ゴールデンなスタート

e0108126_17481437.jpg


たった今、上野から戻ってパソコンに向かっています。
(この写真から湯気が立ちのぼっているでしょ?^^)

舘野泉という人のピアノを聴きに行って来たんです。息子と二人。
ちょっと興奮気味な気持ちを静めるべく、一駅まえで電車を降りて歩いて帰ってきました。

舘野泉さん。ご存知の方もいらっしゃると思う。左手のみでピアノを弾く人です。
私は、ナマの演奏を聴くのは今日が初めてだった。五年前に脳溢血で倒れて右半身不随となり、二年半という時を乗り越えてカムバックされた。
昨年、テレビで「奇跡のピアニスト」というドキュメンタリーを観て以来、「演奏会があるなら今度こそ生演奏を聴きたい!」と、機会を待ち続けた。

今日の演奏は、私や息子の期待を決して裏切らないものだった。
多少の不安がなかった、といえば嘘になる。左手だけで右手のフレーズをカバーできるの?という・・・。しかし、そんな不安は一曲目のはじめの一音で吹き消されてしまった。
<舘野泉に捧ぐ>という彼の友人により作曲されたもの、バッハの曲をブラームスが編曲したシャコンヌ、ロシアのスクリャービンの書いた左手のための小品。

「母さん、すごい音色だね。あの音はどうやって鳴らしてるんだろう?」 と息子。
「右手は使っていないけど、ペダルは右足だよ・・。右半身が利かないのに・・相当な練習があったね。」 と私。

深い湖の底に流れるかのような くぐもった低音。
グラスをそっと合わせたときに 微かに聞ける響き。
ビロードのような肌触りをイメージさせる音の連なり。
すべてが、彼の左手一本から紡ぎだされる。

彼を六十代半ばで襲った突然の病。そこで味わったであろう想像を絶する苦悩。
やはり音楽を生涯のものとする・・・ そう誓った地点から自分との闘いを始めたんだな・・。
彼の左手が訴えるピアノへの愛着、人への信頼・・・・。最後に舘野さんが弾いた「舞曲集」のなかの ブルース、ブギウギ。それは彼の生き様を凝縮しているかの様だった。そこに、音楽に命を懸けた人の真摯な姿を、私はみた。
そして、その全てを感じながら、私の頬はぬれていた。

e0108126_23363247.jpg

  ♪ 愛すもの片手なれども弾くピアノ by naochans_organic


この上の写真は、舘野さんが弾き終えたピアノをカシャっとしたもの。
さあ、明日は仕事先の「棚卸」です。お店の商品すべてを数え上げ、それをパソコンに打ち込む仕事が連休明けに待ち構えている。年を経るごとにシンドクなるこの作業。なんとか自分にカツを入れたい!
舘野さんのピアノは、そんな私を励ます特効薬となりました。


追加: 舘野泉さんHPより
私を病の暗い深い溝から導いてくれたのは、音楽でした。何十年も前にその時誰かのために書かれた左手の音楽であったのです。音楽を愛する人には、いつの時代もどんなことがあっても、音楽を心の糧に活躍してほしいと願っています。

[PR]
# by hanako_mama | 2007-04-29 17:48 | 私の好きなもの | Trackback | Comments(29)

竹の子のカツレツ

e0108126_14383992.jpg
しっぽのつぶやきのsihoさんの所で、筍の記事が載りました。そうだ、私も!
こないだ食べた「竹の子のカツレツ」、今が旬だもん、これを紹介しないでどうするの。

毎年、この竹の子を宅配で送ってくれる親友がいるんですよ。掘りたてだから、これから宅配で送るから~! 携帯に予告の電話が入ります。届いた立派な竹の子は会社の仲間にもおすそ分け。

我が家は去年好評だったカツレツにしました。



e0108126_14511973.jpg

だいたい竹の子は、皮をむいたあとの己の姿を写真に撮られることを想像していないはず。
こうして竹の子を見つめていると、私ならこう料理してくれるわ・・・と人それぞれにメニューを思い巡らすんでしょうね。竹の子もうちに貰われた甲斐があったというもんです^^。

e0108126_14515416.jpg

この竹の子を茹でるとき、切れ目を入れるのだが深く切り込みすぎて半月状態。
ここに このチーズを載せます。今回は、ワイン漬けのアジアーゴ・カベルネ。e0108126_15132310.jpg

去年はカマンベールだったかな。。
とろけるスライスとかでも美味かも。


e0108126_1516136.jpg

チーズを載せた竹の子を、生ハムではさみます。ハムの塩気で塩いらず。
はさんだものを 小麦粉 →溶き卵 →パン粉 の順にまぶします。
それを油で揚げます。
揚げるとこんな感じに。

e0108126_15194326.jpg

この揚げたものをさらにカラッとさせるために、予熱したオーブンに5分ほど放置。
残念なことに、お皿に盛り付けた写真を撮ることを忘れていました~
もっと残念なことは、この料理に合うはずと思って買っておいた白ワインが・・・・。
白ワインがこの中に挟みこんだ「ワイン漬けチーズ」に負けたんです(*u_u)。。

調理の途中で妹が来宅。チーズの一切れを味見する。あ、酒粕の香りだ~と言う。
いやな予感。白ワインでは合わないんじゃないか・・・。

案の定、そういうことでした。
でも面白い組み合わせを発見したんです。剣菱(日本酒)との抜群の相性を♪
今回の竹の子カツレツは日本酒に限るね、で宴会を閉じました。
[PR]
# by hanako_mama | 2007-04-24 16:41 | シェフの愛好(趣味) | Trackback | Comments(24)

シェフのお供で新宿へ <いま新宿&江戸の古地図>

新大久保の焼肉屋ではお肉とお世話を焼いてもらったおかげで、大満足。
シェフも私が喜んでいることで大満足。
が、めでたし・めでたし!で終わらないのがウチラの珍道中。
いざ新宿に着いてからが案外に大変だったのです。

「あんた、どこに行きたいの?」
「えーと、寄席の末広亭でしょ、どん底でしょ、花園神社にコマ劇場。」
「映画は何時開演?4時半?あと2時間半もあるのか。じゃ、そこの歌舞伎町から入ろう!」

e0108126_1154962.jpg 昔は新大久保から歌舞伎町まで歩いて往復していたね。寅さんの映画を見に、お酒を飲みにと先輩友人たちと連れ立って。だから歌舞伎町なんてうちの庭も同然よ・・と思っていたのが大間違い。

土曜の午後とあって、通りは相応の賑わいだ。だが、「彼」は私に冷たい表情を見せていた。というか私の土地勘が全く利かない・・・。「どん底」は外壁に蔦がはっていて一目みればすぐ分かるよ、末広亭は近くにあったしねなどと呟きながら歩く歩く。


目当てのどん底・末広亭が見つからない!(すぐ隣のエリアだったのにな ) 
「なぜ地図をプリントアウトして来ないんだ!」 「だって、すぐに分かると思ったモン・・」
一時間余り歩いて「足が棒状態」に。健脚のシェフもそぞろ歩きは苦手らしい。
あ、あのエトワール(喫茶店)で小休憩するか~。。賛成!
映画の開演時刻まで一時間ほどある。
「映画をやめて帰るか?」
「ううん、『ブラック・ノート』は新宿か渋谷だけだもん、今日みて帰りたい!」 と主張。
珈琲をまえに、それぞれ持参の本を開いて自分の世界に。。

開演40分前に店を出る。駅地下から南口を目指すが出口の案内表示が見つからない。
一度外に出よう。駅周りに沿って歩けば五分くらいのところに映画館はあった。
もうあと十分で開演。デパート案内嬢に早口で場所をたずね、ジョギングペースでホールに辿り着く。(あ~焼肉定食をたっぷり食べておいて良かった!)

映画「ブラック・ノート」は、反ナチの女性歌手を題材にしたもの。(やはり女は強い!抵抗するには根性必須!全体はサスペンス調の仕上げ・・・そんな感想。)
それはともかく、あんまりだよ 新宿!こんなに様変わりしちゃってさ・・・。
どんどん表情を変え、人の暮らしをも押し流していくんだろうな、これからも。

なんじゃさんの粋な一句ワイワイと珍道中に凹みなし
シェフの返し歌  : でも凸凹凸凹凸凹ぼ (ぼの意味 不明)

なんじゃさんによるシェフの返し歌 ↑ の正式翻訳
でもちょっと行きつ戻りつかくれんぼ
なるほど。。シェフの気持ちをよくぞ読み取ってくださいました*(^^)*


★シェフのお薦め<江戸の古地図>と照らし合わせて、今の東京を眺めてみるのも面白い。クリックすると現在の新宿地図が。江戸・明治へとお好きな時代へタイムスリップ!  検索=アルタでこれが出た。

wataさんお尋ねの「御宿かわせみ大川端」は、隅田川のあたり。
岡本太郎デザインの通称うんこビルの付近でした。
なるほど、私もしらなかった!ブログ書いてて良かった(笑)



※ 懐かしいお店、今どきの風景をカメラに収めて帰ってきた。
e0108126_16155156.jpg
シェフが誰かさん?と行ったジャズ喫茶DIG ここだけは一枚アップして載せてくれ!とのたまう。
アカシアビル、風情があってなかなかイイだろ?DUG の方は酒を出すとこだった・・。
廻る写真から引っぱり上げたら、文字が 『 窮屈だ!』と抗議している


花園神社に通じる歩道、よくお芝居を見に行った紀伊国屋を裏からみた絵。
戦後の闇市が起こした<青線>新宿ゴールデン街
怖いお兄さんがタムロしていたのに何故か好きだった風林会館喫茶店などなど・・・。


[PR]
# by hanako_mama | 2007-04-20 21:24 | シェフの愛好(趣味) | Comments(31)