人気ブログランキング |

2度目の鑑賞『あの日のオルガン』とトークショー

この映画に元気を分けてもらおう。
そんな気持ちで映画館に行った。
早々にトークショー(上映後の)指定席チケットを買ってこの日を待った。

「あの日のオルガン」、初めてこれを観た感動は先にアップした記事のよう。
前回は涙で思わず号泣しそうになったのに、今回は2度目ということもあり、細かな部分の見落としに気づいたり一歩離れて観ることが出来た。それに、朝ドラの「なつぞら」に出演している福地桃子さん(柴田家の長女・ゆみこ役)が保母さんを演じていたのも嬉しかった。





e0108126_11210906.jpg


上映のあと、平松恵美子(監督・脚本)さんのトークショーがあった。
「あの日のオルガン」久保つぎこ・著を映画化しようと思った動機・経緯など熱く語られた。

保育所は子どもたちを単に預かるだけで良いのだろうか。
戦時中とはいえ、少しでも子どもに「文化的」な保育をと探りつづけた疎開保育園。
子どもたちの置かれている環境は、今の時代にあって生き生きと瞳の輝くものになったのか。
・・・その他、撮影現場での苦労話し、制作秘話(^.^)も聞けた。
参加者の熱心な質問の数々に、飾らない淡々とした語り口で応じる平松監督でした。


最後に、「この映画を皆さんの1人が5人に呼びかけて下さり広がって行けばなあと思います」と仰ってトークショーが終わった。
司会者の女性が「ブログなどで紹介して欲しいので、写真OKです」と言われた。最後にスマホで撮った写真 ↑です。


*ちょっと後悔。
映画パンフレット、原作本、ノベライズの3冊を持参しなかったこと。最後のサイン会の列に並べず(悔)。ひと言、感謝の気持ちをこちらで表したいと思います。

平松監督、元気をもらえる素敵な映画を作って下さり、有難うございました!




★現在の上映館はこちら → http://movie.jorudan.co.jp/cinema/35220/schedule/


e0108126_11162375.jpg
小柄で清楚な姿は, 道端に咲く白い花のよう...。




私はどうも忙しさが続くと自分を取り戻したいと必死でもがく癖?があるようです。
きっと埋もれたくないと抵抗してるのかも知れません。
もっとお気楽に生きたっていいじゃないのと思うけれど...それが出来ない。
仕事はあとひと息だ、がんばるぞ~109.png



トラックバックURL : https://hanakomama.exblog.jp/tb/28340153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by うりぼうママ at 2019-06-02 00:08 x
「あの日のオルガン」今日観てきたよ。よかったよ〜
私も、みっちゃん先生が河原で石ころを投げながら、けんちゃんに家族の死を伝えるシーンが堪らなく胸を締め付けられたよ。
みっちゃんが大好きなよっちゃん先生も東京大空襲で命を奪われ、リーダーの楓先生も家族を亡くしたように、あの戦争で大切な人を理不尽に奪われることになった人が沢山いたことを絶対に忘れてはいけないと強く思ったしね。エンディングに流れるアンサリーさんの満月の夕がとても心に沁みました。 ps、あの可愛い福地桃子さんは哀川翔の娘さんて知ってた⁈
Commented by hanako_mama at 2019-06-02 16:12
>うりぼうママ、早めに観れて良かった!
若い保母さん達が懸命に子どもを守ろうとしている姿勢に打たれるよね。
自分たちの始めた戦争ではないのに、市民がどんなに苦労しなきゃなのって、ね!
わたしも最後の「満月の夕」が静かに胸に入って来ました。

哀川翔さんのお嬢さんってこと、朝ドラの話題で最近知ってね。
2回目を観たときに、ここでも演じてる~! 驚きでした^^


名前
URL
削除用パスワード
by hanako_mama | 2019-05-26 20:09 | 私の好きなもの | Trackback | Comments(2)

大きい声では言えないが, 小さな声では聞こえない


by ふうちゃん
プロフィールを見る
更新通知を受け取る