カテゴリ:その他( 156 )

無事だった札幌のIさん


北海道のIさんはお元気でした!
友からの連絡待ちだけでいいの? 自問自答しつつ、何か手だてを考えて次の一歩を踏みださなくちゃ。安否確認をとれる先を自分で探そうから始まった。このままでは「心配事」が足かせになってしまう。どこかで線引きしよう。

幾つか確認先をネットで調べて書き出してから、まずはIさん宅に電話をする。長い呼び出し音が続いて諦めようと思ったとき「はい・・」の声が。息子さんかな、すぐにお母さんに代わってくれた。そして、幸い被害には遭わず、自宅で何とか暮らせる状態であること、体調もマズマズであることを確認。ほんとに良かったね!を何度言ったことか。もう四十数年も経つんだね~、長いあいだ年賀状をありがとうねと仰った。
来月、上京されるとのことだった。都合が合えば懐かしい人に会いに行こうかなとおもう。

e0108126_06180791.jpg
金のなる木、新芽にくっつけたのは50円玉ではなく5円玉だった。
今ごろ気づいて、、、ご縁があるのね。



by hanako_mama | 2018-09-10 10:12 | その他 | Trackback | Comments(0)

気がかりです。

北海道の地震があった日は、朝に近い3時ちょい過ぎに目が覚めてからあと眠れずにいて...。明け方、スマホのNewsタイトルに北海道で大きな地震があったことを知りました。あら偶然その時刻に起きたんだわ、それからは札幌市に住む知人のことが頭から離れない。電話を掛けてみようか。一日迷って昨夕掛けるも不通である。こういう時、どうしてもイヤな想像に向かってしまう。昔からの友人になにか情報が入っているか確認。来月○○さんを囲む会を開くことになっているから何かあれば連絡が入る、その前に安否がわかれば連絡するということで連絡待ちの状態です。母と同じ年齢なので心配です。無事で避難所にいてくれればと祈るのみ。




e0108126_07010595.jpg









by hanako_mama | 2018-09-09 07:03 | その他 | Trackback | Comments(0)

9月に入った!


とうとう、ついに、やっと8月が終わった。終わってくれたよありがとね!
タイトルを拡大文字にしたいくらいです(笑)


e0108126_06241712.jpg
昨日は友人が「もぎたての梨:豊水」を届けてくれた。
この写真の3倍はあってさぞ重たかったろうに…。職場に2/3をおすそ分けした。
梨は夏でも穫れるけど実りの秋という言葉にピッタリな気がする。ご馳走さまでしたっ!!162.png







e0108126_06242119.jpg

夕方になって、ブロ友さんから涼しい写真がとどく。
東京駅の打ち水の様子だという。
生誕100年 いわさきちひろ展がステーションギャラリー(9/9まで)を鑑賞に行かれたんですね。
わたしも平日のどこかで観に行ってこよう。
ちひろに色んなこと、尋ねて来ようとおもいます。




e0108126_06242629.jpg

8月下旬から大規模修繕に取り掛かって、毎日、住人への細かな指示チラシが配布される。きょうは洗濯物をベランダに干して良いのかな?とか…。
足場を組む若いおニイチャン達の話し声が聞こえてくる。ここの住民は時にドキドキ・はらはらしながらも半年間、彼らの会話を楽しむことになるのかな(^^)

知覧のことは記事にならずにいますが、父を通してたくさんのことを考える機会が持てたことに感謝します。
今日は、義母の命日、千葉の墓参に行ってきます。




by hanako_mama | 2018-09-01 06:55 | その他 | Trackback | Comments(4)

海原さんの「他人のために生きた人々の記憶」に共感!

ひとの身体が暑さ寒さに慣れるのは一月くらいかかると言われてますね。
でも今年の夏ばかりは、「慣れる」なんてとても出来ない。明日からは幾分涼しくなると予報は言ったけれど、それが当たりでありますように...。
日曜日の新聞で海原純子さんが書かれたコラムを読んだ。慌ただしい暮らしのなかにも、忘れてはならない方たちが在ったことを思い出しました。そのまま転載します。




他人のために生きた人々の記憶

支援には四つの種類があるといわれている。
物資や金銭という直接支援、正確な情報による支援、共感という支援、あの人がいるから何かをしてくれるという「援助への期待」という支援だ。
今、豪雨にのまれた岡山県倉敷市に住む知人が、真偽が不明なさまざまな情報で不安になり心を痛めている。真備地区に泥棒が出没しているという情報で警察は現在の時点で事実を把握していないとのことだが、その情報自体にも疑心暗鬼になっている様子がある。周囲の人々や情報が信じられないということは大変な状況だ。

e0108126_16360306.jpg

ハーバード大学のイチロー・カワチ教授の調査で、「ほとんどの人はチャンスがあれば自分を利用しようとする」と考えている人は死亡率が高い。また、周囲の市民同士の信頼関係が悪くなるほど健康状態が悪いと答える人の割合が高くなるというデータもある。

e0108126_16362546.jpg

信頼関係は、目にみえない。しかし、それは人を支え生きる力となる。
東日本大震災の被災地で私たちが行った調査で、「たとえ津波で転居というストレスにさらされても周囲の人々とのつながりを強くもつ方たちの生活満足感は低下しない」というものがある。つながりや信頼感は、それがあるというだけで心の栄養となるのだ。
私たちの社会がこうした目にみえない宝物を失いつつあるという危機感を感じている。

e0108126_16363253.jpg

つながりや信頼感は、ワールドカップやオリンピックといった楽しくうきうきしたイベントだけでなく、苦しくつらい時こそ必要だのだと思う。信頼関係の目減りは、昨今の政治家への信頼低下とかかわりがない、とは言い切れない。国を指導するという立場にある人々の不誠実さはそこに住む人々への影響をもつだろう。不誠実さを見聞きして怒りを感じるのは当然だが、そうした不誠実さに染まったり、慣れたり、あきらめたりすることなく、つながりをつくり、言葉だけ、うわべだけではない支援をどうしたらできるかと考えたりする。

e0108126_16360835.jpg

そんな時、私が思いうかべるのは、他人を助けるために自分の命をささげた人々の姿だ。
その方たちは、時が過ぎれば、テレビも新聞もとりあげなくなる。でも絶対に忘れられない方たちだ。10年前、高速バスを運転中に、対向車線を走行中の大型車が事故をおこし、はずれた車輪がバスのフロントガラスを直撃。その直撃をうけながら運転手さんはブレーキをふみつづけ亡くなったが乗客たちは助かった。
東日本大震災では津波情報をよびかけて住民の避難を誘導して亡くなった市町村の職員の方々。そして、つい先日の新幹線の走行中に、女性を助けようとして、刃物を複数もった男と争い命をおとした会社員の男性。みな人のために生ききった方々だ。


人の生き方に人は影響をうける。
不誠実さの横行する社会にこうした方たちの生き方を思いうかべる機会がほしい。



毎日新聞 新・心のサプリより  海原純子さん(心療内科医)

**写真は友人宅のわんにゃんをお借りしました。




by hanako_mama | 2018-07-24 16:57 | その他 | Trackback

まったくホントに暑いんだにゃ~! 





e0108126_13542636.jpg

友だちんちの虎丸くん。やっと眠れるかと思ったのに~

e0108126_13552705.jpg

 こんなに暑くちゃ おちおち寝てらんねえ....

みなさんも熱中症にお気をつけて下さいましね。





by hanako_mama | 2018-07-17 22:34 | その他 | Trackback | Comments(0)

紫蘇味噌 クルミ入り


異常な暑さが続きます。水分・塩分補給しながら生きているって感じでしょうか。今日は特養の母のところに、8月から使う後期高齢者医療被保険者証などを届けました。食事(ゼリー食)が徐々に摂りづらくなってきました。夏物衣類などの補充しに妹と衣料店に立ち寄りました。

...............................................................

今日はおやじクイジーンから横みちにそれて、大葉(青紫蘇)で作った味噌をご紹介します。

紫蘇味噌クルミ入り


e0108126_20504516.jpg
冷奴にトッピング、紫蘇味噌

材 料:

大葉   20枚
ゴマ油  大1
酒    大1
砂糖   小 2~3
みりん  大1
味噌   大2 
すりゴマ 大2
クルミ  7~8個
七味   適宜(好みの量)     
       

↓ 大葉とクルミのほかを合わせておく
e0108126_16421684.jpg



e0108126_16430440.jpg

クルミは細かく砕く ↑


大葉をみじん切りして、クルミと一緒に炒める・・ゴマ油で。


e0108126_16440464.jpg




炒め合わせたもの ↓
e0108126_16443494.jpg



e0108126_16433406.jpg


今回は、大葉を70枚使いました。
上の材料を一回分として、三回に分けて作りました。

「温かいご飯にのせたり、おにぎりの中に入れたり、冷奴にトッピングしたりすると美味しいよ。」
大葉を分けて下さった友人が言ったとおり、紫蘇の風味が口の中にふわ~っと広がって・・・。
いかにも夏らしい贅沢な味わいです。

最初はほんの少しの紫蘇の葉だったけど、種が飛んでくれたお陰で庭中に紫蘇の葉が広がったとのこと。

「自然の恵みに感謝!」
同感です。ありがとうございました!







by hanako_mama | 2018-07-14 21:10 | その他 | Trackback | Comments(4)

45周年コンサートをふり返る

関東も早や梅雨明けして猛暑日続きです。ブログに上げていないものが幾つか溜まってしまいました。アジサイの女子会のこと、コンサートのこと。もう明日は7月ということでコンサートから行きたいと思います。



ことしのコンサートは45周年というだけあって充実した内容だった。
最後の演奏曲まで出番のない私は、1部を少しだけ撮影した。
2部の写真は、孫たちのママ、妹、ジージが撮った写真です。


1部
e0108126_13051110.jpg

♪ミニミニ劇場

「にんじんさん・だいこんさん・ごぼうさん」
お風呂にいきましょう・・ ゆ 暖簾の文字の意味わかったかな?
日頃から、園児の指導を熱心に行っていた面々ですもん、
こういった寸劇?はお手の物なのだ 102.png




e0108126_13080334.jpg

45周年記念合唱構成 [思い出の詩にのせて]

サークル立ち上げから現在までの思い出をたどりました。
プロジェクターで映し出される写真には、たくさんの可愛らしい園児の姿が…
沖縄や長崎の祭典に行ったときの集合写真もあった。
長崎の平和公園での集合写真に、花子ママが…。
スクリーンのまえで、創作曲を歌い、思い出を語りました。
みんな若かったんだね~、あなたもでしょ!って言われそう 笑






2部
e0108126_13072674.jpg

2部は花笠踊りでスタート。

みんなで歌おう・・・ 会場の子供たちが舞台にあがる。
ここで ♪虹 を歌ったんですね。
花子ママの孫たちも張り切って歌いました。
もっとたくさん子供たちを舞台に誘えば良かったのに、、と思う。





e0108126_13065198.jpg

マリンバ演奏 高津和泉さん、ピアノ伴奏 鶴見英子さん
トルコ行進曲、となりのトトロメドレーを演奏された。
楽屋のモニターで ウットリ鑑賞した。





e0108126_13065737.jpg

いよいよ最後の演奏曲発表となった。
新入りさんも含めて17名のコーラス、これはきっと「かぜのでんわ」のとき撮られたかな?
東日本大震災のあと、岩手県大槌町に設置された風の電話ボックスをモデルに、
いもとようこさんの絵本が生まれました。
絵本よみきかせ参照ください→ YouTube かぜのでんわ

スピッツの「空も飛べるはず」にもチャレンジした。
伴奏譜面どおりに弾かなくても良い、けれど歌をよく知らないとアレンジも湧いて来ない。
ローズ、ONEなど昔も演奏した曲はそこそこの出来だったかな?



e0108126_13064671.jpg

楽屋で....

今年はプログラム半分以上を他のサークルの伴奏者に弾いてもらった。
去年秋のステージでのラクナ梗塞のトラウマがあった。
4ヶ月もピアノに向き合えず悶々と、
正月に孫たちとピアノ遊びをしたことで少しづつピアノに戻れた。

そんな話しや、ピアニストの悩みを話せる相手でもある。
今、彼女は甘酒作りにハマっていて身体に良いよと勧められた。
親の介護をしながらの伴奏活動は苦労も絶えないことだろう。

写真のメガネは、ツルの白い部分で顔にフィットさせるそうだ。
ピアノを弾くときも違和感ないらしい。
次のメガネ作るときの参考にしようかな164.png


e0108126_13071676.jpg


ステージを終えて

楽屋をでた所で、ブロ友さんに会えるはず。
私は初対面だしわかるかな~?
Wさんはステージで顔を確認してくれてるから心配ないか。
そしてついに御対面!! 笑顔でこっち見てる女性を見つけた。

わざわざ、玄米食パンを焼いて持参して下さった(感激!)
帰宅してから、袋の中に京都のお土産も見つけビックリ。…痛み入ります。
さっそく、ブログにも記事を上げて下さった。

いろいろと有難うございました!
ブログの縁、なかなか良いもんですね。



e0108126_13070224.jpg

これを撮ってくれたのは、ママ達の誰かかな?
翌日がお仕事ということで、今年は打ち上げを失礼して孫たちと会場を後にした。
ことしは45周年記念ということで、チカラの入れようが半端ないコンサートだったなぁ。
今になって振り返れば、痛感するのはそこのところか…。
 
コンサートが終わって2週間たち、やっと記事にできました~!







by hanako_mama | 2018-06-30 17:13 | その他 | Trackback | Comments(2)

卵ドロボーと間違われて6月入り。


きのう夕方のこと、会社近くの郵便局にいく途中、怖い目に遭った。
事務所に戻っても興奮がおさまらず、妹&夫にLINE報告。
「さっき◯◯郵便局に行く途中、カラスに襲われた!怖かった~。。」
「コッワ~~💧💧」
このあと ↓ こんなふうに続き、夢こそ見なかったが頭頂部がウズウズ痛んで気味悪かった。
e0108126_08173877.jpg





  



 

 




今朝になってゾクッとした。
通行人が誰もいない路地で、電線にとまるカラスが急降下して後ろから髪をわしづかみ。
もしあのとき、驚いて腰を抜かしてすってんころりん、骨を折るとか肩や腕を傷めたら、、、。
そう思ったらまた背中がゾクゾクしてきた。

トーさん「そのカラス、かつら頭の人を襲ったことあるのかも。その反応に味をしめたんだぞ。」とか面白半分に冷やかしてくれる。
今日も郵便局に行くので、日傘をさしてイザというときは応戦することにしよう(冗談)
6月入りのタイトルがオッカナイものになりましたが、これは
夫からの「卵ドロボーと間違われた..」 ← LINEの返答にしました。



by hanako_mama | 2018-06-01 08:47 | その他 | Trackback | Comments(0)

朝鮮にいる花子ちゃんへ

小学生のころ、花子ちゃんという仲良しがいました。(ブログの花子は柴犬でしたが)
実家(茨城)の町に「朝鮮部落」というのがあって、父がその部落の人たちと懇意にしていた。
たしか、お父さんが鉄屑集めをしていて、夕方になるとわが家にやって来たなあ。
七輪でモツを焼いたニンニクの匂いが、家中に充満していたっけ。
父と二人、うまそうに焼酎を飲んでいたなあ・・・とか、
朝鮮人と言われても淡々と(と見えていた)していた花子ちゃんが大好きだった。
そんな記憶がよみがえった昨晩でした。

休戦中の北と南の朝鮮半島が、ほんとうに今年中に終戦を迎えることが出来たらいいね、花子ちゃん。





by hanako_mama | 2018-04-28 09:39 | その他 | Trackback

「朝日新聞」デジタルから


桜も終わりハナミズキが咲き、道々の草花たちに逞しさを感じ始めた今日このごろ。
そうそう!!! アマリリスのことを思い出しました(恥)
わが家のアマリリスは今年の極寒をベランダで過ごしました。

e0108126_10032184.jpg

初めての株分けをして、一晩、室内で寝かせ?ての翌々日のこと、
花芽が付いてるのを発見(写真 2枚め)
本日の様子はご覧のとおり(写真3枚め)
アマリリスが呆れながらも オカン、アリガトって言ってるような気がします。



e0108126_10032889.jpg

e0108126_10033565.jpg


今朝、朝日新聞デジタルの中にこんな記事がありました。
『被爆地から平和願い J1広島・長崎、初のピースマッチ』
巷ではセクハラだ、北朝鮮だと盛り上がる中、こんな流れも起きているんですね。

フェイスブックでも賛同しましたが、こちらでもご紹介を...。
(今年から応援する長崎Vファーレンの名前が、オランダ語のvrede【平和】から造られたと知ってなるほどネと納得!)



被爆地から平和願い
by hanako_mama | 2018-04-22 10:49 | その他 | Trackback | Comments(2)