackback

花子ママ、しばらくお休みします♪


GWもついに終わりましたね。皆さんのお休みはどんなでしたか?

わが家は、もも(次男一家)と一緒に4日間を過ごして楽しい思い出を作りました。小学生になると「遊ぶこと」に加えて「勉強する」という新しい課題も増え、彼女も練習ノート持参で脳を磨きました。それに今回は、息子に夕食準備を任せてピアノ練習時間を捻出できました。毎食、心を込めた料理を提供してもらえたのは有り難いことでした。
また連休半ば長男の新居(URの団地)を見に行きました。これまでの10年ほどを倒壊しそうな古アパートで慎ましく暮らしてきた彼らが愛おしくなったのでした。今度は大ジージからの鎧兜飾り↓ が置けるね。なんと36年ぶりで贈られた本人の家にもらわれて行くんですよ177.png



e0108126_13120913.jpg

さっそくですが、記事の訂正をー。
昨夜、ピアノ合わせに向かう電車のなかでお嫁ちゃんからLINE受信。
「アラタ君の写った写真の兜の飾りが逆になってますよ」というものだった。(前の記事です)
帰ってきて確かめるが飾ったものは逆向きではなかった。???
「あれね、直しておいたから。足の所もきちんと付けなおしたし・・」と家人。 正式な姿
バタついて飾るからヘマやっちゃうんですね~ 反省はんせい!105.png




e0108126_13082046.jpg

そして昨夜のピアノ合わせ、2回目です。

新しく作り替えた譜面は、毎日弾き込んだものの不安な箇所が少々あったが何とか歌を止めることなく伴奏できた。その他の歌の唄い順を再確認する。♪YELLを選曲したのが吉と出るか…。休憩を入れながら約2時間のレッスンを終えて帰宅。家人がご機嫌斜めの様子に疲れがドッとでる。息子たちも早々に就寝していた。シャワーを浴びて早めに床に就くも右肩周りがジンジン痛む。

今年のコンディションは去年とは違うので、毎日の練習は細切れ30~40分を何度も弾くかたち、なので集中しながらの伴奏は身体のほかの部分を補いながら弾いているんだなと思った。リハビリを続けて回復中なのでこれ以上悪くなることはないと信じて頑張るしかない。
レッスンが終わったとき、うめちゃんから上の写真のものを頂いた。以前、ブログに載せたアイスプラント。青森土産だったよね? 覚えててけでありがとうね。





e0108126_13091141.jpg

話しがあっちこっち行ってごめんなさい。
のぶばさんからキャベツを発酵させてザワークラウト風にするというのを教わった。
1㎏のキャベツをざく切り、塩大1~1.5 砂糖 小1 を混ぜ込んでポリ袋に入れて2日間、重しを乗せておく。水が上がってきたら冷蔵庫に保存する。
写真は一日目。出来上がりが楽しみです♪





e0108126_13143673.jpg


こちらは、新(三男一家)が都下檜原村に出かけたお土産。
コンニャクもあったが、完食してから写真を撮りそこねたと気づく。。





↓ もも(次男一家)西湖いやしの里を回ってのお土産 ぐい吞み。
ネコは誰に? 「ふうちゃんに!」
あ、よかった(笑)

e0108126_13140569.jpg



そしてこちら ↓ 『わたし おてつだいねこ』

e0108126_13130408.jpg

ちょっと長めの文章なんです。なんどか読み聞かせをしました。
気持ちの優しいネコとおばさんの話しです。

話しの後半に差しかかった辺りで私が涙声になる部分があるんですね。
それをしっかり覚えていて、話しが近くに来ると
ジーッとこっちを見る視線を感じます(笑)でも
平仮名が読めるようになってからは、私に読んでくれるようになって..。
こんな愉しみって 贅沢だなあとおもう。



..............................................................................


連休中のいろんな出来事をつらつらと書いてしまいました。
これから暫くのあいだ、決算事務とピアノ稽古に集中したいと思います。
もう20年もこの両立に心をくだいて来ましたが、だんだんと馬力不足になって来ました。このへんで肩のリハビリも加えて心身のバランスを整えたいと思います。そして6月に入ってブログ更新の余力が見えてきた時にふたたび戻って来れたら良いなと思います。どうぞよろしくお願いいたします。



↓ ある日の新(あらた)母子。7月には新に弟が生まれる予定です。

e0108126_15091433.jpg









[PR]
by hanako_mama | 2017-05-07 22:22 | その他 | Trackback

久々の Finale NotePad♪


今年も保母コーラス発表会の音合わせがスタートしました。6月末の発表会に向けて皆さん元気に取り組んでいる様子でした。私はグループとお付き合いして20年ほど経ち、ほぼ同年齢の皆さんとの体力の差を感じる昨今ではあります…。 な~んてカシコまってしまった けど105.pngちょっとメモを残したいと思います。

................


今年の演奏曲に♪Yellという歌がある。いきものがかりの作った歌で、卒業式などによく歌われるようだ。いただいた譜面がヘ短調(♭4つ)とト短調(♭2つ)、歌の練習は高い音域のト短調で行うもソプラノ域が出しづらいようだ。ならば伴奏はヘ短調の譜面で練習しておくよ… で約ひと月半せっせと練習に励む。

e0108126_13015319.jpg

先日、やはり高い声に無理があるのでヘ短とト短のあいだを取って嬰ヘ短調(♯3つ)で弾いてもらえないかの打診あり。たしかに上の譜面のように♭4つを♯3つに書き換えるだけで変換できるのだが、元の運指を細かく書き入れて稽古したこともあってどうもイケない。お面を被り直しても元の姿は残っているようなもんで・・さてどうしたもんじゃろの? そこで思い出したのが FinaleNotePadだった。楽譜作成のフリーソフトである。



e0108126_13030500.jpg

パソのうえの五線紙にマウスで1音ずつ書き込み、最後に一発変換で移調することの出来る便利ツール。昔はよくお世話になっていたっけ..。でもこれは目の若いうちに使うものだと思い知らされた。使ったことのある方はきっと身に覚えがあるはず(笑) 
ここにヘ短調の譜面を書き込む作業に4日を費やし、全て入力が終えた時点で一度保存してから「嬰ヘ短調」移調クリック。すると↓のような譜面が出力できるのだ。やった~!思わず叫んでしまう。



e0108126_13035561.jpg

昨夜はこの新譜を持参して参戦。初日につき練習不足で完璧には弾けず次回にリベンジだ。
脳に縫い込んだ仕付け糸(運指)を仕付け直さなければならない。
このときやっぱり(嗚呼トシとった~)と思うのだった。
レッスンが進むうちに、間奏とエンディングが足りないのを発見、次回までの宿題で書き足すことにする。


**********
ちょうどこの音符入力をしている時、
外からウグイスの鳴き声が聞こえてきて
宅配のおっちゃんが配達に来て...
で前の記事になりましたが、この話しにはドッキリな落ちが付いていた?もよう(笑)
事実解明後、アップしますね。




↓写真はレッスン会場のエントランスに飾ってあった鯉のぼり。
こちらの児童館に通う子ども達が描いたカードを貼り付けてあった。
もうすぐ端午の節句ですね。
e0108126_12013970.jpg




[PR]
by hanako_mama | 2017-04-23 22:36 | その他 | Trackback | Comments(6)

4月4日の桜、もうすぐママになる友と。



e0108126_08092284.jpg


アンデルセン公園から地元に戻ってきました。
昨日は若い友人と久々のモンラパン・ランチのあと、店の近くに見つけた枝垂れ桜のしたで1枚パチリ。

9ヶ月ってお腹の赤ちゃんが胃袋押し上げて食べれないのよネ!
生まれる前と生まれた後じゃ、生活がガラリと変わるのよ~。
ねぇねぇ女の子だって? 名前は考えてあんの?
とかとか...
同情したり先輩づらしたり、楽しいランチタイムでした。

来月生まれてくる赤ちゃん!
ママのお腹から枝垂れ桜が見えたかな?







[PR]
by hanako_mama | 2017-04-05 08:30 | その他 | Trackback | Comments(2)