人気ブログランキング |

<   2011年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

芽のよこの芽の

芽のよこの芽のよこの芽の木の芽空


e0108126_21284643.jpg

辛夷(こぶし)の花/町田 薬師池公園にて 3.27








今朝、新聞を広げるとこんな俳句が目に入りました。鈴木明(1935生)作

「木の芽でも草の芽でも未来からやってきた何か、という感じがする。快い。」と書き添えてあった。うん、確かに背中を押してくれるって感じです。
未来なんてどっかに飛んでいってしまったような昨今でしたっけ。


来月予定されていた「日中音楽交流 平和と東北大地震からの復興を励ますコンサート」が中止になった、そんな案内をいただいた。計画停電と交通手段の確保などが難しいと判断されたようだ。

去年の今頃、船橋の公民館で聴いた二胡の調べを又聴けるぞと楽しみにしていた。
中国・南京市から来日された董金明さん、董時輝力さん父子の素晴らしい演奏で鋭気を養おうと密かに期待していたけれど・・・。

そういえば時輝力くんは17歳の高校生だった。ピアノを習い始めて間もないと紹介されて弾いた久石譲 「サマー」 は力強くて頼もしかった。
この春、日大芸術学部に入学されたそうだ。ひとつの「未来」が歩き始めたんだな。
by hanako_mama | 2011-03-30 21:46 | 私の好きなもの | Trackback | Comments(0)

モモカの好きなもの

日曜日、モモカに会いに行きました。
二ヶ月近く会わない間に、お気に入りのトモダチが出来ていました。
近所のスペイン料理店で飼われている 「ばじえな :スペイン語で鯨」 という名のお嬢さん犬です。


“ばじえな嬢”
e0108126_21541481.jpg




この日、初めて庭にてご対面。
見てるだけ~とはちょいと勝手が違ったみたいです。私は私で花子を思い出していました。






ネオはモモカが家族の仲間入りしたときから、家の主のようでした。
しっぽを掴まれても毛をむしられても、文句もいわず引っ掻きもせず、兄貴分の貫禄充分でした。
モモカと相思相愛の仲です(笑)。

“ネオ”
e0108126_22151243.jpg




モモカは、10ヶ月と7日すぎたところ。
なぜか 「パッパッパッ!」 を繰り返し練習していました。 言葉にならない言語を盛んに発しています。
体格は小粒ですが、動きはとっても活発です。つかまり立ち~伝い歩きというあたりかな。
机から手を離して一人で立てるかどうか、試そうとしています。





4月からは保育園が変わります。
新しい通園バッグを贈ってもらって、1歳児未満のつぼみ組に入ることになりました。入園の日のお祝いにーと作っていただいた素敵な通園バッグなどを紹介したいと思います。 4/1のお楽しみに・・・。



e0108126_2226762.jpg

日曜日、私を迎えに来たとき、となりのチャイルドシートで、「知らないオバちゃんだ~!」 とワーワー泣かれて切なかったです^^; 

こんどは、じーじ に会いにおいで!


鍵コメントさん、これでスイッチ切り替わりましたか?(笑) 3.31追加

e0108126_1921616.jpg

by hanako_mama | 2011-03-28 23:01 | 家族・健康 | Trackback | Comments(8)

今日の水

金沢のミッコちゃんへ。

おはようございます。
昨夜は、お電話をありがとう。まさか金沢の◯◯さん?ぴーんと来なくてごめんね。
ミッコちゃんが元気がない声だったので 「なにかあったの?」なんて聞いてしまいました^^; とも君が金沢の水をいっぱい送ったらいいやん・・と言ってくれたと聞いてジーンとしちゃいました。
今朝はこの防災松戸で起床しました。


◆3月27日(日)7時に流す防災無線の内容です
「松戸市内の全ての浄水場において、水道水の安全が確認できましたので、安心してお使いください。」

8時間前に発表されたもの  ↓
千葉県水道局浄水場及び北千葉広域水道企業団浄水場における3月25日に採水した浄水の分析結果◆各浄水場で分析した結果、厚生労働省が示した乳児による水道水の摂取を控える指標(100ベクレル/kg)を下回ったため、北千葉広域水道企業団より「摂取しても差し支えない」旨の連絡がありました。


今日の水は安全やったよ、ご安心下さいね。

今日は、町田の百華のところに行って「元気」をもらってきます。被災地の皆さんが子供たちから元気を貰っておられる気持ちがよく分かります。
戻ったら彼女の元気な様子をここでお知らせしますね。
取りいそぎ。                            てっくんママ
                                              
by hanako_mama | 2011-03-27 08:02 | 家族・健康 | Trackback

絵葉書でお花見♪

松戸市のツイッターに向かって、毎朝必ず 「おはよう。今日もよろしくね!」 という。
地震翌日に市としてのツイッターを立ち上げてくれて助かっている。

今朝も防災無線が流れた。
地震翌日からほぼ毎日のように空から流れる防災無線は、プロのアナウンサーによるわけでもないので、聴きとりにくい事が多い → 「聞こえないよ!」と文句をいわず即パソコンまたは携帯で情報を確認する。

下記のような内容でした。
◆3月26日(土)9時に流す防災無線です◆「ただ今から、松戸運動公園、小金浄水場、常盤平浄水場で乳児の飲用として2Lまで水を配布いたします。なお、必ず容器の持参をお願いいたします。また、松戸市役所正面玄関でも引き続き実施しております。」

防災無線が聴きとれないので、即刻ほかの手段を用いて情報を得る・・・この流れを違和感なく行えるのは喜ばしいことだ、と思えるようになった。


 
e0108126_1014367.jpg
市内で予定されていた桜まつりは 「自粛により中止」 となった。



こんなご時世になりましたが・・・と、2月の河津桜とメジロを撮った絵葉書が友人から届いた。
嬉しかった。百華の写真の横に飾ってお花見というのも、なかなかでしょう?

e0108126_109599.jpg

by hanako_mama | 2011-03-26 10:15 | 私の好きなもの | Trackback | Comments(0)

地震酔い=下船病

余震にも大分慣れてきましたが、福島原発の不安も抱えつつ、東京直下型が遠慮してくれてる保証はないし等々知らず知らずにストレスが溜まる昨今ですが、上手く気持ちをコントロールしながら行きたいところです。


ご近所のおばあちゃんと立ち話し。
「年寄りはもうホントに疲れちゃったわ。なんだかね、しょっちゅう身体が揺れているみたいなオカシな感じがするのよ、余震なのかなって・・・不安が絶えないしね。」
「あら、おばあちゃん。私らだってだんだん疲れが溜まってきてるなあって感じよ~」
妹は、狭いところ:トイレとかに入ると身体が揺れる感じがするんだわ。
焼き鳥屋のオバちゃんが、お客さんに言っていた「いつも揺れてんね。余震かなって思うけど、もう慣れちゃったよ!」

地震酔いにはゆっくりとした深呼吸が良いーテレビで紹介されていた。
私も実際に試して良かったもの:5秒かけて息を吸い、10秒かけて吐く。これを5~6回。



地震酔い、関連記事がありました。 
↓  ↓
↓  ↓

続き・・・
by hanako_mama | 2011-03-25 09:00 | 家族・健康 | Trackback | Comments(2)

東漸寺

<避難所となった東漸寺  3月8日撮影>


今年はお花見のまえに下見をしておこうかな・・・そう思い、カメラ持参で訪ねたところがあります。
松戸の東漸寺というお寺です。


e0108126_1136967.jpg



地震の三日前、まだ枝垂れ桜の蕾は固く寒空にふるえていました。
境内の石疊のうえにしゃがんで草を抜いているお寺の方に尋ねました。
「シダレザクラが咲くのはいつ頃でしょうね?」 
「年によって違うけど、だいたい日中の気温が15度の日が10日続くと開くようです。お天気のモリタさんも言ってましたよ。」



e0108126_11434611.jpg

e0108126_11441831.jpg
ライトアップの準備



「そうそう4月2日に、本堂でビリー・バンバンのコンサートがあるんですよ、チケットが住職さんのとこにありますから是非寄ってってくださいよ!」 

ここには地元のクラシックの方がコンサートを開いたときに、聴きに来たことがあった。


e0108126_115008.jpg




山門をくぐった所で、真っ赤な椿の花が沢山咲いているのに気付きました。
e0108126_1263486.jpg




紅梅も咲いていました。
e0108126_1274955.jpg





お寺の側に幼稚園も小学校もありました。小学校は昔、寺子屋でした。 (写真は幼稚園)
e0108126_1283363.jpg
 



福島原発から避難された方々は、この東漸寺に25名が身を寄せています。
9ヶ月の赤ちゃんや、4月あたまに出産予定の女性もいて、頑張ってほしいと願わずにいられません。

山門脇に咲いていた椿の花たち、紅梅、白梅たち、よろしくね!
あ・うんの狛犬たち、頼むよ!
シダレザクラ! 綺麗に咲いて、生まれてくる赤ちゃんを祝福してあげてね。





by hanako_mama | 2011-03-23 09:56 | 私の好きなもの | Trackback | Comments(0)

ささやかな喜び?

慌ただしく緊張感に充ちた生活・・・と書けば、日本全国どこもかしこもそうですよね。
東京消防庁のハイパーレスキュー隊の方の涙の記者会見には、思わず貰い泣きしてしまいました。

こちらは、福島、茨城、千葉などを震源とする地震がほぼ毎日のように起きています。
さきほど家人が帰宅。「福島原発も何とか治まりそうな方向かな?」 パソコンを開けて暫くして「おっ!」と一声。どうやら大好きな夏井医師のところで嬉しい話しを小耳に(?) 挟んだようです。  

【 ビール成分に放射線防護効果を確認、放医研・東京理科大の研究チームがヒトの血液細胞とマウス実験で実証、放射線防護効果は最大34%にも 】
http://www.nirs.go.jp/information/press/2005/08_11.shtml

こんな事を書いても 「非国民」 呼ばわりされない日本は、まだ救われるのかも知れません。072.gif
by hanako_mama | 2011-03-20 15:57 | 家族・健康 | Trackback | Comments(4)

ホロビッツの弾く トロイメライ 

「また揺れてる?」 昨夜も家人が頻りに聞いてくる。そう言われてみれば、私も 「あっ・・揺れてる?」という感覚が一日中感じているような気がする。
「地震酔い」というのを皆さんもヤハリ感じているようですね。 ↓   
http://www.asahi.com/national/update/0317/TKY201103170099.html
そうね、リラックスする時間もとらないと。長期戦になりそうですから・・・。


地震発生のまえ、右母指リハビリに適当なピアノ曲を探していました。
その時、これで行こう!と決めたものがありました。今、これをアップするのはどうだろうか、少々戸惑いはありますが、「リラックス・タイム」として一息入れたいと思います。


過酷な練習で指を傷めたシューマンが、恋人クララに贈った『子供の情景』という作品があります。これは子供の・・と名が付いていてますが、実は、大人になって初めて歌うことが出来る幻想的な世界を表現した曲集です。その中に、第7番「夢」 トロイメライという題名で親しまれている曲があります。ドイツ語で (夢をみること、夢想) という意味だそうです。

そのシューマンのトロイメライを、ホロヴィッツが弾いています。
1903年生まれの彼が60年ぶりに戻った祖国モスクワでの演奏会。そこで弾いたホロビッツ83歳の時のトロイメライです。これを聴いて思いっきり泣いて泣いて泣きました。



[ ウラディミール・ホロヴィッツ, トロイメライ ]





この動画をみてから、指の湿布を外して少しずつピアノに触るようにしました。少し弾いて痛くなる寸前に止めるーこれは指を騙しているんですけど全く弾かないのは自分を騙すことになる、そう思うから・・・。



e0108126_8353537.jpg

wiki~
指さばきの速さや難曲におけるミスタッチの少なさであれば、現代ではホロヴィッツ以上の技巧を持つピアニストは少なくない。しかしながら、一般の聴衆だけでなく実演に接したほとんどの評論家やピアニストも「ホロヴィッツの音は独特であった」と口を揃えて証言しており、ピアノを歌わせるという点で彼に比肩しうるピアニストを見出すことは困難である。
by hanako_mama | 2011-03-18 08:39 | 「音楽」を楽しもう | Trackback | Comments(6)

昨日 3月16日

本当に日記のようになってきたな、と思う。

昨日の朝、ゴミ出しに行こうと玄関を開けると、家の前の道路が車・・車・・車。国道6号線に入ろうとする出勤の車なのか、どこを見ても車だらけ。初めて見る光景にビックリする。
10時過ぎに生協のニイちゃんがカタログを届けにきた。近くの信号がさっきまでストップしてエラい目に逢っちゃって・・・とブツブツ言っている。
「私んとこ第一グループみたい、昨日、そこの郵便局で聞いたのよ。」 そんな会話をした。


昼食を何処かで食べる約束をした友人とメール往復。
「今日はどこが停電か分らないし、パスタを茹でるから家に来て。」 運動がてら早足でおじゃまする。
話題はやっぱり東北のこと、自分達の生活物資の調達のことなどだ。「一人で報道を見ていると辛くなって涙が出てきたりするのよ。」 彼女が言う。確かに、テレビをつければ被災地状況と福島原発の心配事で血圧も上がってくるのが分かる。
昨日は花粉も目一杯飛び回り、私達は目薬をさし鼻をかみながら、時折鳴り出す携帯の緊急地震警報にビクつき揺られながら昼食をとった。


ヨーカドーにもお米は入荷してなかったの、明日の朝、早めに並べば買えるのかしら?と言う。生協の注文に追加出来るかもしれないから、と言いおいて帰ってきた。
晩、シェフが食糧を追加購入して帰宅した。
千葉の義母の所に一年以上通うようになってから、良く気の付く亭主になってきたわと感謝する。^^



しまってあったヤカンを出しました。電気ポットだけで済んでいたのも不思議なんですけど。。。
e0108126_8474126.jpg

by hanako_mama | 2011-03-17 08:54 | その他 | Trackback | Comments(2)

救われることもあるよ

「松戸は偉いね!」 そんな電話をもらってニュースを待った。ほんとうだった。

- 福島から避難 松戸が受け入れ-

【 福島第一原子力発電所の事故をめぐる避難指示を受けて、対象地域の住民20人あまりが15日、千葉県松戸市に避難してきました。松戸市に避難してきたのは、福島第一原子力発電所の避難指示の対象となっている福島県の富岡町や楢葉町などに住んでいるあわせて24人です。
この人たちは、14日まで福島県いわき市の避難所に身を寄せていましたが、首都圏に住む親戚を頼りたいなどとして、観光バス会社が出してくれたバスに乗って15日午前2時にいわき市を出発しました。
15日朝になって千葉県松戸市内で渋滞に巻き込まれ、疲れがひどくなっていたことから1人が知り合いを通じて松戸市に相談し、市が受け入れることにしました。

24人のうち、13人は親戚などを頼ることになり、このほかの17歳から76歳までの11人が市内の福祉施設に避難しました。バスをボランティアで運転してきた観光バス会社の永山剛清社長は「ずっと運転してきて疲れましたが、松戸市が受け入れてくれてとても助かりました。優しく対応してくれて人の温かさを感じています」と話していました。
また、楢葉町に住む猪狩冨美子さん(76)は「原発がこんなことになるとは思いもしませんでした。いつ帰ることができるのかわからなくて心配ですが、今はほっとしています」と話していました。
松戸市の牧野英之社会福祉担当部長は「避難の要請は突然でしたが、すぐに受け入れを決めました。食事や暖房の用意などできるかぎり支援したい」と話しています。】



松戸市もナカナカやるじゃん!と嬉しくなりました。避難非難 してきた人たちを励まし、見守る私たちをも励ますことが出来るんですから。


電話を受けたとき、計画停電が見送りとなって仕事残りを片付けバタバタして帰宅した所だった。
お店側はグループ1、道を隔てた事務所側はグループ5らしい、横のスーパーのレジで尋ねてそれを知った。階下の焼き鳥屋のおばちゃんはグループ1だよ、お姉ちゃんはグループ3だよ・・・とか言い合っていた。暫くは混乱するんだろうなと思った。

毎日テレビで新しい被災状況を見るのが辛くなってきたーと感じ始める頃なんですね。でも同時に、津波で流された家の下敷きになった70歳の老婦人が、92時間ぶりに救出されたという奇跡的ニュースを見たときには暗闇に光の筋を見た!と思えたりして・・・。

e0108126_9145098.jpg
昨晩は一人でした。停電ではなかったけれど、ランタンと懐中電灯で過ごしてみました。
by hanako_mama | 2011-03-16 09:17 | その他 | Trackback | Comments(6)

大きい声では言えないが, 小さな声では聞こえない


by ふうちゃん
プロフィールを見る
更新通知を受け取る