4月15日の桜 東漸寺

今日は、妹と特養の母のところに行ってきました。お隣の庭に桜が咲いていて葉桜になりかけていました。ずっと眠りこけている母の傍らでお喋りしてきました。以前なら「そーなんだよなぁ」と聞こえているかのような相槌を打ったものですが、ひたすら眠眠のおかあちゃん、そろそろ91歳の誕生日だね。
.............................




さて、昨日の朝の東漸寺です。いくつか俳句を拝借して充ててみました...。


e0108126_15261351.jpg

『 葉桜や通学の子に友の増え灘秀子)』






e0108126_09405741.jpg

『 葉桜となりても心定まらず (高田令子』

枝垂れ桜は散り終えて、年々わびしくなる気がします。




e0108126_09403398.jpg

まだ半分ほどの花を付けているものに「ありがとう」を。





e0108126_09252426.jpg

『 音楽やさくら散るとき澄みわたる(廣嶋美恵子)』





e0108126_09313155.jpg

石畳のタンポポが「よっ、ぼくの番だね!」と嬉しそう。






e0108126_09274752.jpg

いつもおチビ連中に見つめられてるせいか

まだ蕾を付けたりして気丈に立っていた幼稚園の桜。



e0108126_09282436.jpg




新緑のモミジとピンク色の桜たちを同時に撮れるとは思いませんでした。

e0108126_09290644.jpg

『 つらつらと自分探しのさくら径(林多佳子)』

また来年よろしくねとサクラに、
秋にまた来るからねとモミジに告げて寺を後にした。




[PR]
# by hanako_mama | 2017-04-16 16:38 | 私の好きなもの | Trackback | Comments(4)

4月10日 ぴかぴかの1年生宅を訪ねた

ちょっと密度の濃い生活になってきました。
今週はスカッとする出来事があったり、驚いたり嬉しかったりで忙しかったです。ブログの更新はスローペースになると思います。これまで下書き保存してあったものを整えて寝だめならぬ「投稿だめ」したいと思います。今朝はご無沙汰の東漸寺の桜に会いに行きました。こちらも写真だけでも投稿しようかなと…。



先日、新一年生に入学祝いの机を贈ろうと次男宅を訪ねました。
近くの小学校まで歩いてみたり、保育園の卒園記念アルバムを開いて思い出話に花を咲かせたり。



夕飯のブリしゃぶ、脂ののったブリが美味だった。
庭園(^^)でのBBQパーティーはモモの帰宅を待ちきれず缶ビールを開けたところに
「ただいま~!」
なんと担任のイケメン先生が送ってくださったのだ..。
一緒にどうぞとお誘いするわけにもいかず、お世話になりますの会釈のみで失礼した。110.png


e0108126_14223256.jpg


ピカピカ✨1年生は、ちょうどBBQ開きした所に戻って来た、それっ今だ!
ブロ友さんからの紙芝居8枚組を抱えた写真をパチリ。卒園しました記事の写真を紙芝居型式に作って贈ってくださったんですね。本人はももちゃん誕生のパネルが特に気に入った様子で「かわいいね~!」を連発(笑)
思い出に残る楽しいプレゼントを有難うございました179.png


e0108126_14230033.jpg
(ちょっとひとこと・・)
次男(百華父)は子どもの頃から「コックになりたい」夢がありました。
美味しい料理を作って、食べてくれた人から美味しいね!と言ってもらえるのが嬉しかった。
でもこの春は、彼にとって試練の季節に…。オーバーワークによる適応障害と診断されて退職、リハビリに入った。間隔をあけて新しい職場で働くと聞いた。無理のないように、ゆっくりと歩いて行ってほしい。




間違えられた贈り物を確保した。
[PR]
# by hanako_mama | 2017-04-15 17:26 | 家族・健康 | Trackback | Comments(8)

ピエンロー鍋を作ってみた

こないだ放送終了した東京タラレバ娘。
中で紹介されていたピエンロー鍋がとっても美味しそうだったので作ってみました。でも、何ですね~ 昔の30代と彼女たち(今どきの)との恋愛観や結婚についての考え方には随分と開きがあるんだなぁと思いつつ観ましたが。ナンダカンダ言いながらも楽しくみれたドラマだったと思います。
.........................................................................................................................................

扁炉(ピェンロー)は中国で鍋料理の意味。広東省あたりでは「鍋料理」を打辺炉という。
「辺炉」(bianlu)と「扁炉」(pianlu)は発音が近いため、一部の地域では打辺炉の替わりに扁炉を使うことがある。~wiki




e0108126_16085575.jpg

大きめの鍋に水を入れ、干し椎茸を一晩つけて、だしをとる。



e0108126_16112571.jpg

白菜を縦半分に切って5cm幅でザク切りに。
白菜の下半分の硬いところから先に鍋に入れていく。


e0108126_16110176.jpg
豚バラ肉を7~8㎝幅に。
鍋が沸騰してきたら、肉をほぐしながら入れる、


e0108126_16142282.jpg

残りの白菜を山盛りに入れ、ギューっと押さえるようにして蓋をする。
胡麻油をひと回りかける。(私は多めにかけた)


e0108126_16100658.jpg

春雨(ショートサイズ)を戻さずにそのまま上にのせて蓋をする。
弱火で白菜がクタクタになるまで待つ(大体3、40分くらい)
*戻した春雨なら最後に入れてひと煮立ちさせる



e0108126_16125490.jpg

つけタレは、塩 と 一味唐辛子だけ。
塩は多めに入れて一味はお好みを。
鍋のスープをすくって入れて出来上がり!



e0108126_16120343.jpg
このナベは、白菜と豚肉(+鶏肉)を干し椎茸の戻し汁で煮込むだけ。
味付けは胡麻油のみ。たれが塩と一味だけの超シンプル鍋料理です。
気を利かせて、ネギとか豆腐とか入れると別もの鍋になっちゃうのでご注意くださいね!
ちょっと肌寒い晩なんかに良いんじゃないでしょうか。






[PR]
# by hanako_mama | 2017-04-15 16:00 | 私の好きなもの | Trackback | Comments(0)

大きい声では言えないが, 小さな声では聞こえない


by ふうちゃん
プロフィールを見る