人気ブログランキング |

<   2010年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ももかの秋 (3)

2010 . 10 .24

もも! 生まれてから160日あたりは、こんな練習をしていたよ。
バーバは思わず 「!!」 と叫ぶ。
知らず知らずのうちに、我が足腰も力んでいる(笑)




by hanako_mama | 2010-10-30 16:01 | 家族・健康 | Trackback | Comments(2)

ももかの秋 (2)


先の記事、携帯で録画した赤いフライパンは ♪ これっくらいの・・・という歌が聞こえる玩具でした。職場の先輩バーバがモモちゃんに、と譲ってくれたもの。モンジローの布絵本も一緒に頂きました。このフライパンを彼女に渡したときに、モモはどんな表情になるだろう? あれこれと想像しているうちに思わず携帯で録画していました。
親バカならぬバーバ何とか、でしょうね。


五ヶ月と1週間たったモモです。

e0108126_212534.jpg




e0108126_2152614.jpg





ミルクを飲みながら 「このヒト だれ・・・。」

e0108126_2182591.jpg





e0108126_21103793.jpg




e0108126_21134039.jpg




e0108126_21142628.jpg
寝る子は育つ。



e0108126_2120969.jpg
そのときネオは・・・。



e0108126_8243966.jpg
やっぱり僕だって撮ってほしい。カメラ目線?




前回、会ってから2ヶ月経っていました。
寝返りが打てるようになって、次に会えるのはお正月。
お座りするようになっているのかな。

あれこれと思い巡らす日々がまた始まりました。
by hanako_mama | 2010-10-28 21:35 | 家族・健康 | Trackback | Comments(8)

創業祭おめでとう!


今日は記事を二つ投稿します。
ももかの秋(2) の前に、一つ記事をはさみます。

e0108126_1917260.jpg
今日の東京地方は寒かったですね。最高気温が11度。
これって12月末あたりの気温だそうで、
私も手袋をして出勤しました。

10月末でこんな寒さって初めてじゃないでしょうか。





今日から、勤務先の店が76周年記念の創業祭に入りました。
昨年の創業祭は、11月末、あの時も寒かったですが こんな感じでした 
今年は台風14号の影響もあるんでしょうか、冷たい雨057.gifが降って寒い一日でした。…にも関わらず大勢のお客さまに来て頂きました。( 私は今年は、売り子さんから外れて事務所で仕事を片付けました。)
キャプテン直々の珈琲サービス063.gifは、お客さまに喜ばれたでしょうね。 072.gif

創業76周年おめでとうございます!

e0108126_19235591.jpg

by hanako_mama | 2010-10-28 19:28 | 家族・健康 | Trackback | Comments(2)

ももかの秋 (1)



日曜日、モモカに渡った ♪ これっくらいのっ おべんとばっこにっ 
携帯録画15秒はナカナカ・・・なかなかでした。

また明日に続きます。
by hanako_mama | 2010-10-27 21:52 | 家族・健康 | Comments(0)

さらば夏の日

今朝のテレビで、今年は 獣女史(一発変換!005.gif) ならぬ毛モノ女子が流行るらしいと紹介していた。昨日の天気予報の兄ちゃんは 「来週は晩秋を感じさせる気候になるでしょう。」とか云ってたしー。晩夏や初秋はどこへ行っちまったのー。

今年の夏が酷暑だったことを写真に残そう。そう思って撮っておいたものをアップします。
にっくき2010年夏が [懐かしい思い出] となる日も来るだろう・・・それにしても暑い夏でした。



e0108126_8114622.jpg
毎日のようにお世話になった首巻き保冷剤




e0108126_8132586.jpg


e0108126_8162226.jpg

朝の洗濯時間が大幅アップ。汗ビッショリの衣類は、まず水に浸して汗をとる→  重曹水につけこむ → 洗濯機にかけて乾かす。綿パンはタワシでシャッシャッして乾かすと、気持よく仕上がった。重曹は二度も買い足した。




e0108126_818142.jpg
飴ちゃんにも助けてもらった。塩飴・・・ネーミングが良い。



e0108126_8195412.jpg
シェフは出張が多かった。秋田からの帰りの新幹線が大雨でストップ。飛行機でご帰還することがあったね、お疲れ様でした。四国や北海道などなど、あちらこちらを回ったわりにはフクヨカになっちゃったね008.gif

e0108126_8233100.jpg
北海道のトマトゼリーは絶品だったし

e0108126_8233594.jpg
四万十川の焼き鮎は日本酒にぴったり。封を開ける前に撮影できたことが驚きです^^
いろいろと楽しみました、ありがとう!




e0108126_8282512.jpg
7月頭に全国一斉地デジテスト という放送があった。画面をクリックすると大きくなります。


e0108126_8305117.jpg
 いまだ、アナログの我が家はワクワクしながらこの時刻を待った。地デジでないテレビのお宅は放送開始後 「砂嵐」状態になりご覧のテレビはアナログですとテロップが入る。確かにアナログだということをしかと確認いたしました。ほんとうに来年の7月からこのテレビが見れなくなるのか,,,, ドキドキします。



e0108126_83797.jpg
外食のレストランで面白い光景をみる。若い女の子たちが4人来店、テーブルにつくと同時に一人が携帯をパカっと開ける。続く三人が時間差でパカっと開ける、あと一人来ます~の友人に各人がメール送信か?と思いきや、最後の一人が着席と同時にパカっとをやった時、私たちのホッペタがニカッとした(笑)




e0108126_8451348.jpg
友人の残暑お見舞い絵手紙が届いたころも酷暑のさなかだった。


e0108126_8462345.jpg
花子はジッとしているのが何よりの暑さ対策だった。彼女は賢こかった。





さらば夏の日。これって昔、映画がありましたよね。
フランシス・レイの音楽が悲しかった、そんなことを思い出しました。
by hanako_mama | 2010-10-23 08:48 | 観戦 大好き | Trackback | Comments(8)

黄原さんのチェロが好き♪


e0108126_2233182.jpg
夏バテが今ごろになって出てくる方が多いですよ、と整体の先生が患者さんに話していました。あ、やっぱりなぁ。どうも一日中眠たいし、涼しい気候を飛び越えて寒いっと感じるってのもちょっとキツいよなぁ、トシなんだなぁ 等々、書きだせばキリがありません(笑)


夏太りしてしまった私は、手持ちの服と格闘しながらダイエットするっきゃないな、と観念したところです,,,,,, トホホ。


↑ お友達が写メで送ってくれた ルコウ草。






さて、先週の火曜日にアップ予定だった記事に戻ります。
まずは、この夏、とっても切なかった出来事です。「トホホ」では済まない切なさ-とでも言いましょうか。

8月の昼下がりのこと。
ある方からの残暑見舞のハガキの文面に衝撃の一言が。
「7月29日の カザルスホール・ファイナルコンサートに行き、黄原さんの演奏など楽しみました。」
その女性(ひと)のハガキには確かにそう書かれていた。心臓がドキンと鳴る音が聞こえた。ウッソー!思わず口を衝いて出たのはその言葉だった。


その晩、帰宅したシェフに告げる。
「黄原さんのファイナルコンサートは終わっちゃった!私ウッカリしてたんだわぁ~」。
それを聞いたシェフが叫ぶ。
「黄原さんーっ そりゃあないだろう。」
そんな一幕もあった。( 黄原さんには全く責任はないのですが; 笑 )


僕らはそれぐらい熱心な黄原ファンになっていた。
あ,『僕ら』 は可笑しいですか? 最近、時々夫婦間で女の私が 「僕らはどーしようか?」 とか言ったりしていまして・・・(これって自然な生理現象なんだろうか?? )。


e0108126_22103685.jpg


私が町田で初めて*黄原さんのチェロに一目惚れ…のち *柏の教会コンサートにシェフを誘い、彼も一目惚れ感染し… 町田にコンサート企画があると聞けばイソイソ駆けつけた僕らだった。黄原さんのチェロは、ライブで聴くことで魅力が倍増するのだ。
文字に表せないのがもどかしい。あっ、でも昨年、感動した記事を二つ投稿していました。よろしかったらお読みくださいね ♪

 ↓ ↓

* 町田で初めて聴いたコンサート
* 柏の教会コンサート 


ファイナルコンサートだって情報を仕入れた当初は頭にしっかり入っていた。
6月のコンサート伴奏が終わったあとだから、絶対に行けるぞっ!と確信していた。
シェフはシェフで 「彼のチェロを 是非ともカザルスホールで聴きたい ♪」 が口癖になっていた。


嗚呼、それなのにコンサートが終わってから気づくなんて・・・。 
この夏、もっとも残念で切ない気持ちになった僕らなのでした。大切な演し物は冷蔵庫にメモを貼っておく、この原則を守らなかった私が悪いのよとクヨクヨしたりしたのです。

でも。

e0108126_22282178.jpg


でも。
嬉しいニュースも、やっぱりあったんです。
こんな記事も見つけて、やっぱりカッコいいぞ黄原さんっ!と思いましたね。

9月13日 上海万博日本館で中国の子供たちを招いてコンサート

【 チェリスト黄原亮司、画家・ピアニスト・作曲家・舞踏家の萬里小路十宇充(までのこうじ・じゅううじゅう)さんのコンサートが、上海万博の日本館で開かれたそうです。当日は、中国のからだの不自由な子供たちもたくさん招いて、アットホームな雰囲気でとても素晴らしいコンサートだったそうです。チェロのレッスンに黄原先生のお宅に伺ったとき聞きました。尖閣諸島できな臭い事件が起こったあとですが、それには関係なく日中友好の絆が結ばれています。】
★ 上の記事を書かれた方のブログで、写真を見ることが出来ます。


お国同士の政治問題で民間交流がつぶされていくのは口惜しいことだわーと嘆いていた矢先のニュースだっただけに、やったね!の思いは強かったです。
で、黄原亮司さんのホームページ から買い求めたCDに、ももか宛のサインを書いて頂いた…というお話しでした。012.gif
by hanako_mama | 2010-10-19 22:37 | 「音楽」を楽しもう | Trackback | Comments(2)

長崎から,ただいま~♪


ただいま!
長崎から昨晩帰ってきました。頭の中がボォ~としているんですが、芯のほうが興奮状態って感じでしょうか。


長崎の方々は、「旅の人」 にとても親切で、道案内からして真心のこもったものでした。最初に乗った市内バスでは、おそらく80歳代のおばあちゃんだと思いますが、私たちが初めて長崎に入ったことを知って、バス停でバス待ちをした時から、それはそれは丁寧に応対をして下さった。車内で座席を譲ろうという若い人に 「わたしは、お客さまを案内せんと・・・、座らんでも大丈夫。」 という声が聞えてジーンとしてしまったり・・・。


龍馬ブームもあって観光客で賑わう長崎市内を、うたごえ祭典で訪れた人は三日間通して 11,000人余りだったそうです。街の人たち、タクシー運ちゃん等も二日目には情報が行き渡っていた雰囲気でしたね。

e0108126_12403787.jpg
 保母さんコーラスは二日目の午後が出番でした。思いっきり歌えてまあまあの出来ではなかったかと、私は感じました。
二日目の晩の大音楽会には、長崎の田上市長もご来場  ♪ we shall over come~ の歌を交えて挨拶されました。 後日、音楽会の模様を紹介したいと思います。


私たちが特に感激したのは、最後の日のサプライズ! この路面電車の横断幕でした。
会場の近くのお店屋さんには、日本のうたごえ祭典 in 長崎のポスターが貼られてあったりして、それも嬉しかったですね。


少し充電してから、写真の整理など始めたいと思います。
コーラス・リーダーのウメちゃん曰く 「クッシー、今年中にブログに載れば良いんだよ~!」 あ、それなら出来るかも知んねな・・・ということで、祭典の紹介は Poco a poco rit (少しずつ ゆっくりと ) のテンポで進みたいと思います。
ウメちゃんさ、例の写真ばずっと待っとったとばってん、なかなか届かんけん、オイの撮ったとば載せますけん~。あ、そいから 「花子先生」 から 「クッシー」 に呼び名も格上げ?されとぉし、すごう満足&嬉しかばい!



e0108126_12373791.jpg 


このお土産はどなた宛って?

うふふ~ 

聞かんといてください 016.gif
by hanako_mama | 2010-10-18 18:47 | 観戦 大好き | Trackback | Comments(4)

ビバ Chi le, ハッピーエンド!


チリの落盤事故の救出作業が順調に進んで、33人全員が無事に地上に引き上げられましたね。
昨日の昼食時、ちょうど一人目の作業員の方の救出映像を見て思わず拍手、8歳の坊やが涙を流しながら父親を迎えたのを見て貰い泣きしちゃいました。
chi- chi- chi, le le le !! の歓声は、耳から離れません。


最後にBossが救出され、国歌を歌う人たち
e0108126_1027210.jpg



それにしても「サンロレンソ作戦」とは鉱山作業員の守り神の名にちなんで名付けられたそうですが、NASAの支援をはじめ700mの掘削技術もとっても優れたものだ、と大学の先生が絶賛してましたね。

各国の報道陣は1000人と言いますから、全世界の人が見守り拍手を送ったことでしょう。スッキリしないNewsの多い昨今、久々にホームランをかっ飛ばしたって感じじゃないかと思います。
奇跡の、世紀の救出劇と言われる一大作戦が成功してほんとうに良かった!


さて、
前回の記事に続きますが。
老老介護の私たちの両親。人は誰もがトシをとり、老いて土に戻ってゆく。物事の筋道はそうなっているのだ、宿命だ順番なのだと分かったつもりでいても我が身に降りかかると狼狽えるものですね。でも、
困った、どうしようと手をこまねいて嘆いている時間はありません。

打つべき手を打ち、前に進まねばっということで…
来週、妹とケアマネとテルちゃん(=母)説得に向かうことになりました。デイサービスでリハビリを受けるかたちで通所してみたら?という説得です。父を休ませてあげたいんです。
でも、夫婦仲がとても良いだけに、私達が帰った後、「ねぇおまいさん アタシと一緒じゃあ嫌なのかい…」なんて事を茨城弁で言って父を困らせたりしなきゃイイけどなぁ。うまく行けば良いなぁ、チリの救出作戦ではありませんが 「〇〇作戦」の結果はまた後ほど報告いたしますね。






060.gif続きまして、明日から日曜日まで、長崎に出かけてきます。

<日本のうたごえ祭典in 長崎>の合唱発表会 職場の部という舞台で保母さん達が歌う伴奏を務めます。
we are the world , いのちの歌 この2曲を心をこめて弾いてきます。ところで、「長崎チャンポンは量が多いぞ、アンタには食べ切れんなー」 とのたまうシェフの所望土産は
「 カラスミ 」。レシートを貼り付けて買ってまいります037.gif 



小松川さくらホールから望むスカイツリー。 9.18 
e0108126_10354991.jpg



ここで開かれた全国保母うたごえ交流会で選抜されたんですね。コーラス部員のDanさん、田舎に戻るまえの最後の合唱になりますね。
e0108126_1040488.jpg



あの日、二つの亀戸駅の間を 二人で急ぎ足で歩きながら撮った写真ですよ~!
e0108126_10415183.jpg


e0108126_10421984.jpg


e0108126_10432277.jpg


e0108126_10435712.jpg


e0108126_10442521.jpg


選抜された晩、ブログ更新ですねっ のメールは嬉しかったです。この写真は私たちの思い出ですね(笑)。長崎では、焼酎で一杯やりましょうね~068.gif






長い記事になりました。下の写真は、火曜日にアップ予定だった記事に関係があります。
e0108126_10464964.jpg

黄原さんにサインをおねだりしましたももか宛のCDです ♪
長崎から戻ってからアップすることにしました。
by hanako_mama | 2010-10-14 10:53 | 私の好きなもの | Trackback | Comments(4)

老老介護

( 前の記事に続きます。家に戻ってから、やはりこれは書いておこうと思った出来事が今日ありました。先にこちらをアップしたいと思います。)

今日の父はなんだか疲れた顔をみせていた。

父を病院に送る段になって、毎度のことだが母が確認を始めた。
「えっと、病院に乗せていくのはフミちゃん。で病院からこっちに連れて来るのはミーコ。フミちゃんはそのまま仕事に行く、ミーコは家にお父ちゃんを連れて来る。これで良いんだよな?」

父は相変わらずの調子で「そうそう。」と応える。 心中、 『 なぜ毎回 同じことを聞くんだ、お前は! 』 と怒鳴ったりせずに冷静に穏やかに応えることができるよな、、、と思う。


今日の父は、新たにこんな事を付け加えた。
「ガス台の火は絶対に触るなよ。この二日ばかり火がついたままだったぞ。フライパンは伏せておけば自然に乾くんだからガスで乾かさなくても良いんだからな。」

「あら、そうだった? 火をつけたら消さないとなっ」 母はケロっとそんな事を言うのだ。誰が火をつけたのか、という感じなのだ。


病院に向かう車中、母の近況を聞いた。母の前では話せない内容だった。それは私には初耳だった。…
毎日通ってくるヘルパーが母の不審な行為( 肌着の引出しを開けて長いこと下ばきを探していた…) をケアマネに報告していたそうだ。わずかだが尿漏れがあった為らしい。父を通さずにケアマネ直行だったことがちょっとショックだったこと、ケアマネから妹に話しが伝わり、妹が下ばきを買い揃えて母に渡って現在それを使用中…云々。

私は何も知らなかった。知らされなかった事がショックでもあった。

夜の尿漏れが大量になった時に紙おむつにしなければなんないね。と私。
けれどあの母が 「わかった。」 と言って紙おむつを付けるだろうか。

父は、夜中に自分が目を覚ましたときにはトイレの声かけをしているという。その度に 「だいじょぶー」 と怒ったような口ぶり、でもモノの五分と経たないうちにトイレに行っているようだ。俺が気づかねば朝は濡れた状態なんだ…。

「お父ちゃん、疲れるよね。」
「気の休まる時がねえんだよなぁ。」
「デイサービスとか頼んだほうが良いね。」
「だけどお母ちゃんは、そういうのキライだかんね。」
「でもお父ちゃんの身が持たないっしょ。」

毎日ヘルパーは昼食を作りに来てくれるけど、その他の面倒をみるのは父なのだ。
老老介護この言葉が脳裏をよぎった。
by hanako_mama | 2010-10-12 17:12 | 家族・健康 | Trackback | Comments(4)

ノコギリコンサート終わる ♪

e0108126_962495.jpg


東京のこ音クラブのコンサートは、大盛況のうちに幕を閉じました。教会堂の椅子では足りなくなり、補助イスを設置するという嬉しい悲鳴 001.gif

コンサートの模様は、撮影班のサユリ嬢の写真を待ち、アップ許可の出たものを合わせて後日紹介いたします。長崎から帰っての来週くらいになりそうです。

昨日、デジカメは持っていったもののSDカードがパソコンに入ったまま!っという状態(泣)。
花子ママは、トラのピアニストなので撮影する余裕は元々なかったのですが…。
(写真は、演奏者の方の楽器をお借りして、携帯撮影したもの)


今日、もう一つアップしたい記事があります。
父の病院送迎が終えて、戻ってからアップしたいと思います059.gif
by hanako_mama | 2010-10-12 09:32 | 「音楽」を楽しもう | Trackback

大きい声では言えないが, 小さな声では聞こえない


by ふうちゃん
プロフィールを見る
更新通知を受け取る