人気ブログランキング |

<   2009年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

すかっしゃれ、すかっしゃれ~


狂言を見に(聴きに)行って来ました。「すかっしゃれ」というのは、泣く子をあやすという意味で、鬼の継子(ままこ)という演目にでてくる言葉。覚えたてにつき使ってみたかったのでござりまする~。

二十歳くらいの頃、先輩に連れられて薪能(たきぎのう)を見に行ったことがあるが、狂言の生の舞台をみるのは初めて。テレビの正月番組で「三番叟」を解説つきで見たぐらい。
「日本の伝統文化:狂言」の見方など身につけておらぬ私に理解できるんだろうか・・・。

百聞は一見にしかず。006.gif
e0108126_20192533.jpg

それは取り越し苦労というものでした。番組の解説というのが演目披露のまえにあり、演者の一人の方が本日の演目内容のあらまし、狂言特有の語句の中身まで丁寧に解説してくれる。

その解説をしっかり頭にいれた後、番組が始まる。← この(番組)って言い方、プログラムで発見、面白い。
今回の演目は 鬼の継子、寝音曲(ねおんぎょく)、骨皮の三話。

なかでも寝音曲に登場した野村萬斎さんに魅了された。
萬斎さんには艶がある。(話しがそれまするが、私は以前、某局朝ドラを見て以来すっかり彼のファンでありまして。一度、お父様の万作さんとの稽古の様子をテレビで拝見し、芸の修業はヤハリ厳しい!と恐れ入ったことがござった。それからずっと頭の隅に「狂言を見に行こう!シール」を貼り付けておいたのでござ~る 。。狂言の言い回しが沁みついちゃったな037.gif



e0108126_2024132.jpg
** 寝音曲、簡単紹介
主人に謡を所望された太郎冠者:たろうかじゃは拒絶したいわけです。
『こう毎回、謡わされてはかなわない』。 で 「酒を飲まねば声が出ない」 とか 「妻の膝枕でないと謡えないよ」 とか言い逃れをします。が、どうしても謡が聞きたい主人は酒を飲ませ膝に寝かせて謡わせることにした。ここのシーンのやり取りがおどけていて実に滑稽。太郎冠者はお酒を何杯も飲み干し、イヤイヤながら主人を妻に見立てて膝を枕に謡をはじめるうちに興に乗って、先に話した言い訳をすっかり忘れてしまう。終いには立ち上がり舞い踊りいながら謡い興じる・・・。
そんなあらすじです。



一話が20分弱の仕立てで、太郎冠者(萬斎さん)と主人の絶妙な間のとり方に息を呑んで見つめる私たち観客、時のたつのも忘れました。
この話しの最後で、太郎冠者が能を狂言小舞にして披露する。そのときの萬斎さんの朗々とした謡の発声、床を踏み鳴らす軽やかな、ときに激しい舞いの足音がシーンとした会場の隅々まで響き渡った。

そのとき思いましたね。
六百年前にこれを見た人たちは、照明もない椅子もない所で、私が今みている同じ出し物を楽しむために集って来ていた。太郎冠者と主人のやり取りにドッと笑い、となりに並ぶ人と顔を見合わせて「うん、うん!」と頷き合っていたのだろう。
そのとき彼らが生きていたのは、どんな世の中だったのだろう、と。そして今宵、彼らが楽しんだ同じ演目を、うふふ可笑しいねと素直に共感している自分がいる。

e0108126_2035196.jpg






<狂言は笑いの芸術である>。どなたかが仰った。同感!でござる。
不謹慎な、とお叱りを受けるやも知れませんが-。ひょっとしてこの舞台のすみに、あのチャールズ・チャップリンがこっそり座っていたとしたら(笑)彼はどういう動きをするだろう?なんてことも想像してみたのです。想像ですよ!


狂言は外国でも公演されて共感の輪が広がっていますと話されたが、なるほどそうかも知れない。素朴で単純で、真っすぐで鋭くて。
時も住む場所も選ばずに大衆のなかに息づいてきた笑いの原点を垣間見る思いがした。
テレビでは「お笑い」が幅を利かせ、およそ「笑い」とはほど遠い世知辛く生きにくい時代である。
だからこそ、望まれるのは「お笑い」ではなく「笑い」なんだよね・・と、真面目に考えさせられた秋の夜長でした。
御仕舞でござる~~060.gif~~~060.gif 
by hanako_mama | 2009-10-31 23:01 | 私の好きなもの | Trackback | Comments(4)

収穫の秋~♪  風船かずら


5月のあたまに種を蒔いて約6ヶ月。
フウセンカズラの収穫時期となりました。いや~夢中になりましたね この子たちに。(笑)
すでにお友達におすそ分けした子も入れると、合計36子(個)ありました。
花子のオヤツになった子達もひょっとしてヒョットしたかもですが(^^) 

e0108126_1848613.jpg
緑色から茶色になっていくんですが・・・・撮影用にグラデーション仕上げにしてみました。



e0108126_1854638.jpg
夏の終わりには、こんな風に茶色掛かってくるんですね。



e0108126_18564847.jpg
風に吹き落された赤ちゃん袋の中には、とっても綺麗な緑色の種が・・・。



e0108126_1859788.jpg
袋をパカンと開けると、この種たちが恥ずかしそうに飛び出してきました。可愛いでしょう? 



e0108126_195560.jpg
丸い鉢のなかに植わっていた4本を抜いて並べてみた、私の背より高かった!



e0108126_197581.jpg
花子も、名残惜しげに同郷の友が去ったあとを覗き込んでいました。






e0108126_19123170.jpg
こんなふうに、抜き取った茎を振り回して「別れを惜しんで」 いました。
花子さん、あなたの愛情 はんぱじゃないね003.gif

このフウセンカズラの種は、元々関東の地で収穫されたものでした。それが関西まで運ばれて、また松戸の地に返り咲きました。私と花子は、この夏、フウセンカズラを堪能しました。
うーん、堪能。いい言葉です。

たくさん生まれた黒い種くん! 今度はどこに行くのかな。
by hanako_mama | 2009-10-28 19:23 | 私の好きなもの | Trackback | Comments(12)

松戸神社 神幸祭

昨夜から今朝にかけて、写真選択 → いざ投稿!のときに投稿記事を消してしまいまして、さきほどまで泣いておりました。007.gif 気を取り直して、一年前に作った写真ブログ(ここは1回のみ投稿して放ってありました。。。)に写真を貼りなおしてみました。fumisan アルバム

e0108126_11115764.jpg





「シシンの記事」って何?と思われた皆さん、お待たせいたしました~!


e0108126_18524140.jpg

シシンは四神と書くんですね。松戸市にある松戸神社で20年前に蔵の中で偶然みつかった神様たちのことだそうで。これがなんと江戸時代に制作された神様なんですと。
この四神は<神幸祭>という祭りに出ることになっていて、その祭りというのが10月18日と決まっているという。が、日曜日でないと氏子さんが参加出来ないってことで、めったにこの目出度い行列にはお目にかかれないわけです。で今年はその縁起の良い年に当たった・・・
なんと11年ぶり!


e0108126_18554697.jpg

私も 「シシン、はて?」と思った一人です。そこで調べてみました。
四つの神様=青龍 白虎 朱雀 玄武 は中国から伝わった東西南北を守る四神信仰だったんですね。

中国の星座の歴史も大変に長く、約3000年前といわれています。古代中国人は北極星を皇帝に、そして天帝の集まる周辺を宮殿を囲う城壁に見立て、紫微垣(しびえん)と称しました。そしてその四方にきらめく星座を皇帝を鎮護する動物、東の青龍、西の白虎、北の玄武、南の朱雀としたのです。

興味のある方はコチラ → 四神舎  



e0108126_18573792.jpg
雨が降ると四神は出ない!? との話しに、朝から空模様が気になる気になる・・・。でもふだんの心がけが良い松戸市民に、天は味方してくれましたね。地元では氏子さん達をはじめ、大勢の市民やアマチュアカメラマンで賑わい祭りを盛り上げました。もちろんワタクシも 僕・鞄持ちとノタマうシェフを従え(笑)出かけてきました。



e0108126_18581246.jpg
11年ぶりということは、稚児行列の子供さん達はまだ生まれていなかったですね。親御さん、ご親戚の皆さんおめかしして本当に嬉しそう.....♪♪




いよいよ行列が繰り出しました、雅楽の音がイイですね~♪






↓ シェフもカメラを頭の上に掲げて、神輿の写真を撮りました。
e0108126_18584767.jpg



e0108126_190179.jpg
アルバムにも載せましたが、この日、お神輿が通る車道のクルマは止められることなく、お巡りさんや町会の係のおじさんが頑張って交通整理してました。ご苦労様でした!



あ、日曜日の晩にyou tubeを投稿した後、ビックリしすぎて笑いが止まらなくなった動画はコチラ。
是非とも載せてくれよ~とシェフ^^ ↓






日が暮れかかって来るとやっぱりこう言いましたね。
「ねぇ イカ焼きとビールはどこで売ってんの?」 言ったヒト?もちろん鞄持ちのお人です(笑)。
近くのもんじゃ焼きの店で、ビールで乾杯! おつかれさま~068.gif

e0108126_1921891.jpg


最近、ちょっと寂しかった松戸の街が久しぶりの「松戸宿」に戻った一日でした。
お目出度い記事につき、わきめも振らずに書いてしまいました。あ、お腹がすいた....012.gif
by hanako_mama | 2009-10-22 19:20 | 観戦 大好き | Trackback | Comments(12)

こんにちは!

午後の仕事場にて。

「あの記事の 『アリさんが泣いてる』 ってさ、どーいう意味? あの地面に落ちた金木犀とどーいうカンケイがあるのか ずうっと考えてたんだけどさ・・・。」
あ・・・アレですか。あれね、あのとき息子が突然そう言い出すので何かな~と暫く考えてみたんです。その晩は庭にコオロギの声がウルサイぐらい鳴いていてね、それで、『あ、この子はコオロギを知らなくて、アリさんが泣いていると思ったんだな!』 と。で 「そうね アリさんが泣いているね」と返事したんだと思う

あ、そーいうこと!なんだか難しく考えちゃって~。きっと読みに行ったヒト、わけ分んなかったかも。 で一件落着。

You tubeの投稿の話しなどするうちに、
「そうそう、日曜日のシシンの記事どうなった?ときどき覗きに行ったけど、まだ金木犀だしさ~。」


先日、ブログを書いている職場の同僚に、 
「ブログが8月末で固まってんね、どうしたの? 何か特別のこと書こうと思うとなかなか進んでいかないから、なんでもない日常を書いていけばイイんじゃないの~」などと偉そうに意見しておきながらです、自分のブログの模様替えをしたらこの雰囲気に馴染んでしまいまして。。。
ナンだかこのまま冬眠してもいいかも....♪ などと実は思ったりしている所・・・・でした。(^^)


次の記事は、日曜日のシシンの写真をたくさん撮ったこと。その晩、動画を you tubeに投稿したのち、撮影助手 シェフに面白~いとこ撮っちゃったよ!と告げた後、笑いが止まらずそのまま朝になってしまい(マサカ)、月曜日は仕事にでかけ~ 火曜日はお風呂に入る~♪ じゃなくて、二胡のお師匠さんとこに出かけ夕方家のポストにピアノ伴奏譜面が届き~ あわててピアノに向かう~♪

そんなわけで、写真の選択ほか諸々片付けて、次の記事に向かっておりますので、今しばらくお待ちくださいませ。あ、デジカメはどんどん撮って後から必要なのを選べばイイんだから!と軽くアドバイスしてくれたシェフ!写真選択は誰がするのかな~?
you tube 投稿のさいは、コメントをよろしくね!037.gif 
by hanako_mama | 2009-10-21 17:59 | その他

金木犀で


そういえば去年は「咲かないよ」 と言われたのに、花がつき香りをはなってくれた時、嬉しくなって記事を投稿していました。ねえ金木犀、いつから皆を喜ばせる準備をしていたの?


この香りのする頃、いつもなぜか思い出す言葉があります。
「お母さん、アリさんが、えーんえーんって泣いてるね。」
長男が3、4歳のころでしょうか、金沢の社宅の庭でコオロギが盛んに鳴いていたんですね。
しばらくして彼の言っている意味が呑み込めて。
「うん、そうね。アリさんがあちこちで泣いてるね・・・。」 

子供の感受性のみずみずしさに脱帽したことがありました。



*金木犀の写真、ほとんどがボヤケていましたけど・・・・。

by hanako_mama | 2009-10-18 19:24 | 家族・健康 | Trackback | Comments(4)

秋の祭り  懐かしい思い出


こちらは出勤途中の公園で出会った光景



「はい並んで~」 の声が聞こえてきた。
ずっと昔の私がいて、ずっと昔の息子達がそこにはいました。懐かしくなって思わず携帯を取り出しました。
by hanako_mama | 2009-10-16 08:02 | 家族・健康 | Trackback | Comments(4)

秋の祭り・・・ 祭りの合い間


秋祭りの真っ最中ですね。
街を歩いているときに出会った<祭り風景>を数枚アップしてみました。


e0108126_9145677.jpg
この神輿、そろそろ修理しないと。 「そーだね、この辺がガタついてんね~」



e0108126_92511100.jpg
 あたしゃ この道五十年なのよ 「あら アタシも!」



e0108126_928886.jpg
 子供達の胸にはケータイが下がっていました。



e0108126_9363463.jpg
親の楽しみ

e0108126_9321550.jpg
彼女の意気込み(笑)


e0108126_941158.jpg
待つ者の楽しみ


e0108126_9471348.jpg
神輿のお休み処

by hanako_mama | 2009-10-16 07:57 | 観戦 大好き | Trackback | Comments(2)

お引越し


e0108126_8151036.jpg


この縁起物の熊手は、私の新しい仕事場の下に開業している居酒屋のお飾りです、ぐふふ。
これまでお団子屋さんの二階にお借りしていた事務所が本日お引越し。

団子屋の二階より居酒屋の二階のほうが、落ち着いて仕事ができるわよね
・・・とはパートさんの温かいお言葉。たぶん深い意味はないものと思われますが(笑)

そうそう階段の入口には焼き鳥屋がくっついているんです、ぐふふ。
花子ママの今後の健闘を健康をお祈りくださいね037.gif
by hanako_mama | 2009-10-14 08:27 | 私の好きなもの | Trackback | Comments(6)

版画美術館に行ってきました


連休の隙間に、東京都町田市にある町田市国際版画美術館に行ってきた。

町田は東京郊外の、まだ自然のたくさん残っているところです。次男が大学時代住んでいたこともあって、親しみを感じる懐かしい街。でも、こんな美術館が・・しかも版画美術館があったなんてちっとも知らなかった。


e0108126_2155142.jpg

ブログで知り合いになった中国人女流画家の方に、美術館周りの公園や館内常設の版画作品を案内していただきました。「是非、紹介したい版画がありますよ!」 まず案内されたのはBach(バッハ)の音楽形式を表現した作品3点。なるほど!カノンだわ 追いかけっこ音楽だ~ 面白い感覚の作家なんだね!と感心しきり。浮世絵版画の入った陳列ケースは、黒い引き幕で覆われていて、大切に保管されていることを感謝しなければいけない。ケースの前では、ボストンに流れた浮世絵の話し。ピカソの版画の1~3刷りまで展示されている作品、1400年代のエッチングなどなど興味深い作品を堪能することが出来た。 


e0108126_218514.jpg



e0108126_21325545.jpg



e0108126_2133136.jpg



e0108126_2134027.jpg



e0108126_21345559.jpg



数年前に偶然再会した高校時代の美術部の先輩(5年先輩)も同行し、彼女のお手製弁当に舌鼓をうった。
料理の得意な先輩は、「前日に試作したものを改良して、今朝頑張って作ってきたの~」

e0108126_21382210.jpg
e0108126_2138437.jpg















*左側 ; ゆで豚と梨の冷製サラダ 
*右側 ; 茄子のフラン (茄子の皮を炒めたのが美味❤) 

茄子のフランは絶品でした
白ワイン所望!残りものに福!とか言いつつグルメシェフへのお土産に。もち、白ワイン付き~069.gif

e0108126_21503937.jpg

この日、私と先輩の版画鑑賞の最大の目玉はこの人。
小野忠重さんの生誕100年を記念してこの美術館に回ってきていました。鑑賞する時間が午前中しかとれなかった私たち、次回は77歳になる美術部顧問の先生を連れてお弁当持って来ようね! S先生、今も相変わらず情熱的な生き方をされてるんでしょうね、花子ママだ?魂に脂肪ついてないかい?なんて言われちゃうかな。でも楽しみがまた一つ増えた美術館行きとなりました。
案内してくださったWさん、どうも有難うございました!


 会場では子供達が版画を楽しんでいました。


by hanako_mama | 2009-10-11 22:24 | 観戦 大好き | Trackback | Comments(6)

ハナコ  ヒナンスル



e0108126_13453392.jpg
R: 花子大丈夫?

私: 家里避難(^_^) ・・・家の中に避難したという意味

R: 家は大丈夫?笑

私: たぶん(汗) 花子と二人なの(笑)

R: 壊れないといいね!

私: アーメン♪♪

(朝方メールをくれた三男とのやりとり。人より家屋の心配をしている現実的内容です:笑)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夜中、台風が通過する雨音が激しくなって「ハッ!」と目が開いた。天気予報だと明日の午前中ぐらいに関東に接近と言ってたけど・・・速度を上げてもうこっちに来たのか。時計を見ると三時!やっぱり今夜中に花子を玄関に入れておくべきだったのね、なんて後悔している暇はない。大慌てで花子の小屋を覗くと、雨に吹き付けられた花子が小屋の中に呆然としていた。あーごめんね!

外は横なぐりの雨で、玄関まで連れて行くまでにびしょぬれになってしまう。このまま部屋に上げてしまおう。
「花子、来い!上って来い!」と大声で叫ぶのだが、耳の遠くなっている彼女に私の声が届かない。私は裸足で下におりて彼女を抱え上げた。花子も私の必死な様子になんとか協力しようとして家の中に入ろうとする。しばらくバタバタして漸く引きあげた、と思ったら畳の上に新聞紙を敷くのを忘れている・・・あらら花子は泥足でふらふらと歩き回っているよ、じっとしててよ!と言いつつ新聞紙を敷くわ、泥を拭くわで私の目は完全に覚めていた。今日はお休みをもらっているから、朝寝をしようね花子、と言ってうたた寝をして起きたのが13:30ごろ・・・。

そんなわけで、昨日の朝方撮った花子熟睡写真を花子へのお詫びに投稿することにしました。
台風一過、はぁ本当に台風一過でした。012.gif




★台風の通り過ぎたあとの空って、雲の流れが速いんですよね。
つぼみさんのブログから雲をもらってきました。 台風一過
by hanako_mama | 2009-10-09 07:55 | 花子 | Trackback | Comments(12)

大きい声では言えないが, 小さな声では聞こえない


by ふうちゃん
プロフィールを見る
更新通知を受け取る