カテゴリ:私の好きなもの( 440 )

雨の日の紫陽花.. 菖蒲池で



白いガクアジサイは清々しかった。
紫陽花の白い色を写すのは難しく、アップできるものは少ないです。

e0108126_20411706.jpg




紫陽花はここまで・・
この先の菖蒲池は、今年も綺麗な花を咲かせていました。


e0108126_21101787.jpg










e0108126_21114967.jpg







e0108126_21125553.jpg

菖蒲池を囲むように歩道がつながっている。
「丸い窓があるところって何処かしら?」
カップルが歩いてきた。
明月院と間違えてるか、、







e0108126_20394299.jpg










e0108126_22143539.jpg









e0108126_20415578.jpg

ほらあの薄いブルーの花って珍しいわよね~
ご婦人方の目は薄青いショウブに注目。
(うん、ほんとだね。)






時おり小雨のパラついた朝の紫陽花観賞を終わります。

下の写真は最後にコンデジで写したもの。
こないだテレビが松戸の本土寺中継をした時の映像が全くおなじでビックリ。
同じ場所なので当たり前なんだけど「うわっおんなじだ!」と叫んでました(笑)
見ごろは今月下旬あたりでしょうと予報していました。もう一度行ってみるかな。気分が乗ったら。


e0108126_20433246.jpg

[PR]
by hanako_mama | 2017-06-19 22:17 | 私の好きなもの | Trackback | Comments(2)

雨の日の紫陽花 ~ピンク


紫陽花(あじさい)の由来はなに?というのをテレビでやってました。
藍色の花が集まって咲く・・・集真藍(あづさあい)から来ているそうです、初めてききました。



e0108126_10000456.jpg






e0108126_10071087.jpg

紫陽花のピンク色はアルカリ土壌に咲き、
ブルーは酸性土壌に咲く。
観賞する時は、そんなこと頭から抜けてますけどね。





e0108126_10090434.jpg

このピンクを撮るとき、後ろの竹林をどう入れるか迷いましたが、
仕上がりはイメージとはかけ離れてました、、、。



e0108126_09443924.jpg

これも紫陽花なんでしょうか。
紅色のクレナイという種かな? ちょっと違うようにも見える。
写真には「アジサイの涙」と名付けました。






e0108126_10122436.jpg

こちらの梅の実と薄いピンク色は、
花と梅と、どちらにピントをあてようか...
結果、こんなふうに入っていました。





e0108126_10080740.jpg

このピンク色をみたとき、
孫たち、特に女児2人が浮かびました。
隠れたところにブルーが見えたのが男児2人(^^)




e0108126_10134122.jpg
これなんか、こないだ生まれた友人の赤ちゃん。
どうしても小っちゃい命と結びついてしまいます。




↓ 紫色のガクアジサイを切り取って ジーっと見ています(笑)
e0108126_09510709.jpg




[PR]
by hanako_mama | 2017-06-17 10:22 | 私の好きなもの | Trackback | Comments(4)

雨の日の紫陽花 ~ 青


アジサイ寺に紫陽花を見に行くのは3年ぶりです。



e0108126_21331640.jpg






ここんとこ晴れ間が続いているしバタバタしているのに花を観賞するってのもな、





e0108126_21391955.jpg




と思いましたが昨日は朝から雨音がして





e0108126_21580476.jpg






行くなら今でしょということで・・。




e0108126_21284819.jpg





まだ七分咲きくらいだったかな。
薄いブルーの花が久々の雨に濡れていました。

今日はブルーの紫陽花でした。




e0108126_21302302.jpg







[PR]
by hanako_mama | 2017-06-14 22:13 | 私の好きなもの | Trackback | Comments(0)

諏訪さんの『生まれた年の歌』

ちょうど去年の今頃に、毎日新聞の月間冊子にへぇそうなんだ~!と驚かされる記事が載っていた。諏訪哲史さんのエッセイだった。生まれた年の歌、タイトルが面白くてどんどん読むうち引き込まれた。中にある歌はどれも私の十代後半のものだった。それらの歌にはあの当時、世間をあっといわせ眉をしかめる人たちが存在したのも事実だった。でも私はこれらの歌に魅かれ自分の生き方に重ね合わせた。その年に生まれた諏訪さんが「あの時代を生きてみたかった」という気持ちに驚いたのだが一方ではそんな諏訪さんに羨望すら感じたのでした。下に転載します。


e0108126_15390936.jpg












諏訪さんのエッセイ『生まれた年の歌』
[PR]
by hanako_mama | 2017-05-07 10:00 | 私の好きなもの | Trackback

ウグイス騒動解決


今日は店のセール最終日で、友だちがパンを焼いて届けてくれた。
近くでランチしながら近況交換…というか話しを聞いてもらった111.png。家族のこと、肩のリハビリのこと、コーラスの練習のことその他あれもこれも(笑) ほとんど愚痴? 聞くほうは疲れたろうと思う。パンを頂いたのに愚痴でお返ししてごめんね。でも気分がスッキリです。


e0108126_16542498.jpg
リハビリ帰り、駅前でチンドン屋さんが仕事中だった
右肩は120度に上がったが、しばらくは要通院ですね~だった。




友だちと駅のホームでウグイス騒動?の話しをした。

「ブログでウグイスの声、聞いた? 『聞いたかも!』 あれブログにアップした次の日さ、道ばたで余所のオバちゃんと鳴き声を褒めていたらね、通りがかったオジちゃん曰く『あ、あのウグイスの声ね、そこの雷神様のとこで放送してるんですよ~』 わたしたち『・・・』だったのよ~。帰宅した父さんに話したら そこの防災無線だろ? そんなの流すか?で市役所に問い合わせたらってとこまで行っちゃってね~ 防災無線でウグイスの声を流すわけないでしょ、困ったなぁと思ったのよ。数日後、マンションの顔見知りの爺ちゃんに会ったので『最近このあたりで鳴いてるウグイス知ってます? あの声ってそこの神社のスピーカから流れているんだって言う人がいたんですよ~』と言うと、あっそうそう、あのスピーカの近くにマイクが置いてあるって前に聞いたことがあるよ~
その言葉を聞いてから(でも、マイクの近くにカラスがいたらウルサイだろうよ・・爺ちゃんも怪しいな~)と思ったわけ。市に問い合わせに些か抵抗を感じてる私、おとといマンション管理人のYさんにバッタリ。あっこのヒトがいたじゃないか! で、爺ちゃんに尋ねた同じことを聞いてみたのね、すると『あ、あのウグイスねぇ。ほら、あそこの家の裏の高い木、その後ろの大きい木、時々マンションの庭の木とか飛びまわって鳴いてますよ。2月3月だとまだ下手だけど今年のはずいぶん良い声だよね~防災無線じゃないですよ』って言うじゃない、もう笑っちゃったわよ~」で二人で大笑い。

ウグイス騒動は予想通りの(^^)展開で幕を閉じた。
「毎日、外回りの清掃してるんだもんな。Yさんの言うことなら間違いないさ!」父さんの一言で幕が下りた。
それにしてもあの通りがかりのオジさんも爺ちゃんも、こんな中年(過ぎた)オバちゃんをからかってイケないひとね...163.png

歌の上手なウグイス嬢へ。
「あんたを疑ってごめんね...」
ウグイスの正体はウグイスだった!のでした。




            食パンは「トラ子パン」と名付けた。トラ子、天国で安らかに、ね。
e0108126_17302748.jpg

 


[PR]
by hanako_mama | 2017-04-28 21:10 | 私の好きなもの | Trackback | Comments(2)

歌の上手なウグイス嬢


まだ朝の空気が冷たかったころ寝床で毎朝きいた鳥の..おそらく鳥だ..の鳴き声、
ピョーとかピャッとか叫んでるのがいたんだわ。
最近になってトーさんも聴いたって「なんかウグイスみたいの、近くにいるぞ~」。
ほんと、ステレオ放送だもん、ご町内の皆さんがウットリして聴いてんだっぺ~。

夕方、宅配のおじさんが玄関先で「すごいねー あんな大イバリで鳴いてらぁ」
そうそう良いノドしてるよね~♪で、
カメラ抱えて彼女の声、録音してみたんだけどいっしょに聴いてくれっか?

なんだか励ましてくれでるようじゃね? 茨城弁で書いてみました、朝ドラの影響?(^^)







[PR]
by hanako_mama | 2017-04-21 21:46 | 私の好きなもの | Trackback | Comments(8)

4月15日の桜 東漸寺

今日は、妹と特養の母のところに行ってきました。お隣の庭に桜が咲いていて葉桜になりかけていました。ずっと眠りこけている母の傍らでお喋りしてきました。以前なら「そーなんだよなぁ」と聞こえているかのような相槌を打ったものですが、ひたすら眠眠のおかあちゃん、そろそろ91歳の誕生日だね。
.............................




さて、昨日の朝の東漸寺です。いくつか俳句を拝借して充ててみました...。


e0108126_15261351.jpg

『 葉桜や通学の子に友の増え灘秀子)』






e0108126_09405741.jpg

『 葉桜となりても心定まらず (高田令子』

枝垂れ桜は散り終えて、年々わびしくなる気がします。




e0108126_09403398.jpg

まだ半分ほどの花を付けているものに「ありがとう」を。





e0108126_09252426.jpg

『 音楽やさくら散るとき澄みわたる(廣嶋美恵子)』





e0108126_09313155.jpg

石畳のタンポポが「よっ、ぼくの番だね!」と嬉しそう。






e0108126_09274752.jpg

いつもおチビ連中に見つめられてるせいか

まだ蕾を付けたりして気丈に立っていた幼稚園の桜。



e0108126_09282436.jpg




新緑のモミジとピンク色の桜たちを同時に撮れるとは思いませんでした。

e0108126_09290644.jpg

『 つらつらと自分探しのさくら径(林多佳子)』

また来年よろしくねとサクラに、
秋にまた来るからねとモミジに告げて寺を後にした。




[PR]
by hanako_mama | 2017-04-16 16:38 | 私の好きなもの | Trackback | Comments(4)

ピエンロー鍋を作ってみた

こないだ放送終了した東京タラレバ娘。
中で紹介されていたピエンロー鍋がとっても美味しそうだったので作ってみました。でも、何ですね~ 昔の30代と彼女たち(今どきの)との恋愛観や結婚についての考え方には随分と開きがあるんだなぁと思いつつ観ましたが。ナンダカンダ言いながらも楽しくみれたドラマだったと思います。
.........................................................................................................................................

扁炉(ピェンロー)は中国で鍋料理の意味。広東省あたりでは「鍋料理」を打辺炉という。
「辺炉」(bianlu)と「扁炉」(pianlu)は発音が近いため、一部の地域では打辺炉の替わりに扁炉を使うことがある。~wiki




e0108126_16085575.jpg

大きめの鍋に水を入れ、干し椎茸を一晩つけて、だしをとる。



e0108126_16112571.jpg

白菜を縦半分に切って5cm幅でザク切りに。
白菜の下半分の硬いところから先に鍋に入れていく。


e0108126_16110176.jpg
豚バラ肉を7~8㎝幅に。
鍋が沸騰してきたら、肉をほぐしながら入れる、


e0108126_16142282.jpg

残りの白菜を山盛りに入れ、ギューっと押さえるようにして蓋をする。
胡麻油をひと回りかける。(私は多めにかけた)


e0108126_16100658.jpg

春雨(ショートサイズ)を戻さずにそのまま上にのせて蓋をする。
弱火で白菜がクタクタになるまで待つ(大体3、40分くらい)
*戻した春雨なら最後に入れてひと煮立ちさせる



e0108126_16125490.jpg

つけタレは、塩 と 一味唐辛子だけ。
塩は多めに入れて一味はお好みを。
鍋のスープをすくって入れて出来上がり!



e0108126_16120343.jpg
このナベは、白菜と豚肉(+鶏肉)を干し椎茸の戻し汁で煮込むだけ。
味付けは胡麻油のみ。たれが塩と一味だけの超シンプル鍋料理です。
気を利かせて、ネギとか豆腐とか入れると別もの鍋になっちゃうのでご注意くださいね!
ちょっと肌寒い晩なんかに良いんじゃないでしょうか。






[PR]
by hanako_mama | 2017-04-15 16:00 | 私の好きなもの | Trackback | Comments(0)

4月5日の桜 近所の公園で

今年の桜は気まぐれ揃いなのか、同じ場所でも咲いていたり蕾でもったいぶってたり、、、どうしちゃったの?って感じです。
そろそろ満開だなっと見当つけて近くの公園に散歩したのですが..。



e0108126_07460110.jpg






e0108126_07464891.jpg






e0108126_07471876.jpg









e0108126_08021582.jpg







e0108126_07513439.jpg








e0108126_07492241.jpg







e0108126_07281069.jpg






e0108126_07480276.jpg

やっぱり子どもの写真多かったですね109.png




おまけのサクラ(^^)
[PR]
by hanako_mama | 2017-04-06 08:05 | 私の好きなもの | Trackback | Comments(2)

「リハビリ川」の桜ちらほら

きのう、リハビリが終わってから久々に川沿いを歩きました。
雨降りあと北の風ざわざわ。
でもやっぱり桜たちは開花の準備を着々としていました。


e0108126_17494401.jpg

前回からリハビリの担当先生が変わった。
前の先生は20代のやんちゃ坊主って感じ。
試行錯誤しつつも懸命に、時には心をも解してくれた。
人見知りの私には有難かった。


e0108126_17501577.jpg

今度の先生はうちの息子たちに重なる年齢だった。
お子さんが一人いて春には年中組になること、
稀勢の里の怪我の話しから茨城県人であることも判って、同郷のひとだ~と嬉しかった。



e0108126_17504197.jpg

予約キャンセルのあと、ふたりの代理先生が診てくれたことがあった。
黙々と身体をほぐしてくれて、ひたすら黙々とだったけど帰宅してからのピアノの弾きやすかったこと。
こんな若い先生だから、様々な患者を相手に初めての言葉かけで迷うこともあるんだろうなと思ったこと。

e0108126_17510033.jpg


基本は患者。

でも時どき、母親の気持ちで彼らを見ている自分に気付いて苦笑する。



e0108126_17511874.jpg
↑ この桜だけは気が早い3分咲き


きのうの肩可動域測定で右腕を上げた時、105度だった。
135度になったらリハビリ終了かなと言われているので、あと一歩あとひと踏ん張りだ。
薄皮をはがすように回復してきたな... 桜の蕾を見ながらそんなことを思った。







[PR]
by hanako_mama | 2017-03-28 06:55 | 私の好きなもの | Trackback | Comments(4)