人気ブログランキング |

カテゴリ:その他( 165 )

期日前投票日に、「新聞記者」という映画を観に行きました



こないだのお休みは、期日前投票を済ませた後、「新聞記者」という映画を観てきました。


今、話題になっている映画だし、藤井道人さんという(政治にはあまり興味がない、新聞を読まない)32歳の監督さんが、どんな映画を作ったんだろう。そんな好奇心もあって…。
でも観終えて感じたことは(ああ日本でもスピルバーグ監督の『ペンタゴン・ペーパーズ』のような映画を作れたんだ!)という驚きだった。
最近のメディアには国家に忖度して怖くてモノを言えない雰囲気が満ちている(…つつある)と感じていた。なので、失礼ながら、こんな映画が出来たことが意外でもあったし嬉しかった。
🎞映画公式サイト→ こちら。 


政治には関心がなかったと言う藤井監督は、きっと相当な勉強をされて映画作りに入ったのではないだろうか。いっぽうで、若い人たちがこの映画に出てくる最近の世事(特に政治面の)をどれくらい理解できるだろうかと思った。
この映画で、強く印象に残ったシーンがありました。田中哲司演じる内閣参事官が、情報調査室の杉原(松坂桃李)に向かって「この国の民主主義はカタチだけでいいんだ」と言うところ…。あ、やっぱりそれがホンネなのねと妙に納得できたのでしたが。


私が観た映画館は、中高年層の観客が多かった。ニュースを見て新聞を読んでいる人たちが理解して共感する。それだけで良いのか。良いわけがない。ぜひ、若い人たちに観てほしい。
🎞柏キネマ旬報シアターでも上映されるようです 
http://www.kinenote.com/main/kinejun_theater/schedule/



昨日朝、N●Kあさイチに出演した久米宏さんが「国家権力に首根っこを押さえられたメディアがあってはならないんです」と話していた。
それで、国営放送局に向かって恐れ多いこと言っちゃって大丈夫? と思ったんですけどね(笑) 
珍しいところで登場されたので、ブログに書き残したいと思いました。



さて、明日は投票日。
老いも若きも、選挙に行きましょう。👩‍👩‍👧‍👧 





ちょっとお出かけの家人から お土産~🍺
e0108126_15134906.jpg





by hanako_mama | 2019-07-20 19:52 | その他 | Trackback | Comments(2)

10連休のあとは・・

今が仕事の一番忙しい時です。でもちょっと一息つきたいところでもあります。
今日は、家で内職(名簿管理ソフトのマニュアル修正)などして真面目に過ごしました(笑)。
関東地方は雨風ともに強かったです。

連休のあと、母の日の前日に、あの芝滑りに興じた孫たちのひいおばあちゃんが亡くなりました。93歳ということで私の母と同い年でした。
天国から曾孫たちを見守ってくださいね。

e0108126_20141877.jpg
ジャスミン新芽

10連休の芝滑りの後は、おやじクイジーンの会もありました。

その日はじめて、メンバー全員の年齢がわかって愉快なエピソードも聞けたし^^
写真を撮ってありますので、折りをみてアップすることに...。

e0108126_20124596.jpg
やっと伸び始めたアマリリス赤、今年は咲くかな?

つい最近終了した棚卸し集計では、特に目の衰えを感じました。
集計表を読み上げてもらうそばからパソコンに入力する... これは名案と思うのだが20分続けると目の奥がじんじん痛む。もうそういう年齢なんだわね。読み上げの相方と苦笑い。来年は私が読み上げ、若手に入力を頼もう。



e0108126_20142996.jpg
・・・そんな感じでグッタリして家に着く。

ちょうどオーブンから取り出したトマトファルシが出てくる、
納豆オムレツが出てくる。
「作りたいものがあるから料理をする」
主婦の「家事」とはベツモノらしい。
でも、上等な料理は疲れを吹き飛ばしてくれる。
トーさん、これからもよろしくね!




e0108126_20140300.jpg

前にご紹介した映画の上映日が近づいています。

169.png「あの日のオルガン」 上映日は5/25 ~6/7です。

.............................................................................................
【トークショー開催決定!】
『あの日のオルガン』上映初日、平松恵美子監督によるトークショーを開催いたします!

5/25(土)SC②
上映12:30~14:35『あの日のオルガン』
トークショーは上映終了後、約40分を予定
ご登壇者平松恵美子監督
全席指定席、5/18(土)より発券開始!

トークショー終了後にはSC②前にてサイン会の開催も予定しております!
この機会をどうぞお見逃しなく!
......................................................................................


いろいろ書きたいことありますが、今日はこのへんで....
コメント欄は閉じさせてくださいね。


by hanako_mama | 2019-05-21 21:22 | その他 | Trackback

4月が始まって…



e0108126_11575719.jpg

今朝、ベランダ側のカーテンをみてビックリ!
なんと、アマリリスが黙って(笑)こっそり咲きたがっていた。
「おい、ピンクの! 咲こうとしてんな~」 聞こえたかな ^^




こないだ4月になったと思ったらもう15日なんて、早すぎだ~。
入学式が終わって、事務方も俄かに慌ただしくなりました。
ボーっとしちゃいらんないです。
年々歳をとっていくので...。

でも書きたいことがあるときは、更新したいと思っています。
コメント欄はしばらく閉じさせてください。ごめんなさい。。





e0108126_11554521.jpg
↑ 松戸市に4月開校した「市立第一中学校みらい分校」



おととし、松戸自主夜間中学校の開講3,000回記念の公開授業を聴きに行った。
講師:前川喜平さん。「学習しないと自分を守っていけないからこそ学習する、憲法にある学習権の保障です」と熱く語られた。
福島にボランティアで夜間中学の講師として通っていますと仰っていた。
あの日の、「松戸に夜間中学が出来ます」のアレがこれだったか。
ポスターの前でしみじみっとなりました。




e0108126_14043873.jpg


最近、読み終えた『みかづき』にこんな言葉があった。

― 教育は、子どもをコントロールするためにあるんじゃない。
不条理に抗う力、たやすくコントロールされないための力を授けるためにあるんだ...

あっ、前川さんもそれが言いたかったのね。

『みかづき』は600ページ超の長編。
学習塾の生まれた戦後~平成までの「塾業界の変遷」に、ある家族の三世代が関わり奮戦するというもの。TVドラマにもなって、天才的な塾講師 吾郎さん役を高橋一生が微笑ましく演じていましたね。
この本、孫をもつ身となった今になって読むことが出来て良かったとおもう。
何のために勉強するのか、再考することができたから...。




e0108126_15542087.jpg

去年の秋に調律を受けるはずのピアノ。
先日、新しい調律師のかたに音を調整してもらった。
おまけ?に、ペダル3本をピッカピカに磨き上げた後、ショパンのノクターン№2をさわりだけ演奏してくれた。サービスしてくれたのかな(^^)
静かだった部屋に、久しぶりにピカピカなピアノの音が響きました。
しばらくピアノを弾いてなかったので、指がストライキ起こしてました(笑)。






by hanako_mama | 2019-04-14 20:10 | その他 | Trackback

再投稿 『あの日のオルガン』に感動

あの日のオルガン・・・このタイトル、どこか引かれるな~と思ったのはネットだったか、なにか読み物だったのか忘れてしまっていた。
ある朝のテレビが(3月10日)東京大空襲のあった日の関連でこの映画を紹介していた。全国で上映中と聞いてすぐに上映館を探した。何しろ、保母たちが園児たちを連れて集団疎開するって話でしょう、「保母」と「オルガン」という言葉が私を呼んでいる。観に行かなくちゃ。


e0108126_15242594.jpg
戦争末期の東京に戸越保育所という託児所があった。(昭和14年に児童心理学の研究者たちによって創立)
東京の空襲が激しさを増し、小学生が集団疎開をはじめる、親たちはお国の戦力増強、首都防衛で駆り出されていく。幼い子どもは一体どこへ行けばいいのか。保育所が「戦時託児所」として増えてゆく中、子ども達を安全な所に連れて行けないかと模索し始める。親たちの間の葛藤‥ 親のそばに置いてあげないのは可哀想・このまま東京に置くよりも安全な地方に疎開させるべき…。

そこから保母たちの奮闘が始まるんですね。(映画のあらすじは下記の↓ 参照を...)


e0108126_15242912.jpg


私には忘れられないシーンがあります。

東京の大空襲のあと、保母の光枝(みっちゃん)が 健ちゃんという男の子に両親の死を伝える場面です。
みんなが昼寝をしている時間、みっちゃん先生は健ちゃんを河原に連れ出す。
健ちゃんは大好きな先生と2人だけで外出した喜びでいっぱいだ。石投げ遊びが始まった。

「お手伝いしてくれる賢い健ちゃん!」
 ポーンと石を投げる
「は~い!」と言いながら石を投げる

「妹の桃ちゃんを可愛がってた優しい健ちゃん」
「は~い!」
「おねしょもしなくなったお利口の健ちゃん」
「は~い!」
「みっちゃん先生と疎開してきた可愛い健ちゃん」
「は~い!」
「泣かないでお話が聞ける強い健ちゃん」
「は~い!」
これを入力しながらもう涙がじわ~んです。。
みっちゃん先生は、東京の家族がみんな亡くなってしまったと伝えます‥‥。



じつは、みっちゃん先生は同僚の好子先生(よっちゃん)を空襲で亡くし傷心の日々だった。
彼女との思い出の歌「この道」をお寺の教室のオルガンで弾きながら歌うシーンも強烈。


♪この道は~いつか来た道 あゝそうだよ‥‥の一番に続けて、
♪この歌は~あの日の歌 あゝそうだよ いつまでも忘れない歌 …替え歌にしてうたった。


保母たちは幼子を親から離して疎開させたことは正しかったのか、山寺の疎開保育園で悩みもする。
親たちは疎開先の子どもを案じつつ空襲で亡くなっていく。
保母の親だって無事でいられるはずもなく…。

 
何の罪もない人たちをお国のためにと言って見殺しにしていいのだろうか。
なぜ彼女たちや親たちが心を砕き頭を悩ませなければならなかったのか。
日本はなぜあんな戦争をしてしまったのか。
重たくて苦しい、切ない話しではあった。
でも、終戦を迎えて最後に、保育園児と別れの場面、保母たちと子ども達の笑顔が爽やかだった。
唯一救われる思いがした。

*参 照  → 映画「あの日のオルガン」



e0108126_14450958.jpg

この映画には、疎開保育園の主任保母とみっちゃん先生、主演が二人いました。
みっちゃん先生を演じた大原櫻子さんのオルガンの腕前にビックリ。
ミュージシャンの彼女は、オルガンの練習を熱心にされたそうだ。
なるほど。納得の伴奏で子ども達が楽しそうに歌っていたわけね。
プロデューサーの李氏のノートによれば、オルガンはヤマハ㈱から借りた。
約90年前のオルガンを音が出るように修復してもらった、とのこと。



168.png映画化の試みは1976年から3度あった。約40年の月日を経て様々な経緯、ご縁にも恵まれ映画化にたどりついた。市民プロデューサーという名で映画製作への参加を求め、全国で70を超える団体や個人が参加。疎開保育園の実話を伝える意義を感じて沢山の人たちが賛同してくれたことが嬉しかった―。   引用:プロデューサー李鳳宇氏(パッチギ、フラガールなどを手掛けた)のプロダクションノートから


e0108126_15153639.jpg
今日、墓参に出かける途中に元保母のUさんからメール着信、銀座で映画を観たがもう少しで終了みたい。
それを読んだ私、あちゃー記事に何もメモを付けてなかった!
柏のキネマ旬報シアターで5月末から2週間上映されるよと返信した。よろしくね!



e0108126_15195798.jpg


by hanako_mama | 2019-03-19 22:07 | その他 | Trackback | Comments(0)

あけましてが終わってから(^^)

お久しぶり過ぎでした~! 
あけまして(後編)が書けないうちに1月が終わっちゃいますね。今年は、3日のライスボウルin東京ドームをパス、専らテレビでNFL観戦でした。アメフトって、社会人と学生チームの体格差が大きくて対戦は無茶じゃない?と思える。観ていて危なっかしさを感じますもん。大相撲では横綱白鵬が今日から休場だというし、玉鷲かなあ優勝は・・とか、応援している貴景勝も今場所ガンバレば、来場所あたり大関のかたちが見えるんじゃないかな~とか。スポーツ観戦趣味の私には堪らない時季です。




私はと言えば、正月明けの初出勤の日の脳は恐ろしくスローテンポな動き。たった六日の休みでこれじゃ仕事になんないよ。ガックリ...122.png ウヒャ~とかドヒャ~とか奇声を発し続けた1月でした。言い訳になりますが時系列に連ねてみます。

e0108126_10185555.jpg
昨日、はな宅を訪ねて最後のお年玉を配達した。
はなが名付けたはなこ。「ウーモっていうのよ♪」



店は初売りの日から学生服採寸の小学生が数人あったという。
年々、子供連れの「父親」が増えていると聞くと時代は変わったねと思う。
なんて思っているうちに頭がギアを入れ替えたらしい。数日して勘が戻った。

歳はとりたくないけれど、こればかりは抗えない。つくづくそう思う。



e0108126_10191794.jpg
そうこうしている内に、19~20日の日本のうたごえ祭典へのレッスンが始まる。
正月はピアノを弾かずにいたので、左肩、腕は調子が良かった。
(それってどうよ?)
(ダメやろ。)
1週間前のレッスンでは、コーラスの面々からクッシー頑張って!のエールをもらった。
ウルウルしながら会場をあとにしたっけ。

祭典の様子は、折りをみて紹介することにしますね。



e0108126_10291448.jpg
:卒業式用レンタルスーツの予約服が増えてゆく
:小学校入学に向けたチラシ(自社製^^)
:会計事務所からの新しいデスクマットを敷いてカシャした。


ちょうど川崎の祭典を終えて帰宅(この日は鑑賞のみ)した所に、会社から電話が入る。社長が体調くずして入院の一報が...。容態の詳細不明だがメールは可能ということで、連絡をとりつつ翌日の合唱発表会を迎えた。メールでは元気そうなので安心する、却ってその「事件」が演奏への集中を高めてくれたのが不思議でもあった。
幸い今は退院して多忙な仕事再開を待つ身の社長だが、私は意外にも社長のことを知らずにいた事に気付かされた。(それはお互いにかも知れないけれど・・)
社長不在で、小学校の入学説明会向けのパンフレットを印刷した。カラープリンタって案外簡単にカラー刷りが出来るんだ!新鮮な感激(^^)




e0108126_10220008.jpg
正月に帰省先の静岡で、従兄弟たちとアラタ&ジュンジュン。



又また、そうこうしていた早朝(笑)アラタ発熱の報が入る。
急な発熱なので仕事のやり繰りが付かないのだと理解するが、今日は年金事務所の予約ありで午後になるかも~と応答。その予定で出かけたが相談が終わるころ、人手があったので休暇が取れたメール。…そっかぁ 私もここでひと息つけるぞ。これで明日からの充電ができる。
翌日、会計事務所の若先生がみえて久々に歓談する。デスクマットはその時にお年賀で頂いた。




e0108126_10210356.jpg


去年の秋に「名もなき家事」という言葉を知った。
私たちの年代では当たり前のように熟(こな)してきた名もなき家事、私の父が黙々として行っていた「家事の下働き」のことだ。掃除も洗濯も買い物も炊事も、誰かがその「名の付く家事」の下働きのようなものを飽きることなく進めないと家は回らない。回してきた父を想った。・・・ここで私の思考が停まってしまった。
夫の定年後、名もなき家事を嫌がらないだろうか、息子たちは妻たちの名もなき家事を見て見ぬふりしてないだろうか。もしかしたら私は(嫌な顔されるなら自分がした方が早い!)と済ませていやしなかったか。反省と後悔ばかりが残るこの冬だった。なんだか言葉足らずで、うまく書けません。

上の写真は、サーモンのレアカツ、ししゃものアヒージョ。(家人作)
ある日、仕事中に「今夜のメニュー決定」のラインが入る。
おっ、いいね!刺身用サーモンどうしたものか考え中だった。「ししゃもを焼いといてと頼むとこだったのよ~。」

『献立を考える』これっだって立派な「名もなき家事」ですよね? 
おまけに、こしらえる事も付いて(笑)





e0108126_10192822.jpg

頂いた年賀状には、切手シートの当たりが3枚ありました!
今年の年越しは全員集合が成らず、それぞれの家族と過ごした正月でした。
それはそれで、じっくりと過ごせたような気がしています。
孫たちの成長には驚くこと多かったです。またの機会に・・・。
別称:お年玉保管所となったピアノの上は昨日で綺麗になりました171.png

.........................................................................................
インフルエンザが猛威をふるっていますね。アラタ弟もとうとう順番で罹ったようです。
皆さんも、小まめな手洗い・マスク着用で咽喉乾燥防止・室内乾燥注意などなど、くれぐれも感染なさらぬように心がけてくださいね。


↓ 友人宅の黄粉さん
e0108126_15283248.jpg

by hanako_mama | 2019-01-26 15:31 | その他 | Trackback | Comments(4)

2018年の年おさめ

しあさってにはもう新年だなんて、早いものですね、一年って。こんなこと毎年ここに書いてる気がします。そして、今年もやっぱり色々あってアタフタしながら暮らしてきたような気がします。
みなさんは、どんな一年でしたか? 

e0108126_20424498.jpg
パートさん宅の庭で採れた大葉とミカン


今年の思い出のなかで、一番こころに残るものは何だろう。
アップした記事のダントツは、やはり孫の話題でした。続いて家人の趣味の料理の話題でしょう。
でも、自分の心のなかに深く残る出来事もありました。


e0108126_15585197.jpg
年末なので、妹と特養の母の部屋飾りをXmasから新春バージョンに替えた。(こういう設定が得意の妹に頼ってね^^)
職員の方が立ち寄って「素敵になりましたね!」
母のベッドの横に下がった白いツリーは、父が80代半ばころに作ったようで…荷造り用の固いバンドを折りながら編んでいく…その手順やらが理解できなくなった母がいつも傍で作るのを見ていたそうです。今では何もわからなくなった母だけど、お父ちゃんが見守ってくれてるね。写真を貼ったボードには、10年くらい前の父と母が並んでいて...。お父ちゃんのこと、大好きなんだもんね。



e0108126_11055238.jpg
職場の近くの理髪店(店じまいの最中)

 
シャンプーのとき、首を後ろに曲げるのが辛くなって、美容院から理容室(床屋さん)に替えた。10月半ば、仕事帰りに立ち寄った駅前の床屋で「思い切り短くカットしてほしい」と言い「白髪が目立ってもかまわないので」と。女性の理髪師さんがバッサリ切ってくれた、グレイヘア・デビューの日だった。年末に一度切ってもらおうと広告の携帯に電話をしたら男の人の声が「もう閉店しました」。道理でいつも、駅のホームから見える店内が暗かったのか…。笑顔がほっこりした女性だった。も一度、会いたかったな。
窓ガラスのディスプレイが剥がれていく様子を撮った(涙)。





e0108126_21592411.jpg
図書館の近くの銭湯、その横に大きな柿の木があって
わたしのお気に入りの場所になった


今年秋から通い始めた図書館で、一番こころに残ったのは桐野夏生『ナニカアル』。
戦時中の林芙美子(放浪記)の生きざまを通して戦争の不気味さを感じてしまった。
予約待ちしている本は 榎本憲男『ブルーロータス』。
巡査長 真行寺弘道の初回本が面白かったので期待を込めて...。
12月初旬、予約者6だったのが昨日は2になっていた。
年明けには回ってくるな.... 楽しみです^^。 







e0108126_11054817.jpg
マンションの改修工事は、年の最後に玄関が自動ドアになった。
各階の階段の古いシートが、28日には全て新しいシートに張り替えられた。
気持ちよく新年を迎えたい気持ちになって、家じゅうの壁だのあちこちを
家人と一緒に拭きまくり(笑)
大そうじなんて、引っ越してから初めてだね。



....................................................


こないだ沖縄・辺野古のことを取り上げましたが、
後日、知り合いからの呼びかけで We the People に署名参加。モデルのローラさんがインスタグラムで呼びかけたアレですね。ホワイトハウスに直接請願するサイトですが、覗いてみるとじつに様々な請願があってビックリでした。日本もこんな所を見習えばいいのにねっ177.png

e0108126_22371940.jpg


長くなってしまいそう、なのでこの辺でストップします。
書きたいことがあると、体力・気力のある時に少しずつメモ帳にブログの記事を書き溜め?しています。
今日は写真整理かな~とか、ブロ友さんを覗いてみるかな~とか、ちょっとずつ進めば良いわと。
そんなスタンスで来年も細々と続けてみたいです。

皆さん、どうぞ よいお年をお迎えくださいね。


by hanako_mama | 2018-12-29 22:44 | その他 | Trackback | Comments(2)

幕が外れて冬空みえた


今朝、目が覚めたとき真っ先に陽の光が飛び込んできた
リビングが黄金に輝いている!
e0108126_22053564.jpg

こんな朝を迎えるのはじつに四カ月ぶり...
長かった改修工事もほぼ終わりを迎えるのね。



e0108126_22061396.jpg

酷暑の夏を乗り切った木々たちの姿が見えた

幕が外れて明るくなるね~と言ったら
「うちはいつ外れるかしら?」
同じ階の奥さんがそう言った

皆、待ち焦がれているんだ、薄墨色の幕が下ろされる日を。






e0108126_22055250.jpg


こんな、ぴかぴかに光った町を久しぶりに見た。
光(ひかり)に飢えていた秋だったなあ、と思った。
陽の光が有難い、と思ったのは生まれて初めてかも。



e0108126_22063772.jpg
昨日のベランダ(あしたは家かな?ワクワクだった)




e0108126_22073124.jpg
おとといのベランダ



定点観測みたいでしょ(^^〉
今朝は、あまりの驚きと嬉しさで朝食つくるのあと回し、カメラを抱えました(笑)




by hanako_mama | 2018-12-14 22:34 | その他 | Trackback | Comments(0)

師走入り

あっという間に一年が終わってしまいますね、もう師走です。
毎日が日曜日の家人は、一日のルーチン、週のルーチンが定まりつつあるかな?
それに伴い、私のルーチンを探るべく生活の見直しをしているところ...。
すっかりご無沙汰しておりました。
頚椎MRIの結果もでて(10年前の診断と同じ頚椎狭窄症)処方された薬が合わず様子見となりました。狭窄が起きて10年も経った今頃になって、痺れや疼痛が現れるって、なんて切ないんでしょ。



e0108126_21322856.jpg
毎年、十月末にピアノ調律を頼んでいる調律師のIさんが急遽入院、
わたしのピアノは低音が緩んできた。
誰か別の方を紹介しますと言われてはいるけど…
二十歳のころからの付き合いのIさんだもの、ねえ..

なんだかヤル気が起こらず前にも進めずにいました。

が、




e0108126_16011462.jpg

きのうの晩は会社の忘年会でした。40代~60代のパートさん達と「爆笑忘年会」、紅白のワインですっかり酔いが回ってしまって。でも電車に乗ってちゃんと家にたどり着きました(笑)様々なキャラを揃えたパート女子ノリノリの熱気に圧倒されました。写真は、友人が送ってくれた東京のツリーなど。

左: ペニンシュラホテルのツリー
中央上下: 自宅と職場の最寄り駅のイルミネーション   
右: 目黒雅叙園のツリー


その友人からの季節のご挨拶  いつもご馳走さまです♪

e0108126_21321929.jpg



で、こちらの写真。

e0108126_16012755.jpg
可愛いお嬢さんでしょう?
えっ どこの子? 
うちの孫ではありません110.png
動物好きの友人の娘さん、ご幼少のみぎりの写真なんです。
○○ちゃんは赤ちゃんの時に、インコと共に大きくなりました~(^^)
これを頂いた瞬間、うわ~可愛い~!! 叫ばずにいられなかった。
ネコちゃん達の写真など、いつも嬉しい写真を有難うございます162.png 





e0108126_16020531.jpg

11月末にウォーキングで東漸寺に立ち寄った時、モミジは5割ほどが紅く染まってグラデーションが美しかった。





by hanako_mama | 2018-12-04 22:40 | その他 | Trackback | Comments(2)

もう11月も6日過ぎて...

ここのところ、時間のあるときにはパソコンの調子が絶不調でイライラ。。更新する気持ちが削がれるってもんですね。そろそろお払い箱かなあ...でも新しいの買う勇気ないしなあ...でも、ある日突然パンクするのも怖いよね...。グズグズしている時は嫌なことも同時進行するらしく、首や膝も文句いい始めて又々整形外科通い。なんだか気分が上向きになれずに1週間が過ぎました。そういうお年頃なんですね。じっくり歩いて行くしかありません。



11月は霜月とも言いますが、2469士(にしむくさむらい)小の月…と学校で習ったなあ。この月が終わると師走。一年なんて早いものですね。

e0108126_15220374.jpg

11月に入ってカレンダーをめくった時、初めて出会う世界に見入ってしまった。
【ミャオ族の歓迎式;貴州省 
 貴州省には中国の苗族の約半数が住んでいる。西江千戸苗寨などでは哀愁ある歌と水牛の角の酒器に入れた酒で大歓迎してくれる。立派な大きな銀の冠をかぶり、 繊細な手刺繍、美しいろうけつ染の民族衣装をまとった女性たちが踊り、男性は蘆笙(ロショウ)を吹き鳴らす。旅人はみな見惚れてしまう。日中友好協会カレンダー】

中国少数民族の苗族のことは殆ど知らない。小さく写る子供たちが伝統文化を担っていくんだろうか。「スマホを持つことも出来るようになった」という世界の片隅で...。






e0108126_15225248.jpg
e0108126_15224735.jpg

マンションの親父メシ仲間から頂いた新潟コシヒカリの新米は、とびきり美味しかった。
お好み焼き会のとき「お米を食べない代わりに肉を食べる」と言った家人だ。
お米も美味いもんですよ!と伝えたかったのだと思う。
卵かけ納豆ご飯にして頂いた。懐かしい味を思い出した。









e0108126_15244807.jpg
ブロ友さんから父さんに退職祝いのビールを頂いた。
我が家の晩酌はもっぱら第3のビールである。
父さんの顔がほころんだのは言うまでもない、あ、わたしの顔も(笑)
お心遣いに感謝です。







e0108126_15253270.jpg
子育て応援団の先輩から、とってもチャーミングなポーチを頂いた。
孫娘たちに、手縫いでチクチクして下さった。
下のネコアップリケは、ブログ右上の「ネオ♂」の笑顔(^^)
ポーチ=移動ポケットとも言うそうですね。
ドラえもんのどこでも△△みたいで可愛いです。
有難うございました!






e0108126_15242877.jpg

この1週間の嬉しかったことを上げてみました。

つい先日は、神保町の古本まつりにも出かけました。また先月末には昔の楽器屋仲間との七夕会も...。それから、戦時中に殺生は罪悪と説いた住職を描いた「明日へ」という映画に感銘をうけました。
またパソコンのご機嫌よい時をみはからって更新したいと思います。



by hanako_mama | 2018-11-06 21:49 | その他 | Trackback | Comments(4)

無事だった札幌のIさん


北海道のIさんはお元気でした!
友からの連絡待ちだけでいいの? 自問自答しつつ、何か手だてを考えて次の一歩を踏みださなくちゃ。安否確認をとれる先を自分で探そうから始まった。このままでは「心配事」が足かせになってしまう。どこかで線引きしよう。

幾つか確認先をネットで調べて書き出してから、まずはIさん宅に電話をする。長い呼び出し音が続いて諦めようと思ったとき「はい・・」の声が。息子さんかな、すぐにお母さんに代わってくれた。そして、幸い被害には遭わず、自宅で何とか暮らせる状態であること、体調もマズマズであることを確認。ほんとに良かったね!を何度言ったことか。もう四十数年も経つんだね~、長いあいだ年賀状をありがとうねと仰った。
来月、上京されるとのことだった。都合が合えば懐かしい人に会いに行こうかなとおもう。

e0108126_06180791.jpg
金のなる木、新芽にくっつけたのは50円玉ではなく5円玉だった。
今ごろ気づいて、、、ご縁があるのね。



by hanako_mama | 2018-09-10 10:12 | その他 | Trackback | Comments(0)

大きい声では言えないが, 小さな声では聞こえない


by ふうちゃん
プロフィールを見る
更新通知を受け取る