人気ブログランキング |

<   2011年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

天袋ご開帳!

日曜日、長男と三男が力仕事の応援にかけつけてくれた。シェフの体調がイマイチ、二男(もも父)は10連勤の始まりということで、女一人+男二人で奮闘した。朝から古タオルを7枚ほどミシンがけして雑巾作り、一番乗りした三男とシェフが、花子の小屋を分解にかかる。あんなに頑強だったログハウス風の小屋も、なんとかバラけた。きっと花子は、粗大ゴミで出されなくて良かったわと思ったに違いない。


午前中、廃棄家具の何点かを階下に降ろし、埃にやられたシェフを午後から居間に軟禁。入れ替わりにやってきた長男とバトンタッチした。
22年間、開かずの天袋と呼んでいた所を開けると、出てくる出てくる。シェフの幼少時代のアルバムから銀玉鉄砲?の箱などなど。シェフの蒐集玩具が息子らによって明かされるというのも乙なもんでしょ? 高校時代のお父さん、どれかワカンナイねー休憩しながら歓談するのも楽しかった・・・。


e0108126_2059922.jpg
クリックで拡大します。

続けて出てきたのが、子供たちの思い出の品々。
サッカー少年だった三男が、卒団するときに贈られた一篇のイラスト付きの詩を見つけた。15年前のものですからそんなに古くはないんですね。この詩を当時、頂いたとき母子ともに感激したものです。中に出てくる犬のジョンという小学校のそばのお家で飼われていたシェパードみたいな大きなワンちゃんは、吠えるというより子供たちに話しかけているふうだった。監督がジョンのことを詩によんでくれたのが嬉しかった、あぁとっても良い指導者に出会えたんだなと。



1996年度 卒団生に贈る 
監督  勘場 完

チューリップが咲いて
校庭の柳は 風と遊んでいる
犬のジョンは吠えている
君はというと
自転車に乗って駆けぬけていく
そ う だ な
時が季節を持って過ぎていくように
― いままでも これからも ―

かわらないもの
両手の温もりでささえていく
悲しさを
身近な優しさのかたちだよ  と
涙する自分を引き受けてみたい
そ れ で も
君たちのまわりは光で優しく輝いて
そして研ぎ澄まされている

と き に
めまいがして
とても冷たく寂しくなるようなとき
チューリップの花と
犬のジョンをみつけ
厳しく楽しかった練習の折り目から
自分の歩幅を確かめてみよう



e0108126_20551576.jpg




 次は、抱腹絶倒したもの・・・に続きます。捨てなくて良かった!003.gif
e0108126_2191516.jpg

by hanako_mama | 2011-09-27 21:48 | 家族・健康 | Trackback | Comments(6)

珊瑚婚式

e0108126_16484536.gif

e0108126_16484563.gif


結婚して35年も経ちました。道理でF3D7.gifF3D8.gifになってしまったワケです。珊瑚婚式という名前が付いているそうですF6EC.gif 珊瑚でこさえた赤い指輪あげようーと歌ったのは遠い昔のお話しでした。(o^-^o) 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









携帯から投稿してみました。相変わらずミーハーだなぁとお笑いください。
そのあと、よろしかったら
おっけっこう仲良く続いてきたね、おめでとう!」 と声をかけてください。
恥ずかしいのでコメント欄にはフタしておきます012.gif
by hanako_mama | 2011-09-26 17:34 | その他

捨てていくもの、迷っているもの


ヤマハのシンセサイザーDX-7、息子たちが保育園~小学生のころ、体育館やら何処やらで色んな音を出して大活躍していました。爆撃音もつくりました! まだ使えるかな、開けてみたら鍵盤がいくつか外れかけてます。
これは捨てていくものになりました。有難う、おせわになりました。
e0108126_71432.jpg



e0108126_774390.jpg

e0108126_710837.jpg

 6、7年前に使っていた中国語単語帳。先生に付いて習っていた頃のノート。必死になって暗記していた頃が懐かしいです。これも捨てることになります。


e0108126_712874.jpg
 三人息子のなかの誰ぞのノートを発見。楽しい落書きを撮っておこう、これも捨てました。

e0108126_7141790.jpg
長男が金沢の小学校に入学した頃だったか剣道教室に通っていた。本人が欲しいといったら引き渡そうかな。


e0108126_717594.jpg
 母から譲られた百人一首、これはどうしようかな。
e0108126_7185972.jpg
 これなんか、モモカが大きくなったら一緒に遊べるかも知れません。

e0108126_720397.jpg
 この麻雀牌は、いちおう捨てるつもりの場所に置いてあるけど、捨てがたいな~。金沢の I さん、土曜日の晩になると集まってあーでもないこーでもないとガラガラと、リーチだのロン~だのって楽しかったですね。これだけは最後まで迷うかも知れません。


だいぶ片付けは進んできました。
今日は、息子たちも助っ人で駆けつけてくれます。ガンバロー066.gif
by hanako_mama | 2011-09-25 07:26 | 家族・健康 | Trackback | Comments(6)

秋のはじまり


今朝、外歩きから戻って植木鉢に・・・と言っても3鉢ですけど、水やりをしていて気づきました。六月終わりに、気まぐれにハートアイビー鉢の片隅に置いた風船かずらの袋が一つだけ付いています。
思わず 「ありがと~、あんなに遅くまいたのに咲いてくれたんだ!」 声をかけてしまいました(笑)。
e0108126_7142789.jpg




それから、うさ乃さんの健康器具。自転車で、秋のサイクリングロードを颯爽と走るのかな。シェフは、きっとフツーの自転車を買うよと言ってました。ピンポーンでしたね。
スポーツの秋ですね。地図は買いましたか?
e0108126_7252654.jpg





うりぼうママの送ってくれた、「水元公園の折れた大木」です。
そういえば渋谷駅前道玄坂の道路沿いの大木も道をふさいでいましたね。凄まじい突風が吹き荒れた台風15号でした。

e0108126_722104.jpg




e0108126_7224280.jpg



そして台風の晩に倒れた物置は、工務店さんが撤去しに来てくれて、折れた枝の置き場になりました。枝は11月まで置いてシルバー人材のおじさんが処分に来てくれることになりました。
e0108126_7274340.jpg


いよいよ秋のスタートです。
by hanako_mama | 2011-09-24 07:34 | その他 | Trackback | Comments(2)

月がとっても青いから







おおたか静流さんの声が好きです。
♫ 月がとっても青いから~とおまわりして帰ろ


ぺちゃーっとした声なのに、ヨーグルトレーズンを食べていて止められないって感じで気に入ってます。


モヤモヤしたものがスカーンと吹っ飛んでいく感じが好きなのかな。
こんな歌、コーラスでうたったらピアノで一緒に遊んでみたいなとおもいます。
by hanako_mama | 2011-09-22 22:23 | 「音楽」を楽しもう | Trackback | Comments(4)

台風一過の朝のビックリ


おはようございます。
e0108126_9194952.jpg


台風15号は、オオカミ少年ではありませんでしたね。浜松に上陸しても勢力が衰えることなく、北海道まで縦断して行きました。最近の台風情報は、来るぞ来るぞ警戒だぞ~と大騒ぎするわりには、そっぽ向かれることが多くて 「きのうの台風たいしたことなくて良かったー」で終わっていたのでした。

私の店も、シェフの会社も早めの退社を決め、夕方から二人揃ってテレビニュースにくぎ付け。
6時前、父に電話 「そっちはどう?」 「おー、今ちょうど上を通ってっかなー。家は大丈夫、相撲みてるから。」 さすが肝の座った返事(笑)。モモカ母にメールを打つ 「もう家についたの?」 「まだ職場です。」 孫は保育園にいればまず一安心。息子たちも無事のようだ。長男の家の近くの物置が倒れている、と返信にあった。

七時半ごろ、外で不気味な音が聞こえた。二階からシェフの声がする 「物置が倒れてるぞ!」 玄関から庭に出て傾いだ物置を立たそうとしている。「風が強いからやめた方がいいよっ!」 明日の朝、大家さんに相談しよう。
で、今朝の空は台風一過の青空でしたが。

e0108126_93854100.jpg


e0108126_9403769.jpg


物置が傾ぐどころか、アリの木の枝が折れたものが隣接の駐車場に飛ばされていて、だいぶ台風剪定されたようです。
大家さんに連絡して、物置屋さんに見てもらうよう頼みましたから、の返事を頂いたところです。
「でも、木の枝は困ったわね。カットしたものをポリ袋に入れて資源ごみで出すのよね・・・。」 
は~っと溜め息がでます。放射能汚染された枝草の処理場は満杯なんだそうです。
どーすんでしょ、あなた達の行き場はあるのかいな?

アリの木の枝葉を恨めしく眺めている台風一過の朝でした。
by hanako_mama | 2011-09-22 09:50 | 家族・健康 | Trackback | Comments(10)

清志郎さんに泣かされた朝


昨日の合唱発表会が終えて、帰宅して花子小屋のあたりを見ると、粗大ごみを妹が車で運び出してくれた跡があり、シェフがフェンスの修理に手こずっている様子が見えます。休憩しよう・・・で、駅前で買ってきたモンブランをつつきながら、「今日の団体は、皆じょうずだったわ。私たちの出番前までの団体みんな良かったもの、きっと選外だと思う。」 とか言いながらゴロリんと横になってるとき、「入りました」 のメールが届きました。地区予選を突破した、という意味だったんですね。

私は自分の出番を終えたら帰って引越し活動(^^)の続きをすべく、前半の部で退席しました。でも実のところ、演奏が終わったとき既に魂はも抜けのカラ状態、夕飯の支度すらできないじゃないのって感じでした。
実際の演奏は、ハッちゃんの録音を聞かせてもらわないと分からないですが、ともかく推薦されたようです。
「あらっ入っちゃったって!」 
「そりゃ おっめでっとさん!」 すかさずシェフがいい、その言葉を返信メールに借りました。

でも次の演奏には指揮者がいない?! らしいことが判明、ふう~っと溜め息がでました。でももしかしたら、都合をつけて指揮できるようになるかも知れない・・・僅かな望みを抱きつつも次の発表会まであと二週間、どうやって生きていこうか007.gifってほど大げさな話しでもありませんが、どんな対策を練るにせよ、気合いをいれなきゃと今朝、「気合いだ!」 三唱したところです。

* * * *

今朝、寝床のよこに、忌野清志郎さんのコンサートに行った時のパンフが見えました。
e0108126_823949.jpg
清志郎さんが書いた「みなさんへ」のところを読んでいて思わず大粒の涙がでてしまいました。キヨちゃんお借りします。


『 18才でレコードデビューして、初めて旅をして女の子に囲まれたり、サインを求められたりして、めんくらった。そして、それ以来ずっと、いい時も悪い時もギターを弾いて歌を作って、レコーディングしてプロモーション活動をして旅に出て、ステージに立って歌う。ずーっと同じだ。売れたり売れなかったり、人気者だったり落ち目だったり、まあそんな事のくり返し。つまり同じ事のくり返しを30年ほど続けて来た。まあ、みなさんも考えてみれば毎日同じ事のくり返しだよね。
でも、それは退屈な人生でもないだろ?
俺の人生を生きられるのは俺だけだ。いろんな街に行って、いろんな人に歌を聴いてもらう。みんなにいい歌だ、いいコンサートだったと感じて欲しいけど、そうもいかないだろう。人の心はそれぞれだから。
ずっとこんな旅を続けて行くと思う。目立たない旅を。
あと50年ほど旅をしていたいもんだね。それで少しでも世界の平和の役に立てればうれしい。』




昨日は大きなコマも届いていました。まだ開封していません001.gif
e0108126_837293.jpg

by hanako_mama | 2011-09-20 08:50 | 私の好きなもの | Trackback | Comments(2)

平和のおたより

こんばんは~! まだ大きなコマが届いていないので、とっておきのYouTubeを披露(笑)します。
さきほど合唱発表会の練習から戻りました。

今年の日本のうたごえ祭典は千葉県開催なので、千葉はもちろん東京から埼玉などなど、腕によりをかけてレッスンに励んでいる模様。明後日の東部地域だけでも16団体が参加するようです。新しいコーラスグループも増えていました。敵が多くてなかなか手ごわいぞ~、最後の千葉県まで行けるかどうかは 「神のみぞ知る 」というところでしょうか066.gif。19日は、明治公園のさよなら原発集会やデモにも参加したかったんです。でも私はピアノで頑張ればよい!と決めました。

さて、YouTubeの話しに戻ります。
去年の長崎のうたごえ祭典で、東京東部保母合同がうたった「平和のおたより」 という歌です。録画禁止のおふれが出ていたのにコッソリ録っていました(汗)。もう一年経ったし時効でしょ、いい歌は広めなきゃ意味ないじゃないですか。

この歌は、子供たちから先生への 「大人はなぜ戦争するの?」 という問いかけに応えて歌われたものです。画像の下に歌詞をつけました。岩手平泉のDaさん、懐かしいですね~♫ あさっては、皆、頑張って歌ってきます!






平和のおたより
作詞: 吹田おらが町コンサート合唱団
作曲: 安広真理


せんせいと呼んでくれる 子供たちに
わたしは 何をつたえて いけばいいのだろう
いっぱい食べて ぐっすり眠って  お日様あびて 友だちと駆けまわる
それは大事な人間の 人間のスタート

せんせいと呼んでくれる 子供たちは
わたしを見つめてたずねる 真っすぐな瞳で
僕たち ケンカするよ 涙もながすよ  でも仲直りしてまた一緒にあそぶよ
なのに 大人はどうして なんども戦争するの

せんせいと呼んでくれる 子供たちに
わたしは 平和が一番 大事だとつたえたい
あなたが大人になる頃には いっしょに築く 争いのない世界
手をつなぎあう  人間どうし
一人ひとり 大切な 人間どうし
by hanako_mama | 2011-09-17 22:44 | 「音楽」を楽しもう | Trackback | Comments(6)

お楽しみに~



詳細は後日F650.gif

* 携帯から絵文字の投稿が出来るようになった、それでは早速!と送信してみました。
ハートマークが出てますね、感動しました(笑) 動画は見れますか? 動画の下のバー左から二番目の三角印をクリックして下さいね。

実物が届いたら再投稿します。
by hanako_mama | 2011-09-15 08:47 | 家族・健康 | Comments(6)

中秋節の詩、歌(中国版)

友人とランチして来ました、外はカンカン照りです。「暑いねまったくー!」 の言葉で始まり、別れるときも同じ言葉をいいました(^^)、続いて中国です。 ちょっと長いです。


この記事は中国語の本を整理しているときに、ちょうど中秋節の記事を発見、ワードに書きこんでおいたものです。役に立って良かったです 「ちょう ラッキー!」ってこんな時につかうんですね。

中国の人達は中秋快樂!(中秋節おめでとう) を言葉にして言うんですね。月のお祭り=中秋節ですから....。日本人は 「十五夜おめでとう!」 とは言いません。
「おかあさん、お団子食べてもいい?」
「お月さんの中のウサギを見つけたら食べていいよっ」 そんな可笑しな会話を毎年してました(笑)


□■□■□■


紹介の詩は、宋代の詩人 蘇軾が彼の弟を想い中秋節に詠んだもの。
【 寒々しい天界の宮殿を想像した後に、人の世での弟の長生きを祈る気持ちを綴っている。最後の一句は、友を思い互いに励まし合う時に度々引用される】 そうです。

下のYouTubeは、この詩に曲がついたものでテレサ・テンなども歌っています。今回は フェイ・ウォンが歌っているものをアップします。記事の最後に<中秋節の伝説>を追加しました。 


e0108126_1414815.jpg
写真は、こちらの中国語ブログ  からお借りしました。




水調歌頭 / 蘇 軾


明月幾時有,把酒問青天。
名月はいつからあるのか? 酒杯を手に天に尋ねた。

不知天上宮闕,今夕是何年。
天界の宮殿では今年は何年にあたるのか。

我欲乘風歸去,又恐瓊樓玉宇,高處不勝寒。
風に乗り天に帰りたいとも思うが、高所にそびえたつ宮殿の寒さに耐えられようか。

起舞弄清影,何似在人間。
月明かりに舞えば わたしの影も一緒に動く、それはこの人の世と何か似ている。

轉朱閣,低綺戶,照無眠。
楼閣を月がめぐり、窓から明かりが差し込んで寝られない。

不應有恨,何事長向別時圓。
月を恨むわけではないが、なぜ別れの時はいつも満月なのか。

人有悲歡離合,月有陰晴圓缺,此時古難全。
人には喜びと悲しみ、出会いと別れがあり、月には曇と晴れ、満ち欠けがある。昔からうまくは合わないものだ。

但願人長久,千裏共嬋娟。
ただあなたの健康と長生きを、そして遠く離れていてもこの月をともに愛でられることを願うばかりだ。





続きを読む
by hanako_mama | 2011-09-13 14:50 | 中国語を楽しもう | Trackback | Comments(6)

大きい声では言えないが, 小さな声では聞こえない


by ふうちゃん
プロフィールを見る
更新通知を受け取る