故郷の桜... 歓喜寺のエドヒガンザクラ


今年の彼岸は、実家の墓参りに行けなかった。
弟と妹が、古い墓をきれいにしてくれて、こんな写真も撮ってくれました。
    ↓ 妹が写す



茨城県坂東市辺田にある歓喜寺。
そこの樹齢400年の江戸彼岸桜(エドヒガンザクラ)が人々を愉しませてくれている。



e0108126_19171921.jpg

春の彼岸のころになると、「歓喜寺のサクラ.. きれいに咲いたぞぉ」。
父から電話が入った。

それで桜見物に行ったことは幾度もなかったなあ、、。
金沢から戻ったころ、
子供たちはサッカーだのソフトボールだので、花より団子だったしな。


自分がトシとって、歓喜寺の桜を見たいなぁの思いが強くなった時には、
父が亡くなって母はアルツハイマーにかかってしまった。


あのころ、
30年ほど前の父は、孫たちを連れて見に来てほしいと望んで電話くれたんだろな・・・

そんなこと今になって思うなんて、親不孝だな私はとおもう。
親不孝な自分だけれど、いつになっても歓喜寺の桜は故郷のサクラなんだとおもう。



e0108126_19183414.jpg


桜の季節はやっぱり桜ですね。
今日も帰り道、ひと駅あるいて「リハビリ川」の桜を見ながら帰ってきました。この日曜日は、近くの公園に孫たちと桜見物に出かけました。なるべく早いときに自分の撮った101.png桜をアップしたいと思っています。




by hanako_mama | 2018-03-27 20:05 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hanakomama.exblog.jp/tb/27162651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード
<< 3月27日 リハビリ川の桜 春本番、うれしい知らせ2つ >>